2017年01月20日

戦えるスタートライン。

こんにちは

3日間の雪上を終えて
今日から3日間のオフ

天気、雪、体、膝
環境も調子も何もかも良く
ついつい、連日10本以上滑ってしまい
クッタクタです

 気づけば1月18日は
 術後から10ヶ月。

ずっと言われ続けて来た
一つの目安、術後10ヶ月。
こんなにもぴったり
この日を記念して
お祝いしてくれるかのように
1月18日は
やっと戦えるスタートに立てたよな
そんな感触の素晴らしい1日でした

4年というスパンの中で
前半に新たな挑戦をたくさん盛り込み
そして怪我という副産物まで頂いて
後半にその一つ一つの挑戦と経験が
一つの線になって行く。

ソチ五輪後からようやく
本調子の入り口まで
辿り着いたような感覚です

もちろん、ソチ五輪後
新しいことにも挑戦せず
コツコツと同じことを積み重ねるのもありだけど
私はやっぱり挑戦続けること
新しい経験が好きみたいです。

もちろん、挑戦しているときは
うまく行かないこともたくさんあれば
途方に暮れそうになり
迷いに繋がる時もあるけど
最高のスタッフにマテリアル、
応援してくださる皆様に囲まれ
常に100%私の背中を
押して支えてくれる人たちがいるから
私はそのみんなの力を借りて
好きなことを存分に没頭できる

新たなに取り組み始めたことが
形になりつつある今
とても充実していて楽しいです

さて、ここ数日は
天気がよく日差しが強いので
毎日保湿に日焼け止め
FTCが大活躍しています
2017-01-10-22-46-25


今いるところは
claudiaのヘッドスポンサーのリゾート地
claudiaの人脈で
ここの環境をフルに使わせてもらっています
claudiaの叔父さんが
所有するトレーニングコースで滑り
claudia行きつけの
治療院やジムを使わせてもらい
どこに行っても
サポートしてもらえるこの環境。
とにかく幸せですね
2017-01-15-02-02-40



雪のコンディションも最高で
大雪が降ったにも関わらず
素晴らしい硬さ
2017-01-20-14-09-38


2017-01-20-14-10-17


2017-01-20-00-01-08


そして動画。
1月18日。
この日はインターバルが狭く
振り幅がきつめのセット。


1月19日。
この日は18日と同じインターバルだけど
フラッグ1つ分くらい振り幅が減っているセット。


完治と言ってもらえるこの日。
いよいよ
目標に向かって
しっかりと歩き出せそうです

まずは
疲れた体、3日間
しっかり休めよう⭐︎

良い週末を

智香



tomoka_t2007 at 08:19|PermalinkComments(0)clip!snowboard 

2017年01月14日

BLACK PEARL CAMP 2017 in Furano

こんにちは

今日はお知らせです

毎年開催しているBPキャンプ。
今年は富良野で4月1日-2日に開催決定です

image


今年はいつものメンバー
Simon/Philipp/Felixに加えて
MarionとClaudiaも参加予定です

全員が世界選手権/ 五輪のメダリスト

スノーボードの楽しさ
世界レベルの本物の技術を伝えられるよな
キャンプにできたらと思います

詳細確認&お申し込みはデジエントリーにて。
https://dgent.jp/e.asp?no=1600953
★早期申し込み割引は2月10日までとなっています★
 
ーーーーーーーーー

さて私は3日間の雪上トレーニングを終えて
今日から3日間オフです⭐︎
今日明日はジム通いで
明日は完全オフ
また次の雪上に向けて
しっかり休も!

智香

tomoka_t2007 at 05:55|PermalinkComments(0)clip!news & event 

2017年01月07日

あけましておめでとうございます。

どんな年末年始を過ごされましたか?

私は
会いたい人たちに会えて
家族と過ごした年末年始

そして年末年始もトレーニング
今回は
JoyFitさんにお世話になりました
image


旭川では年末年始のトレーニング環境が
なかなか見つからず
R-bodyの紹介で
とっても快適にトレーニングできました
すごく広くて
機材やトレーニング道具も全て揃っていて
とっても充実な年末年始のジム生活でした

そして甥っ子たちにも
少し遅めの誕生日をしてもらい
2016-12-29-19-29-56


FTC(TOWAKO)さんからは
お誕生日に綺麗なお花をいただきました
2017-01-03-07-22-48


そして1月2日には東川でイベント
子供達とのスノーボードワークショップ
2017-01-02-10-57-27


今回の企画は1月2日に一緒に滑った子たちと
3月末に海外からメダリストを招待して
旭岳を一緒に滑るという企画
またみんなに会える日が楽しみです

そして
東京に戻ってきてからは
取材を受けたり
2017-01-05-08-50-25

アンダーアーマーの春夏商品の撮影したり
2017-01-07-14-24-51

R-BODYでトレーニングしたりと
変わらず充実な毎日です

さて。。。
13日からオーストリアで
W杯SLが開催されます。

私は今回のレース、
考えに考えて
出場せずに見送ることにしました。

その理由は
3月の世界選手権で
ベストな状態でスタートに立つため。
もちろん、
レースに出場してもそれが可能であり
回避しない方法もあったけど
この1戦を勇気を持って諦めることで
レースを追うことから一歩離れることで
1ヶ月間
体をしっかりと作り直す期間に当てられる
と思いお休みすることを選びました。

Cortinaで良いタイムが出て
SLの感触が良くなり
一瞬、出ようか心が揺らぎましたが
シーズン初めに決めた計画のまま
行くことにしました。

ーーーーーーーー
私は1年を振り返るのは
シーズンを終えてからの3月末

だけど2016はとっても思い出深く
自然といろんなことを思い返していました。

ソチがおわってからの3年間
とにかくいろんなことがあったなー
初めて、
"厄年”という言葉に耳を傾けた3年間。

厄年って悪いことが起こりそうなイメージ
前厄、大厄、後厄
厄年と言われれば
厄年らしい3年間。

だけどこの3年にとにかく感謝。
そう振り返ったのが2016。

体調を崩したことで
意識が変わった食生活

怪我をしたことで
体への理解と
トレーニングへの意識が変わったこと。

どれも
負のことが起きなければ
得ることのできなかったプラスの要素。

今の私にとって
そしてこれから迎える2017と2018に
すごく大切な3年間。
特に2016は
人生の中でも
思い出に残る1年でした。

2017年も
次に繋がる1年だった!
と思えるようにそんな1年を過ごしたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします

智香

tomoka_t2007 at 15:06|PermalinkComments(2)clip!private 

2016年12月22日

開幕戦=復帰戦

carezzaとcortinaのレースを終えて
これから日本に帰るところ

3月6日にドイツで怪我をし
3月18日に手術をして
ほぼ術後9ヶ月目で迎えた
開幕戦&復帰戦
復帰戦を迎える時は
100%戦えると自信が持てた時
それが開幕戦に立つための
自分自身の中で立てた条件。

"前十字靭帯”という言葉には
聞き慣れた言葉でもあり
それと同時に
  “もし私が前十字靭帯の手術を受けることになったら?”

と想像したコトが何度もありました。
たくさんの選手友達が
この怪我をしてリハビリに苦労しているの
いつも近くで見てきてたから。
怪我をしたことがない私にとって
この怪我を乗り越えられる自信はゼロ。

  “もし私が手術を受けることになったら?”
  "その自分への質問の答えは『引退』”
想像の世界で
もし私がこの怪我をしたら
きっと乗り越えられなくて
引退するんだろうな。

って
そう想像していたのが
“前十字靭帯再建手術”



まさか、
私がこの怪我をするとは思っていなかった。
けど
切れていると知った時
意外にも想像していた”引退"という答えではなく
もう一度、この怪我が
競技人生をリセットしてくれるんだと。
新鮮な世界に感じられた。

それは
信頼して自分の膝を任せられる
ドクターとトレーナーがいるとわかっていたからかな。
今回、自分自身が怪我をして手術をし
復帰戦までの過程を経験してみて
つくづく感じるのが
ドクターとトレーナーの技量に
大きく左右されるということ。

痛みや腫れという苦痛と向き合うこともなく
順調にリハビリを重ねることができ
丁寧に慎重に
だけどいつもギリギリのところで行うリハビリ。

そこはドクターとトレーナーの手腕なのだと
だから100%信頼して
自分の体を任せられる人たちに支えられたことに
とにかく恵まれていました。

こんなにも
日々ステップアップを感じられて過ごせるコト
この9ヶ月間は
とにかく新鮮で楽しかった。

そして何よりもの喜びは
開幕戦のスタートに立てたこと。
2016-12-16-00-48-25


実際にレースの決勝では
コースがダンボレになってくると
思い通りに膝が使えずに
今ある膝の許容範囲を超えていて
板を抑えたい時に抑え切れない
という新たな発見。

膝につけている装具が
動きを制限しているという発見。

自分でも恥ずかしくなるような
滑り、フォームにもかかわらず
相手とサイド バイ サイドで居られる
自分への可能性。

いろんなことを感じられ
収穫ありの内容濃い1日でした。

まだまだリハビリの過程であるとうこと
6位という結果には
もちろん、
満足もできないし、勝ち上がり
表彰台に上がりたかった思いが強いけど
だけど。。。
春に歩けないところからスタートして
やっと迎えることができた開幕戦。

12月15日の結果は
褒めてあげられる
そして今までの過程と周りの人たちに感謝できる
満足できるものでした

ーーーーー
そしてcortina。
予選1本目を4位で通過し
予選2本目はDNF(コースアウト)。
2016-12-18-05-16-07


ただ攻めることを考えてスタートしました。
今季SLは2日間しかトレーニングしていない中、
SLでも戦える手応えをつかむことができました。
しかし
予選2本目のゴール直前で大きな転倒で頭を強打し
3時間くらい意識を失い、
脳震盪を起こしていたようです。
2016-12-18-19-07-51


2016-12-18-20-42-25


2016-12-19-02-29-27


気付いた時にはベットの上。
全ての検査を終え
レースの記憶も戻り
膝も体も全て問題ありません。

SLは最後転倒という形で
リザルトを残すことはできなかったけど
非常に良い感触と
SLの楽しさ、SLで戦えるという手応えを
摑むことができました。

その要因には怪我をしたことで
この夏に体をしっかりと作ることができ
SLにも対応できる体になったことが
大きいと思います。

もちろん、
まだまだ納得のできるリザルトは
残せていないけど
3月18日に全てをリセットされたことで、
今は一つ一つの階段を登っていくことを
楽しみにしたいと思います。
そして近いうちに表彰台に写真
優勝している姿を届けられるように
引き続き頑張ります。

五輪が終わってからの3年弱。
長期間原因不明で体調を崩したり
膝を怪我したり、
そしてcortinaでは頭から転倒して
意識を失ったり。。。
スタッフは最悪のケースを想像したようで
今こうして
普通に会話ができて立てていることに
つくづく感謝です。

前厄、大厄、後厄。
32歳で迎える本厄は大厄ということを
ついこないだ知りました。
厄年らしい3年間だったけど。。。
私にとってもしこの3年間が厄年であったなら
全てが必然であったと考えられるし
この3年間に起きた出来事は
体/食/トレーニング、
色々なことを改めて考えさせられる3年間。

2018で最高な結果を残すために
この厄年3年は非常にありがたい3年間だったと
そう感じられます。


21日に誕生日を迎えて
新たな2017年からは
上がっていくのみ。

応援してくださる皆様に
1日も早く
表彰台の写真を届けられるように
引き続き頑張ります。

智香

tomoka_t2007 at 20:34|PermalinkComments(8)clip!race 

2016年12月14日

メディア情報

Media情報です。
放送局:NHK
日 時:12月14日(水)又は15日(木)21:00〜
※当日のニュース内容により放送日が流動的になってしまうようです。
番組名:ニュースウォッチ9(スポーツコーナー)

放送局:BS朝日
日 時:12月16日(金)21:54〜22:00
番組名:アスリートインフィニティ
概 要:アスリートが未来の世代につなぐ
バトンは夢と希望に満ち溢れている。


もし良かったら見てください^_^

智香

tomoka_t2007 at 19:18|PermalinkComments(4)clip!

2016年12月11日

Carezzaに向けて。

おはようございます

Finlandでのトレーニングが終わり
これから
ヘルシンキ→ミュンヘン→
いよいよcarezzaへ

12月1日から始まったフィンランド遠征。
とても良い環境で
北米遠征からまた一歩
ステップアップすることができました。
フィンランドは
色々なパターンのコースがあって
毎日違うコースで充実したトレーニング。
2016-12-08-01-25-38


2016-12-07-18-20-02


2016-12-04-20-06-03



街は小さくて
なんだかホッとする
温かい雰囲気が好きでした
2016-12-04-20-06-59



日照時間は数時間で
ほとんど太陽を見ることができないけど
一瞬上がってくれる太陽
自然の恵みに感謝できる瞬間
2016-12-04-20-06-31


2016-12-08-01-12-51


ーーーーーーーーー

さて
先日のSAJの報道を受けて。。。
『スノーボード部の活動一時休止』
私はただ
12月15日の開幕戦に
出場できるということを信じて
最高のパフォーマンスができるように
変わらず日々を過ごし
12月15日に備えています。

『なぜ?』という思い。
もちろん、あります。
ここ数日はしっかり眠れていないし
100%トレーニングに集中しているものの
脳裏には無意識のうちに
色々なことを考えている。

だけど
『起きる出来事は必然』

一生懸命に過ごした時間は
必ず自分の元へ価値ある時間として
返ってくると信じているから。

価値ある経験と思えば
 それは素晴らしい財産になると。

ここ数日は
SNS,LINE,メール,SMS
様々なツールで
たくさんのメッセージをいただきました。
温かいたくさんの言葉に
いつも変わらない応援に
 ”変わらずに目標に向かって頑張ろう"
と思わせてもらえるコトに感謝です。

いつでも、どんな時も
変わらず応援してくださる皆様に
良いご報告ができるように
引き続き
しっかりと積み重ねていきたいと思います。

スノーボードのフィーリングはとても良く
膝の調子も完璧です


ーーーーーーーーー

飛行機に乗る前に
ロバミエ二空港近くにある
サンタクロース ハウスへ行ってきました。
2016-12-08-05-38-01


サンタさん発祥の地。
短い時間だったけど
夢のような世界
2016-12-08-05-18-50


ここにいるだけで
なんだか
サンタさんが最高なプレゼントを
届けてくれそうです
2016-12-08-05-21-20


智香

tomoka_t2007 at 06:10|PermalinkComments(3)clip!snowboard 

2016年12月03日

フィンランドに到着して^^

初めての地、フィンランドに到着
気づけば
ヨーロッパは3月以来。

なんだか不思議な気持ちで
3月に怪我をして手術をして
リハビリをしたこのオフシーズンは
全てがリセットされて
新しい競技人生を歩むような感覚。


スノーボードの神様が
今までの経験の記憶は
そのままに残してくれて
それ以外はもう一度、
白紙に、ゼロに
戻してスタートさせてくれたのかなと
ふとしたときに思う。


"生まれ変わったら何になりたい?"
こんな会話をする時ありませんか?

生まれ変わると
本当は記憶も経験も
ゼロからの積み重ね。

"生まれ変わったら何になりたい?"
こんな会話ができるのは
月日の積み重ねてきた経験があるから
それをもとに
"なりたい自分"を
想像してしまう。

怪我をしてから
私の長い長い競技人生は
一度リセットされたような感覚だけど
その記憶と経験はしっかりと残っているから
怪我を境に生まれ変わり
"なりたい自分になる"
新しいスタートの様な気持ちなのです。

立てることから始まり
歩けること、走れること、飛べること
滑れること、競技復帰ができること。
リセットされてからの
この8ヶ月間に凝縮された毎日は
神様がもう一度
競技人生を考え直す
チャンスを与えてくれたのかな。

一からのスタートだから
恐れるモノ、失うモノは何もない
新しいスタート。

術後、初めて
歩けることや走れること
滑れることへの喜びを感じたように。。。

これから始まるシーズン
ワールドカップのスタートに立てること
勝ち上がっていくこと
そしてその先に
世界選手権、五輪があること
一つ一つに喜びを感じて過ごしています。

そんな事を考える
シーズンの始まりはフィンランドから

2016-12-01-16-41-55


2016-12-03-22-35-25


初めてのフィンランドは
夢の国のようなところ。
木で作られたものが多くて
サンタさんやトナカイさんの飾り物が多く
おとぎ話の世界にいるようで
なんだか
願いを叶えてくれそうな雰囲気です

今回の遠征も
実り多きものになりますように

智香



tomoka_t2007 at 16:08|PermalinkComments(3)clip!

2016年11月24日

帰国してから

おはようございます

帰国してからも
変わらず
トレーニングに取材に
プライベート時間に
充実な毎日

ここ最近は
変わらずトレーニング生活。

そんな毎日ですが、先日
スイス大使館のお食事会に招待して頂きました。
スイスから
連邦外務省大臣官房がいらしていて
2020東京五輪でスイスハウスをどこにするか?
決めるための視察とのこと。

スイスには政府の中に
スイスをアピールするための
広報部があり
今回いらっしゃった
スイス連邦外務省大臣官房は
スイスのマーケティングに
全勢力を注いでいるように見えました。

そして改めてスイスの皆さんに
スイスでお世話になったこと、
スイスなしでは
五輪のメダルがありえなかったこと
感謝の気持ちを伝えられて良かった

今回はスイスハウスをどこにするか?
どんなことをするか?
について
私は五輪に参加している側として
意見を求められ
私以外にも
スイスとゆかりがあり
日本を代表する
歌舞伎役者さん、
建築家さん、芸術家さん、
料理人さんが招待されていました。
とにかく、会話のレベルが高く
そして皆さんの英語力に圧倒され
私はその場について行くことに精一杯でしたが
とても貴重な経験と出会いでした。
2016-11-17-07-33-33


そして
五輪が近づくことで
取材も増えてきました。
スノーボードに興味を持っていただけること
メディアの皆さんを通じて
"伝えられる”立場であることに
感謝です。
2016-11-22-11-42-58


トレーニングの合間にはケアにも
東中野ETI整骨院へ
Rbodyにいた大岡さんがやっている治療院。
主に針でケアしてもらっているのですが
大岡さんの治療は
気になるところが全て解消されます
2016-11-22-21-38-42


充実したトレーニングにケア、
そして体の中からも健康に。
日本機能性医学研究所さんの
サプリをしっかり飲んでます
2016-11-18-09-01-27


トレーニングのオフには
北海道にある両親の旅館湧駒荘
高校時代にお世話になった人たちと
大集合して
ゆっくりな時間を過ごしたり

トレーニングにケアに
食生活にオフ時間
全てが充実な毎日です

さて、
遠征出発までもう少し。
引き続き充実した毎日にしてきましょ☆

智香


tomoka_t2007 at 06:57|PermalinkComments(3)clip!

2016年11月11日

北米遠征

こんにちは

最後の雪上セッションを終えて
デンバー空港に移動してきました

いつも海外遠征は
3週間くらいの期間で行き
雪上と雪上オフが半々くらいの割合で組むけど
今年はとにかく過去最高に滑りました。
過去最高の滑走日数に本数。
毎日ゲートを10本前後
練習が好きになったようです


何よりも嬉しいことは
“滑りたい”と思える気持ち
こんな風にスノーボードを楽しめることが
本当に幸せですね


そして
いつも大満足な練習環境なのですが
今年はその中でも
SkiAmericaさんCopperのマーティンの
サポートのお陰で
術後の雪上本格復帰を
完璧な環境で行うことができました

つくづく
出会う人たちに
恵まれいると思う毎日です。

怪我をしてから
初診してもらうお医者さん、
手術をしてくれた先生、
そして復帰に向けてのトレーナーの皆さん。

どれを取っても
最高だったから
例年通りに
この時期に何も変わらず
copperでゲートトレーニングを始動できたのだと。

言葉では表すことができないほどに
Copperでの合宿は
実り多いものになりました。



ーーーーーーーーー
では写真

お見事に毎日快晴
崩れたのはオフにした2日間のとき。
2016-11-08-15-09-19


毎日6:30amから
雪質は最高でした
昨季と同様に
いやもしかしたらそれ以上のフィーリングで
ゲートに戻ることができました
2016-11-08-15-11-30


2016-11-07-16-08-50


いつもいつも、
必ず来てくれるジミーさん
ジミーさんがいるからこその
copperの環境。
2016-11-08-16-03-35


そしてコースオーガナイズをしてくれる
copperのマーティン
毎年毎年、会うたびに仲良くなれて
今年はたくさんお話しすることができました
彼はUSスキーチームのオーガナイズもしていて
来年の2月には
韓国の五輪コースの下見に行くようです。
そしてアメリカでの雪作りの参考にするそうです。
なぜUSチームが強いのか??
なぜヨーロッパが強いのか??
そんなに深く考えなくても
見えてくること、真似できることは
たくさんありそうですね
2016-11-10-04-23-46


最終日にFelixと安井さんと
Felixが作り出してくれる練習環境。
そして安井さんが仕上げてくれる
最高のマテリアル。
だから私は何も考えずに
スタートに立つことだけに集中できる
2016-11-08-16-19-31



オフショット
こうして外でのんびりと過ごし
陽を浴びる瞬間
幸せな人生だなぁと感じられる
2016-11-09-07-21-58


2016-11-10-06-31-44


2016-11-06-08-14-09



借りた家、借りた車
いつもピカピカにして返すのがFelix。
Felixのこういった人柄、性格が
どこに行っても好かれるのかな。
だから私の競技環境があるのだと思う瞬間です
2016-11-12-02-08-38


今回の遠征でも
たくさんお世話になった
グローバルWiFi
image


さて!
デンバーに移動してくる景色も最高で
澄んだ空気、空
太陽の日差し浴びて
シーズンに向けてしっかりと
力を蓄えることができました
2016-11-12-03-29-41


また次に向けてしっかりと頑張ろ

智香



tomoka_t2007 at 13:31|PermalinkComments(2)clip!snowboard 

2016年11月03日

北米遠征

おはようございます
毎日晴れ晴れ晴れ

オフだから
目覚ましナシで長く寝ようと思って
お布団に入ったけど
いつも通り4:00am前に起床

さて、
copperに入ってから
雪上のコンディションにも
身体のコンディションにも
恵まれて
10月21日〜11月1日の間に
8日間の雪上 /4日間の雪上オフ。
非常に多い滑走日数で
トレーニングしています

いつもは
疲労が出てくると
滑りの質と集中力が落ちるから
雪上オフを多くして
フィジカルトレーニングを
多めに入れて来ていたけど

今年は夏のトレーニングの成果なのか
滑っても全く疲れず。。。
逆にどんどん滑れてしまうから
休むタイミングを逃しそうで
しっかりと休みを入れることを忘れずに
過ごす毎日です

ーーーーーーーーーー
では写真たくさん
オフ明けは
プライベート マウンテン
隣にコースがなくて
伸び伸びとゲート立て放題
伸び伸びとフリーランし放題
そして朝焼けの光が綺麗
2016-10-27-09-41-31


早朝にコースに上がるので
Felix、安井さん、ジミーさんは
ヘッドライトをつけて
コースセットしてくれています
星空はすごく綺麗だけど
寒くて何も見えない中
最高な練習環境を作ってくれています
2016-11-01-07-32-16


雪のコンディションも最高です
image



そして最近の新兵器
このマシーン+ASTYMでのケア
最強です
2016-10-29-09-02-26


天候が崩れた日は
ジムでガッツリ、
フィジカルトレーニング
この夏は怪我して足が使えない間
上半身と体幹を
死ぬほどやりました
その成果が雪上でシッカリと出ているので
コツコツやって3月の世界選手権まで
キープできたらいいな
2016-11-03-20-00-15


Copper.Mtの人工降雪機を管理している
スタッフの皆さん
雪を降らせられる気温になれば
深夜に出動して降雪機を調整
すごく大変な仕事が裏にあるから
練習できる最高なコースがある
だからこそ1本1本、大切にしたい
2016-11-02-06-07-56


とある日の夕ご飯
今年はSkiAmericaさんに
お鍋セットをお借りしたので
石狩鍋を作ってみました
2016-10-26-10-09-33


denverでのオフショット
このpictureのパーカー
身体の形が綺麗に見えるので
お気に入りです
そしてコロラドは標高の高い都市として
認知されているそうで
ここの13段目の階段が
丁度1マイルで有名みたい
2016-11-03-20-03-13


さて
明日から雪上
遠征後半
気持ちを引き締めて
頑張っていきましょ

智香

tomoka_t2007 at 05:19|PermalinkComments(2)clip!snowboard