2022年01月19日

6度目の五輪。

FullSizeRender 

本日全日本スキー連盟が定める

選考基準をクリアし

正式に

北京五輪出場への内定を頂きましたことを

ご報告させていただきます。


2018年の平昌五輪から

2年半の休養期間、

そして復帰してからの1年半

いつでも、どんな時でも

変わらずはサポートしてくださった皆様に

心から感謝です。

.

.

114Simonhoheのレースが

オリンピック選考最終レースでした。


選手層の厚い国は国内での枠を争い

日本選手はSAJが定める独自の基準を目指し

それぞれの国や選手によって

五輪への道も様々です。



五輪とは?

 5つの輪は世界の五大陸を意味し

 つの大陸がスポーツを通じて友情の輪を広げる

いろんな意味があるなかの一つです。



そんな五輪の原点をもって

五輪に向かう関係者は

どのくらいいるのだろう?

と考えるこの頃です。



私は五輪の世界が大好きです。

なんとも言えない五輪の空間、

緊張感や勝ち上がっていく喜び

時には

目標を達成できなくても

学ぶことが山のようにあるスポーツの世界が

大好きだから

今も

子供の頃に見た夢を追いかけています。



スポーツ/五輪を通じて得られるものは

とても偉大で無限なモノです。

.

.

そして今回はコロナ禍という中で

その大切な選考レースに

陽性となりレースに出られなかった選手。

.

ワクチン未接種により中国で3週間の隔離を受ける選手。

.

またIOCや中国の定めるコロナルールは満たしていても

それ以上に母国のコロナルールが厳しく出場できない選手。

.

そして

これから内定した私たち選手も

PCR検査で陽性がでれば出場が不可能になる。

.

.

いろんな状況下で

それぞれの五輪シーズンがあります。

だからこそ

一緒に戦い合う仲間に感謝しリスペクトしたいです。


スポーツは

戦ってくれる仲間がいるから

勝敗がありメダリストが生まれます。


競技の世界を離れた2年半に

様々な世界を見て学んだからこそ

今は過去の5大会とは違う価値観/視点で

五輪と向き合うことができています。


国を代表してメダルを争う事だけが

五輪ではないということ。

そして

それ以上に大切なモノがあるということを。


スポーツ/五輪は

国を超えて、

"同じ志を持つ"という

たった一つの共通点だけで

素晴らしい時間を共有し合える。

そこには

五輪精神、スポーツマンシップがあるからです。



五輪を通じて

友情を深め、平和の和を広げる

そんな思いが大切だと思っています。


メダル数や国別ランキングの目標は

一つの目標として持つべきものではあるけども

こんな時代だからこそ

それ以上に大切と思う

五輪の原点に戻って

スタートに向かいたいと思います。


それらの原点を大切にしてこそある

その先のあるメダルや勝敗の世界に向けて

全力を尽くし

勝負の世界を最大限に楽しみたいです。

.

2022119

竹内智香





tomoka_t2007 at 19:06|PermalinkComments(0)clip!snowboard 

2022年01月11日

Road to Beijing 2022”CHAPTER 4.PASSION”

あけましておめでとうございます

2022年
皆様にとって素晴らしい1年となりますよに

Road to Beijing 2022の続きを
YouTubeにアップしました。

Road to Beijing 2022
 “CHAPTER 4. PASSION”


第二の競技人生。
そんな気持ちで競技の世界に戻りました。

子供の頃

雪の季節が大好きで

スキー/スノーボードに出会い

その時の気持ちと出会いが

今の競技人生に繋がっています。


大好きで始めたスノーボードから

五輪という夢を持ち

ひたすら

その目標を追いかけていたら

いつの日か

たくさんの人たち/スポンサーに支えられ

雪山が職場となり、スノーボードが仕事へと

変化していきました。


好きなことを仕事にできるという事が

どれだけ幸せで有り難い事なのかを

感じる毎日です。


雪山が私にとって最高の職場であり
滑ることが最高の職業であるということを
改めて知れたからこそ
今るある時間を大切に過ごしたいです。

ーーーーー

CHAPTER 1. “COMEBACK”



CHAPTER 2. “JOY”



CHAPTER 3. “BE AN ATHLETE”


RomReel
ーーーーー
そしてここ最近の写真をアップ

2022年最初のレースはスイス
第二の母国
そして今回は日本企業、
エイブル、東川町、広島ガスが
スイスワールドカップスポンサーについてくださいました
IMG_8622 IMG_8633


今回は有観客ということで
スイスでの友達やお世話になった家族が
応援に来てくれて

IMG_8709 IMG_8661


ホームでのレース
そして沢山の応援、
日本企業が協賛
ということを考えるだけで
どうしても結果を残した1戦だっただけに
予選1本目での取り返しのつかない失敗は
本当に悔しく残念な1日となりました

だけども
チームメートが2位、3位となり
普段から切磋琢磨する仲間の活躍は
自分もこの場所に行ける
というパワーをもらうことができる
そんな仲間がいることに感謝です

IMG_8657

ワールドカップ期間中以外は全日本としての合宿ががなく
私もスイスでの練習がなかったので
&tomokaとしての練習会
バブルが違うのでソーシャルディスタンス
久々に日本チームメンバーとの練習も充実でした

IMG_8257

こちらはコロナの感染者数がとても多く
オフの日にできることは
アウトドアを楽しむこと。
FullSizeRender

どんなに軽症でも
陽性は陽性。
陽性になった時点でワールドカップには出場不可。
そして1月20日以降に陽性になれば
北京五輪の出場も不可能になるから
できる感染対策は完璧にしたい

IMG_8293

本当は12月末に
コロナが落ち着いていたら帰国できるかな?
と少し期待していましたが
渡航制限もチームのルールも厳しいため
スイスに残ることになり
日本への寂しさはあるけども
年末に日本からたくさんの贈り物が
届きました
新しいウェアやグローブに包まれて
2022をスタートしました。


まだまだ
制限のある生活が続く世の中ですが
その中でも
喜びや楽しさを見つけ出し
素晴らしい2022になりますように

智香




tomoka_t2007 at 16:37|PermalinkComments(0)clip!

2021年12月29日

Road to Beijing 2022. “CHAPTER 3. BE AN ATHLETE”

こんにちは

クリスマスはいかがお過ごしでしたか?
そして
2021年もあともう少しですね

Road to Beijing 2022の続きを
YouTubeにアップしました

Road to Beijing 2022
  “CHAPTER 3. BE AN ATHLETE”


RomReel


今と昔も変わらないこと。
レースの世界が、五輪が、大好きです。
だけども
一つだけ変わったことは
自分の人生においての五輪への価値観。
五輪というスペシャルな世界を目標にできること
そして
雪山が職場であることが
どれだけ幸せなことで有難いことなのかを
日々感じています。

コロナ禍において
スポーツは世の中が平和で健康で、そして豊かであって
初めてできるものであると気付かされると同時に
スポーツは人を健康に豊かに平和にしてくれるものである
そう感じるこの頃です。

だから
スノーボードを通じてで得た経験や出会い
計り知れない財産を
自分のもとでとどめるのではなく
雪山を生涯の職場として
生涯現役として
多くの人たちに
そららの魅力を伝えているるような
そんな人でありアスリートでありたいと思います。

IMG_7459
RomReel
2021年も終わりになりなりますが
私にとっては1年の締めくくりは春なので
振り返るのはまだ先ですが
それでもチームとして
非常によい波に乗れているので
このよい流れに私も乗っていけたらと思います

IMG_7818
swiss team


IMG_7302
RomReel

残り少ない2021年
皆様にとっても良き時間となりますように
そして2022年も
皆様にとって素晴らしい1年になりますように

そして
いつでもどんな時でも
変わらず応援してくださる皆さまに
心から感謝です。

2021年12月29日
竹内智香


CHAPTER 1.
 “COMEBACK”



CHAPTER 2.  
 “JOY”






tomoka_t2007 at 14:24|PermalinkComments(0)clip!movie (snowboard) 

2021年12月17日

Road to Beijing 2022  “CHAPTER 2.  JOY”

こんにちは


前回の続きRoad to Beijing 20022を

Youtubeにアップしました


Road to Beijing 2022 “CHAPTER 2.   JOY”




 romreel

2年半の休養を経て

“JOY-喜び

この気持ちを取り戻すことができたから

第二の競技人生があり

6度目の五輪を目指す覚悟が持てました。

だからこそ

この気持ちはもう二度と忘れないように

雪上にいられる”JOY-喜び”を

一生大切にしていきたいです

雪山、スノーボードのの

 ”JOY-喜び

を取り戻すには長い時間を要したけども

その時間を与えてくださった所属企業初め

スポンサー、応援してくださる皆様

そして雪山仲間に

心から感謝です。




ーここからは写真含めてレポート


そして開幕戦から3戦を終えました。

望んだような結果には繋がっていませんが

ステップバイステップという感じで

レースをこなすことの感覚が良くなってきています

IMG_7467


ロシアへの移動

ロシアの会場があるところは

乗り継ぎアクセスが悪く

なかなかタフな移動ですが

今年もコロナ禍は変わらず

感染対策をしっかりしての移動です


IMG_7521

レースの日の朝。
−20°の太陽なしはなかなか寒いです
FullSizeRender

湖の上。
宿の周りには柵がありスキー場に練習に行く時以外は
外に出ることがでず湖の上をお散歩
IMG_7598

今年もスイスチームスタッフにサポートしてもらっています
サービスマン。
いつも素晴らしい板を仕上げてくれています
IMG_7641


レースが終わったあとはまたまたタフな移動。
レース終了後に20時までに荷造りをします。
飛行機の大きさと乗る人数と荷物の量を考えると
目的地まで届かないこと間違いなし
FullSizeRender



8pmにトラックに全ての荷物を移動。
IMG_7670

そして私たちは3:30amのバスで空港へ移動し
モスクワ経由でミュンヘンへ。
そしてイタリアへ移動です。
38歳間近になって
こんなライフスタイルを続けているとは
全く想像していませんでした
FullSizeRender
そしてイタリアに到着
たまたま乗ったゴンドラが
2012年の時に優勝した記念ゴンドラ

IMG_7725

IMG_7731

去年であれば満足できていたリザルト。
だけども人は欲深いもので
もっともっと上を目指したくなります。

2018年まであれば
今のリザルトであれば、かなり凹んでいたと思う。
だけども
今はこうして明るく前を向くことができるのは
長く競技を続けたことで
いろんな視野で多くのことを学べているから。

IMG_6921
 赤松洋太

もちろん
プロアスリートとして
結果にはこだわりたい。
だけども
スノーボードを始めたときの喜びは
何よりも一生に大切していきたい
そう思う毎日です。
そしてそれができている毎日に感謝です。

智香





tomoka_t2007 at 14:50|PermalinkComments(0)clip!snowboard | movie (snowboard)

2021年12月08日

Road to Beijing 2022 “CHAPTER 1. COMEBACK”

こんにちは

YouTubeに動画アップしたので
もし良かったらてみださい
このあとCHAPTER 5まで続きます

Road to Beijing 2022 
“CHAPTER 1. COMEBACK”


2021-2022シーズンも
いよいよ開幕です
開幕戦へ出発です

IMG_3739

スノーボードに出会った時のように
子供心をもち
雪山を、スノーボードを
そして
今の人生を心から楽しめている事が
本当に幸せです。
こんなにも競技を楽しめているのは
長いスノーボード人生の
2周目に入ったからなのかな?

若い頃の
•ただただ吸収し、上達する楽しさ。
•怖いモノ知らずの強さ。

全盛期の
•深く考えなくても思い通りに板を操れる強さ。
•五輪、世界選手権のメダルを取れた時の強さ。

競技人生後半の
•負のサイクルに入っていく苦しさ。
•スタートに立つ怖さ。
•負ける怖さ。
•怪我や痛みの辛さ。

2年半という休養期間に
•原点に戻れたコト。
•雪山をもう一度楽しめたコト。
•五輪やスポーツの意義に向き合ったコト。

沢山の経験をさせてもらえたから
だからこそある
新しい境地でのスノーボード人生です。

IMG_3847

大切な人生
一度しかない人生
与えてもらった人生
最高なモノにできるように
今季も最高な1日1日を積み重ねて
その先にある人生を
楽しみにしたいと思います。

智香




  c︎romreel



tomoka_t2007 at 10:35|PermalinkComments(0)clip!snowboard 

2021年10月16日

広島


おはようございます

久々のブログ更新


先日、ようやく
広島へ行くことができました
IMG_5562



所属企業である広島ガスで
2021-2022シーズン壮行会を開いてくださいました

IMG_5699
広島ガスの皆さんからの寄せ書き。
“輝け!智香“は
スキー部を担当してくださってる
元バドミント選手が
全て右肩上がりで色を塗ってくださったそうです。
そんな気持ちが本当に嬉しい
IMG_5698
IMG_5697

久々にたくさんの人に会い
たくさんのパワーをいただきました
来年の春には
ここに最高な成績と共に帰ってくることができたら
最高です
IMG_5696

そして
活動を伝えてくださるメディアの皆様、
いつも本当にありがとうございます
IMG_5585


今、こうして
選手として日々を過ごしていることが
とても嬉しく感じると同時に
とても不思議な感覚です。

最近、取材でよく聞かれる言葉
“北京五輪での目標は?“

今の私にとって”五輪“は
人生の一部です。

以前は五輪が人生の全てでした。

だけども
この2年半の間に本当に様々な経験を積み
たくさんの出会いを通じて、
そしてコロナ禍という時間で
本当に多くの事を考えさせられる2年半でした。

そこで感じたことは
“五輪””メダル“”スポーツ“
というものは私にとっては
とっても大きな存在で生きる上での原動力でした。

だけども
スポーツや五輪、祭典は
世の中が平和で安全で初めてできる
贅沢なものである
とも考えさせられました。

だからこそ
スノーボードが仕事としてできていること
五輪を目指すことができていることに
心から感謝しスタートに立ち
その舞台を心から楽しみたい。

今は
そんな思いで競技の世界にいます。

以前とは全く違う心境で
そんな状態でスタートに立った時には
きっと、
今までとは全く違う景色が見れているのでは?
と想像します。

雪の上で過ごせる1日1日を大切に
最高な日々を積み重ねた先には
最高な未来が待っていると思います

智香


tomoka_t2007 at 07:37|PermalinkComments(0)clip!snowboard | sponsor

2021年09月25日

Saas-fee/Zermatt 2022

久々のブログ更新です

夏の雪上セッションを終えて帰国し
ただいま
2週間の隔離生活中です

今年も最高な
Saas-fee/Zermattセッションでした
9D3C64B1-D0D7-4F90-B8C0-C6D6FCA3CB30

雪質も最高でトレーニングが終わるお昼まで
アイスバーン。
誤魔化しの効かないコンディション
スイスの氷河はコンディションが最高だから
世界中のトップスキーヤーが集結です
D21B769A-6153-41C8-A6B9-14883E2C2D73


部屋から見えるマッターホルン
1AA325C4-4536-4135-A854-4ABEE21E7FA0


大好きなZermattの町。
5A06A21D-A628-4E74-8EA1-1AD6970A029C


これは魔法のチケット
スイスのAチームのみが貰えるVIPチケット。
これがあれば順番待ちなしで
毎朝優先レーンでゴンドラ乗車できる
D6EDA65E-0A1E-46DE-B4E6<br>
-E7DDAE9A8671


旧友のSimonとHeinzと久々の再会
思い出話が尽きない
2CAB57A8-33FE-456D-8524-CC443974C91F


チームメート・スタッフ・天気・
雪・マテリアル・環境
全てが完璧で
プロフェッショナルな環境・仲間は
能力を更に引き上げてくれる
自然と良い表情になります
059A95E9-FC85-4993-9CB2-C3D3C4F931A4


F1FA5E6A-7182-422F-BD9F-5559A93E4ED9


週末のオフはチューリッヒに戻って
ジムトレと友達との時間でメリハリ
BBQ率高め
EA7D56A3-5AFF-429C-BB56-FC2809FAC4BB


324E5C29-AD2B-4B3B-BA63-46B36F461876


そして今回は&tomoka会員選手も
スイスAチームの練習に受け入れてもらうことができました
特に17歳で参加した選手にとっては
彼らと一緒に過ごせた時間
そして
タイム計測を通じて知れた世界トップとの差は
これからの目標に向かっていく上で
大きな原動力になってくれれば嬉しい限りです。
D5F3DD6C-8BF3-4404-8526-E5A27B5E5784


二度目の五輪出場を目指す斯波選手。
スイスのトップチームを相手にも
負けず劣らず
とっても良い滑り、タイムでした
3C419547-F54B-4648-A435-814CFAC87D13


2007年にスイスに渡り
たくさんの人に支えられ
多くの経験をしてきました。
今となってはSNSが充実し
世界中の情報を得られるようにもなり
以前ほどは大きなハンデは感じません。
それでも
世界で戦っていく上で
より良い環境・仲間・スタッフに出会えることで
その道のりは、より楽になります。
いつの日か日本とスイスの架け橋になりたいと
2007の時に思いました。
それから15年という月日が経ちましたが
それが少しずつ形になりつつあります。
思い描いた
夢や目標は叶えるためにあるものです。
もちろん、
どんなに努力をしても手に入らないものがある
と言うことも
たくさん経験してきました。
大切なのはそこまでの過程の努力だと思うこの頃です。

自分自身の競技人生においても
一人の人としての人生においても
今、出来る最大限のベストを尽くしたい。
2007年からお世話になっているスイスチーム。
切磋琢磨し合える仲間がいること
そして
プロフェッショナルなスタッフに支えてもらえること
そして
日本でもヨーロッパでも
支えてくれるたくさんの人たちがいること
最高な環境に
ただただ、感謝です

ネガティブなコトを探し出す人生ではなく
一つでも多くのポジティブなコトを、
しっかりと掴み取り
最高な人生に繋げよう

インスタでは動画もアップしているので
もし良かったら
こちらもチェックしてみてください

智香


tomoka_t2007 at 07:06|PermalinkComments(0)clip!snowboard 

2021年08月06日

原爆の日

8月6日。
 原爆投下から76年。


毎年8月6日は一度立ち止まり
色々な事を考えさせられる1日です。


一人一人が
日々をどう過ごすか
10年後20年後に50年後に
その時々に人生を振り返ったときに
正しく判断し人生に向き合ってこられたか
後悔なく胸を張った人生を過ごすことができれば

人に、地球に、環境に優しく生きることができれば
自然と平和な世の中に繋がるのでは
そんな事を考えます。

核兵器がこの世の中からなくなり
自然災害等が減り
平和に過ごせる日々が
続きますように。。。

原子爆弾で犠牲となられた方々への
ご冥福をお祈り申し上げます。

2021年8月6日
竹内智香

tomoka_t2007 at 06:07|PermalinkComments(0)clip!kokoro 

2021年06月28日

世界一健康な町

こんばんは

最近はインスタのストーリーばかりで
ブログやその他のSNSが疎かになってる

今日は久々のブログ

&tomoka
スノーボードキッズ育成プロジェクトを作りたい
そんな思いから始まった&tomokaですが
夢はどんどんと広がり
新しい目標が加わりました

それは
東川町を世界一健康な町にすること

『東川町 x R-body x Wattbike x &tomoka』
が連携して
新しいプロジェクトがスタートします

『東川町の健康寿命延伸プロジェクト』
  世界一健康な町にし、
  医療費削減を目指し、
  心身ともに健康な人たちで
  活気あふれる町へ。


五輪やW杯で
最高なパフォーマンスをして
応援してくださる皆様に
感動や勇気を与えることは
アスリートという職業では
とても大切なこと。

だけど
これからの時代は
アスリートとしての結果だけではなく
それ以上を目指さなければいけない
そう感じるこの頃です。

私は人生のほとんどを"五輪”を目標に
誇りを持って生きています。

スノーボードが
いろいろな地に連れて行ってくれ
異なる地で様々な出会いがあり
いく先々で
文化や歴史、そして福祉や教育に触れ
学ばせてもらえる時間がたくさんあります。
そして私自身が
世界のトップを目指すためには
それぞれの分野のプロフェッショナルな人材が
必要不可欠です。
そのプロフェッショナルな人たちが
東川町へやってきます。
素晴らしい出会いや経験に恵まれて得た財産は
次に繋いでこそ"本物の財産"として
世の中に残ると考えます。

アスリートとして
世界のトップを目指す過程で得た
心技体脳は
この世の中に恩返しできる"カタチ"があるはず。

一つ一つの枠組みを分けて
物事を見るのではなく
大きな枠組みにスポーツや五輪があり
そこでのノウハウが
世の中の人に役立つものになる。
そんな"カタチ"を作り上げていきたい
そう、考えています。


そんな風に世の中に
必要とされる・貢献できるアスリートになれば
きっと
町に住む人たちにも
五輪やスポーツとの距離感、見かたが
変わるのではないでしょうか。


そのプロジェクトの第一歩が
7月3日に開催されます
7月3日は盛り沢山です

FullSizeRender


ソチ五輪でメダルを取ったときの
トレーナーは
R-body鈴木岳さんサポートでした。
私が今現在、
フィジカルトレーニングのベースとしている
R-bodyのスタッフも7月から
東川にやってきます。

2回の講演があり内容は同じですので
スケジュールに合わせて
たくさんの方達に来ていただけると嬉しいです。


FullSizeRender


そして最近、
私がとってもハマっている
Wattbikeも東川町にやってきます。
Wattbikeは
世界中のトップアスリートが使っているバイクですが
一般の方達にもオススメなバイクです。
イギリスやアメリカでは
すでに結果が出ている12週間プログラム
について講演があります。
最初に6分程度の体力測定をし
スマートフォンとWattbikeを繋ぐだけで
その人にあったプログラムが決まる。
健康寿命を伸ばしたと思っている方
是非、いらしてください。

FullSizeRender


そして
&tomokaとしてずっとやりたかった
R-body x &tomokaプロジェクト。
私はジュニアの頃から
トレーニングが大嫌いでした。
でも、今はトレーニングが楽しいです。
なぜかというと、、、今は
トレーニングの目的を理解できているからです。
もっと早くに
トレーニングの魅力に気づくことができていたら
競技人生の楽しさも大きく変わったのでは?
と思うこの頃です。

だから、これからの子達には
トレーニングの魅力を知って
トレーニングに取り組んでもらいたい
そんな思いで始めるプロジェクトです。

子供の頃から
体のことを正しく理解し
トレーニングの大切さを知る。
そして最終目標は
自分が自分の最大の理解者、トレーナーになること。
トレーナーいらずのアスリートになることです。

アスリートとして成功できるのはホンノ一握りです。
アスリートして目標を達成できなかったとしても
トレーナーとしての知識を得て
手に職があれば
セカンドキャリアへの
自信の一つにもなると思っています。

そんないろんな思いがつまった7月3日。
会場は100名定員です。
町民の方が優先となっていますが、
町外の方も興味がある方は是非いらしてください。

智香





tomoka_t2007 at 19:46|PermalinkComments(0)clip!news & event 

2021年03月22日

2020-2021

2020-2021のレースシーズンを終えました。
3季ぶりのアスリートとしての生活は
とても充実したものとなりました。
たくさんの応援、サポート
ありがとうございました。

IMG_9251

こちらでは
シーズンを終えるときに
こんな会話をすることがあります。

 【シーズンが始まる前に 
 このリザルトを保障される契約書があれば
 サインをしていましたか?】

 こんな意味です。
私は今季、
数回のベスト8と表彰台という結果を手にしました。
もしも
秋にこのリザルトが保障される契約書があったら
あなたはサインをしていましたか??


なぜ、
このような言い回しをするかと言うと
人はどこまでも欲深いからです。

去年の3月くらいから
競技に戻ることを考え始め
夏を迎える前には
復帰の気持ちはほぼ決まっていました。

復帰を決めた時の目標設定は控えめでした。
 また予選通過できたらいいな、
 6大会目の五輪に行けたらいいな。


そして
9月に雪上に戻った時は
想像以上のブランクを感じ
正直、
とても厳しい復帰になることも
覚悟していました。

だから去年の秋に
このリザルトの契約書があれば
私は迷わずサインをしていたでしょう。

復帰を決めた時は
スイスチームと活動する予定はなく
いくつかの出来事が重なり
スイスチームと活動することになりました。
そんな流れになったことは
必然でもあるように感じています。

スイスチームと活動したことで
闘志にスイッチが入り
控えめな目標から
ベスト8や表彰台という目標設定に
切り替えることができました。


そして
シーズンを終えた今は
チームメートの活躍に刺激され
この契約書以上のものが欲しかった
“もっと“上に行きたい
そんな気持ちを強く持って
シーズンを終えました。

ただ、まずは
第二の競技人生の結果を
しっかりと満足、納得、達成感を持って
締めくくりたいと思います。


そして、あらためて
2年半の休養はとても大きな充電期間だったと
感じる毎日でした。

Cortinaの開幕戦で
セリーナとクラウディアと3人で
モチーベーションについて
話をした時がありました。

競技を長く続けること
そして強豪国で生き残り続けることに
時に疲れることがあると。
 強豪国はライバルが多く
 チームに残り続けることが厳しい。
 
そして、
レースを続ければ続けるほど
マンネリ化にも繋がり
全く集中できないレースも多くなってくると。

とっても貴重な話で
気持ちを共有できる友達がいることが
本当に幸せだとも思います。

私は2016-2018の3年間は
五輪以外でワクワクした気持ちで
スタートに立つことができなくなっていました。
完全に選手として燃え尽きたのだと
感じる瞬間でもありました。

しかし、
2年半の休養で充電できたのか
開幕戦はなんとも言えない緊張感で
久々にレースを楽しむことができ
心から嬉しかったです。

しかし、このシーズン
レースを重ねれば重ねるほど
またその緊張感に慣れつつある自分に
不安も感じました。

また2016−2018のようなサイクルに
入っていくのではないかと。

ただ、昔と今の違いは
時に全くスイッチが入らない日も
受け入れることができるということ。

これからは
『慣れ』に『慣れていくこと』が大切なのだと。
経験を積めば積むほど
レースに出れば出るほど
そんな日もあります。

だけども今は
その慣れにどう慣れていくかと言うことを
学んでいます。


この2年半に
&tomokaを立ち上げて
選手をサポートする立場にもなり
HPDとして多くのことを学んだり
イベントや講演で通じて
社会人として経験をさせてもらい
全く違う世界を見たことで
今までにない引き出しも増えています。

この数年間は
本当にたくさんのことに挑戦し
やや、
キャパオーバーにもなっていたと思います。
 二兎を追う者は一兎をも得ず“
まさしくその通りだと思います。
二兎でもなく十兎くらい追いながら
過ごした今季は
逞しくなることができた1年でもあります。

兎くらい追っていたものが
ひと段落し
信頼できる仲間たちに託すことができる今
この春からは
兎のものを追いかけようと思います。

たくさんのものを追いかけたことで
人として選手としての幅が広がったはず。

今までとは全く違った次元で
世界で戦えると思う。

コロナ禍で非常に厳しい中
大会運営をしてくださったFIS
そして各会場のスタッフの皆様
ヨーロッパに送り出してくれた
所属企業を始めスポンサー、応援してくださった皆様
スイスでも自国のように
過ごしやすく環境を整えてくれた
友達、スイススキー連盟、チームメートにスタッフ
携わってくださった全ての皆様に
心から感謝です。

レースシーズンは終了しましたが
こちらで、やりたい事が
まだまだ残っているので
次の目標に向けて
過ごしたいと思います。

終わりは始まりです。
IMG_8494

智香




tomoka_t2007 at 14:56|PermalinkComments(1)clip!snowboard