2017年04月25日

“私のACL再建術”(内山英司先生)-シラック ジャパン-

おはようございます

先日、株式会社シラック ジャパン様企画の
“私のACL再建術”
という私の膝を手術してくださった
内山先生の講演の
特別対談のゲストとして
登壇させていただきました
2017-04-24-05-40-35


2017-04-24-05-40-43


医療関係者の皆さんの前で
お話するのは初めての経験。
これもまた、
前十字靱帯を怪我したことで
繋がったご縁なんだなぁと。
普段、
接することのない業種の方達と出会うことができ
とても貴重な経験と時間でした
image


手術から1年が経ち
1年前のこの時期、
自転車に乗り始めたなー
とか
退院する頃だなー
とか
1年経った今、
そんな風に楽しく振り返られるのも
充実したシーズンを過ごすことができ
怪我をする前と同じ、
いや、
それ以上のパフォーマンスで
競技復帰することができたからですね


講演のときには
手術した時にお世話になった皆さんも
来てくださっていて
久々の再会

手術してくださった内山先生と山口先生。
”一緒に頑張りましょ!”
という雰囲気ではなく
先生方の明るい雰囲気そのものが
必ず良くなるという安心感に繋がり
それが何よりもの力だったように感じる。
2017-04-22-17-59-28


病院の理学療法士の先生方
先日の懇親会で
“実は”
という当時の話で盛り上がりたくさん笑いましたが
1ヶ月間の入院期間中は9時から18時まで
しっかりとリハビリさせていただきました
2017-04-22-18-00-27


手術してくれた内山先生と山口先生
小まめな術後チェックがあり
リハビリ室としっかりと連携を取ってくださり
日々のリハビリを行うことができたから
ここまで順調に治すことができてのかな?

そしてR-BODYスタッフ
R-BODYでは
たくさんのスタッフにお世話になりすぎて
ここの写真には収まりきらないほど
関わってくれている
トレーナーさんたちがたくさん
2017-04-22-18-04-03


術後8周目からは
R-BODYでのリハビリとトレーニングでした
この時期になると
トレーニング時間は僅か80分。
その前にアップや物療が90分くらいかな。
今回の対談を通して、
そしてリハビリ以降、
会うことができていなかった皆さんとお会いして
改めて
効率的にリハビリとトレーニングができていたと
感じさせられました

怪我をして競技に戻ることが大切なのではなく
怪我前と同じパフォーマンスに戻れるか?
そして怪我前以上のパフォーマンスに繋げられるか?

それが選手として一番大切なこと。

そのどちらも達成することができた
2016-2017シーズン
改めて満足はしていないけど
納得できる素晴らしいシーズンだったと感じる。

この対談の機会を作ってくださった
シラック ジャパン様、
そして内山先生、岳さんとの対談で
どんな思いでお医者さんやトレーナーさんたちが
向き合ってくれていたのかを感じることができ
改めて
結果で恩返しできるよに頑張ろうと思う
1日でした

智香





tomoka_t2007 at 08:55|PermalinkComments(0)clip!news & event 

2017年04月24日

ここ最近。

おはようございます

いかがお過ごしですか??
もう少しでGWですね

私はシーズンが終わり
いつも応援してくださっている
スポンサー様にご挨拶に行ったり
時間があるときは
フラッと走ったり
ロードバイク乗ったりと
本格的に始まるフィジカルトレーニングに向けて
ゆっくりと休みながら
充実した時間を過ごしています
image


ここ数日に頂いた
新しいアイテムのご紹介です

ーーーーーーーーーー

GIROが新たに始めたBLIZ。
タウン、スポーツそれぞれに合わせて
アイウェアも楽しめる夏になりそうです
2017-04-20-05-49-37


ーーーーーーーーーー
ヒューマン・チャージャー:VALKEE-2
というフィンランドでは
医療機器として使われているこの製品。
朝起きて
耳にイヤフォンをつけてスイッチを入れると
そこから出てくる光によって
太陽が浴びているような効果が出て
体が活動モードになり
時差ボケにもいいし
シーズン中は真っ暗な中で
アップを始めるから大活躍しそうです
2017-04-20-07-22-47


ーーーーーーーーーー

TOWAKO FTCのクリスタルパウダー。
下地にファンデーションつけて
最後に軽くこれをつけると
肌が明るくなり
少しラメが入っているので
少し大人な雰囲気にもなります
2017-04-22-16-21-40



2017-2018が始まる前の
もう少しのオフシーズン期間
しっかりと充電して迎えられるように
引き続き充実した日々を過ごしたいと思います。

智香

tomoka_t2007 at 05:16|PermalinkComments(1)clip!sponsor 

2017年04月07日

BLACK PEARL CAMP 2017 in FURANO

こんばんは

マテリアルテストの後は
富良野で
BLACKPEARL CAMP 2017 in FURANO
もう10回目くらいの開催になるのかな?

長野から富良野にしたことで
キャンパーの皆さんに来ていただけるか?
不安な思いもありましたが
いつも来てくださる皆様、
新たなに参加してくださった皆様と
楽しい時間を過ごすことができました
2017-04-03-21-25-04


2017-04-03-21-25-21


幅広い方達に参加していただくことができました
2017-04-03-21-26-16


2日間、皆さんの向上心、探究心には
逆に選手である私たちが学ばされることも多い。

そして
競技者として取り組んでいる若い子たちの未来の可能性。
毎年思うけど、
何か小さなキッカケで
世界で戦える日がそう遠くはない若い選手たち。
ヨーロッパで戦えるポテンシャルを感じるから
いつの日か
世界で活躍してくれる日が来てくれると
嬉しいですね

“スノーボード”
という共通の目的で
とても楽しい時間を過ごすことができた
2日間でした

日本滞在の約2週間、
とても充実な毎日でした
image


これからまた海外へ
久々の身軽な旅。
充実した時間にしてこよう
image


そして協賛してくださった
スポンサーの皆様、
ありがとうございました。
#TOWAKO #東京西川 #HASCO #ACTGEAR #BMZ
#GIRO #UNDERARMOUR

戸崎啓貴スポンサー
#SWANS

宮武祥子スポンサー
#ガリウム #スノサウルス #MALOJA

智香

tomoka_t2007 at 00:05|PermalinkComments(3)clip!BLACKPEARL | news & event

2017年04月06日

マテリアルテスト 富良野

おはようございます

東川のイベントの後は富良野へ移動

来季に使うためのマテリアルテスト。
image


富良野スキー場新富良野プリンスホテル
筑波大学、国立スポーツ科学センター
荒さん、川島さん
そしてチームスタッフ。

たくさんの人たちの協力のおかげで
素晴らしいテストができました。
2017-03-31-22-07-20


この時期は雪の緩みが早いため
5:30からモービル3台、圧雪車3台を出してくれて
非常に良い雪質で
効率的なテストをさせていただきました。
2017-04-01-08-28-53


2017-04-01-08-28-53


3日間、毎日15本を超えるテスト
モービルなので
インターバルがほとんどなく
乳酸の数値は上がる一方。
2017-03-31-05-48-01


非常に良いテストができ
そろそろ革命的なマテリアルを
登場させることができそう
そんな質の高いテストができました
2017-04-02-05-27-12


そして
マテリアルテストとは別に
マスクとGPSをつけての
雪上でのコンディショニングテスト。
乳酸を図りながら、測定することで
疲労回復までにどのくらいの時間がかかり
PGSという競技にどんな競技特性があり
そのために夏にはどんなトレーニングが必要なのか??
そんなテスト
2017-04-01-08-28-53


これからのフィジカルトレーニングが
より効率的に質の高いものにできそうです

ここにいるメンバーは全員が
心底、
五輪での勝利を目指し
そのために1000000%以上の思いで
サポートしてくださるメンバーです。
2017-04-02-05-27-15


こんなメンバーだからこそ
結果で恩返ししたいと
こんなメンバーに支えられていることに
心から感謝です。

五輪までのカウントダウン。
1日1日、1秒1秒を大切にしたいと
改めて感じる富良野キャンプでした

智香

tomoka_t2007 at 08:26|PermalinkComments(1)clip!snowboard 

2017年04月05日

スノーボード国際ワークショップ in 東川

こんばんは

春のポカポカ陽気ですね

さて
この1週間は盛りだくさんな毎日。
ブログアップしていきたいと思います。

3月27日-28日に
東川町
スノーボード国際ワークショップ in 東川
というイベントがありました
2017-03-28-11-51-32


30名のスノーボーダーと一緒に
旭岳を滑るイベント

参加してくれた招待選手は
Philipp Shoch(ソルトレーク五輪/トリノ五輪 金メダル)
SImon Schoch(トリノ五輪 銀メダル)
Alex Mayer(世界選手権 銅メダル)
Marion Kreiner(バンクーバー五輪 銅メダル)
Claudia Riegler(世界選手権 金メダル)
メダルを並べるとなんだか重みがありますね
2017-03-27-19-59-20


27日には
ワークショップ。
五輪や世界選手権の映像を見ながら
質問タイム。

そして美味しい食事をみんなで食べて
夜には子供達は招待選手たちと一緒に
温泉を楽しんだり
UNOをしたり
2017-03-28-08-14-26


そして28日は旭岳でスノーボード!
短い時間だったけど
みんなの楽しそうな顔が見られて
とっても嬉しかったな
2017-03-28-10-45-22


子供達に『夢は何?』と聞いたら
何人かの子達は
『スノーボード選手』
と答えてくれました。
とても嬉しい言葉であると同時に
私たちは五輪やこうしたイベントを通じて
夢や希望を与えている立場なのだと
改めて感じさせられました。

胸を張って
『五輪を目指すことは素晴らしいことだよ!
 スノーボード選手って素晴らしい職業だよ!』
と言えるように頑張りたい。

夢や希望を与えるだけではなく
その先に
その夢を達成できるレールを引いてあげることが
何よりも大切なこと。

イベントを通じて
そんなことも感じる時間でした。

今回、イベントを主催してくださった
東川町の皆さん
そして参加してくださった皆様
ありがとうございました。

智香


tomoka_t2007 at 17:57|PermalinkComments(2)clip!news & event 

2017年03月25日

全日本選手権

こんばんは
毎日暖かくて過ごしやすい毎日ですね
そして長いシーズンを終えて
大好きな日本に戻り
この暖かさはホッとさせてくれる

さて、、、ご報告です。
3月26日に開催される全日本選手権
欠場することにしました。

世界選手権で体調を崩してから
はっきりとした原因がわからず
ドイツでのW杯期間中も嘔吐と咳が止まらず欠場。
22日に帰国してから
診察を受けてきました。

アレルギー体質で
2015年の春にも
アナフィラキシー症状を起こしました。
長い間、原因がわからず
半年間くらい
日光湿疹を繰り返し
晴れた日は
呼吸が苦しくなったり顔が腫れたりと
滑ることができない時期も繰り返していました。

今回も似たような症状で
ただ、今回はそれが下痢や嘔吐として
強くでてしまっているようです。

なんらかのアレルギーが出ていて
色々な検査をしているのですが
私の場合、まだそのはっきりとした
原因が特定できていなくて
なかなか防ぐことが難しい状況です。

体力的にもだいぶキツくなって来ていて
咳が止まらないことには
寝ることもできず
可能な限り使いたくはなかった
ドーピングリストにある
ステロイドの薬を使うことにしたため
全日本選手権を欠場することになりました。

この薬を使うと
咳も下痢も、嘔吐も収まり
グッスリ眠られる。
だいぶ回復の兆しが見えて来ました。


今季はとにかく
たくさんの経験をさせてもらいました。

左膝の再建手術から始まり
やっと、復帰と思えば
チームの活動停止。
順調に開幕戦で復帰したと思えば
今度は2戦目で転倒し脳震盪により
3戦目は欠場。
そして徐々に成績が上がり
いよいよ世界選手権と思えば体調不良。

 
 かと思えば
 表彰台にも戻ることができPGSは
 総合ランキング5位で終えることもでき
 リザルトを見れば
 ソチを終えてから
 しっかりと上げられてるなとう充実感。


山あり谷ありのシーズンですが
全ての出来事は自分自身が引き寄せたものであり
それらの結果は全て実力の一つなのだと。

アスリートとしての
コンディショニングをしっかりと行い
完璧な準備をして
その先に起きた出来事は
一つ一つに意味があり必然。

なんだか騒がしいシーズンでしたが
課題がある毎日はとても楽しかった。
全ての出来事を前向きに捉えることができ
シーズンを終えた今
ものすごく沢山の
経験と財産を与えてもらったような気持ちでいます。

2016-2017シーズン
満足はしていないけど
納得はしています。

ちょうど1年前の今
こんな自分を想像していました。

願いはかなえ続ければ必ず叶う。
日々、
自分の体に語りかける言葉は体に伝わる。

私の周りには
常に前向きに声をかけてくれる人たちばかりで
大怪我と思われる怪我も
かすり傷のように
扱ってくれる人たちばかりだったから
こんなにも素晴らしいシーズンを過ごすことができました。

今季は
スタートラインに立つことができました。

あと334日
やりきるのみです。
ソチで受けたテストは
残念ながら満点ではなかったけど
もう一度受けられる追試のために
今度こそは満点を取れるように
100点満点以上の準備をして
最高な形で終えられますように
image


今季もたくさんの応援ありがとうございました。

智香



tomoka_t2007 at 18:40|PermalinkComments(3)clip!

2017年03月18日

世界選手権とドイツ最終戦の欠場。

こんにちは

世界選手権を終えて
次のワールドカップ会場のドイツへ
移動してきました。


3月14日。
PGSが開催される予定でしたが
強風と視界不良のため16日へ延期。

3月15日。
予定通りSLが開催。
予選1本目3位。全体11位で決勝へ。
最終順位11位。

3月16日。
延期されたGSが開催。
予選1本目2位。全体8位で決勝へ。
最終順位10位。
2017-03-18-15-18-18


ーーーーーーーーー
2016年3月18日に
左膝前十時靭帯の再建手術を受けた時に
立てた目標は
この世界選手権までに戦えるレベルまで
必ず間に合わせて復帰すること。
そのためにには
時には勇気を持って
リスクのある大会や練習は回避し
膝を最優先に考え
休むことが大切であると。。。
ーーーーーーーー

私の周りには
全ての分野においての
スペシャリストがいてくれて

手術、リハビリ、トレーニング、食、
マテリアル管理、雪上プラン、、、、
そしてそれを支えてくれるたくさんの人たち。

そんな人たちが
いつも正しい判断をしてくれて
最高の技術を提供してくれたことで
目標としていた世界選手権まで
世界のトップで戦えるところまで
しっかりと戻してくれて
世界選手権会場に入ることができました。

これからいよいよ!
というところで
スペインの異常の暖かさで
通常なら5月6月ころからなる
花粉症や咳喘息、、、、
そしてそれに加えて苦手な高地。

体力が落ちに落ちたところで
何かにあたったのか
下痢に嘔吐。。。

スイスチームのドクターにも診てもらい
できることはしましたが、、、

最後の最後で
体調を崩して挑むことになってしまった
世界選手権。

とにかく悔しくて
ただただ残念です。


だけども。。。
体調管理も含めて
全てがアスリートとして大切なことであり
全てをひっくるめて
この結果は
自分自身が引き寄せたもの。

悔しいけども
どんな状況においても
その時できる100%以上の準備をして挑むスタート。
だからどんな結果でも受けれいて
また前へ進むことができる。

世界選手権はほろ苦い思い出となりました。

ーーーーーーーー
そして今日はドイツワールドカップ。
今季の最終戦です。
ここは去年、プレジャンがあり
怪我をしたところ。
”またプレジャンがあれば出ない”
と決めていました。

しかし
そのプレジャンは今季はありませんが。。。
今の自分のコンディションを冷静に考えて受け止めて
欠場することを昨日、決めました。

もちろん、
会場に来て
目の前にスタートがあると思うと
やはり
どうしてもスタートしたくなってしまう。

世界選手権も決して戦えるレベルではなかったけど
目の前にスタートがあると
スイッチが入ってしまい
戦える最低限のレベルまで引き上げあれる。


今回のドイツもそうできた思う。
だけども。。。
丁度一年前の3月18日に手術をしてから
通常であればシーズン終了後1ヶ月半くらい
体を休めてから始動するけど
昨季は
休むことのなく次に向けてリハビリがスタート。


365日、頑張り続けてくれた身体の声に
しっかりと耳を傾けて
欠場することを決めました。

不思議なもので
365日経った今、
丁度一年前の同じホテルの同じ部屋にいます。

トレーナーの岳さんに
”前十字靭帯切れてるかも”と言われ

ーどこでMRIを取ろうか?
ーどこで手術をしようか?
ーリハビリはどうしようか?
ーいつ雪上復帰できるのか?
ー来季には間に合うのか?

そんな話をしてたなー。
 “大丈夫。間に合う”
という思いがあると同時に
一瞬でも自分の弱い部分に耳を傾けると
崩れ落ちそうな自分もいて
前十時靭帯が切れていないことを願い
早く治ることを考えていたかな

今、同じ部屋にいて思うことは
全ての分野において
その時々に素晴らしい人たちに出会い
最高な環境で
今季、戦えることまで戻れたこと。

世界選手権の結果と内容には
悔しさが残りますが
2016-2017シーズン。
満足はしていないけど
納得しています。

素晴らし経験をさせてもらえた1年に
そしていつも変わらず信じて
応援し続けてくれた皆さん
周りにいつもいてくれる
スペシャルなスタッフ。

ただただ感謝の思いです。

どんなことも
必然で
どんな経験もすばらしい財産となる。

そう学んだ1年です。


たくさんの応援、ありがとうございました。

智香


tomoka_t2007 at 07:28|PermalinkComments(4)clip!

2017年03月08日

Kayseri 久々の2位。

こんばんは

トルコでのW杯を終えて
オーストリアに移動してきました
ソチ五輪以来の2位。
やっと戦えるところまで戻れたことが
何よりです。
2017-03-05-18-14-40


大会レポートはこちらから
動画はこちらから見られます

ソチ五輪以来の2位。
最後の決勝は0.03秒及ばず。。。
悔しい結果となりましたが

ソチ五輪を終えてから
環境/マテリアル/トレーニング、様々なことを
積み上げてきたものを一度崩す覚悟で
大きな伸び代の可能性に期待して、信じて
新しいことに挑戦し続けてきたことが
ようやく形になりつつあります
まだまだその挑戦の過程の道を
歩いている途中だけど
ようやく、ここにきて
戦える手応えをつかみ始めることができました

ブルガリアでの表彰台とは違って
今回は
しっかりとコントロールしながら
勝ち上がることができ
そして勝ちにいける手応えをつかめたことが
前回の表彰台以上の収穫。

前十字靭帯の再建手術をしてから
もう少しで1年。

つくづく
この怪我から学んだことが多く
そしてこんなにも順調に
復帰でき、今こうして戦えるレベルに戻れたことは
ドクターを始め、トレーナー、
そして変わらず、焦らず、信じて
支え応援してくれた沢山の人たちの力のおかげ。

次から次へと起こった難題に対して
”どうして?”と
時には喜怒哀楽の調和が
乱れそうになったこともあったけど
どんなことも必然で
それらは考え方や向き合いかたによって
素晴らしい経験となり、
価値ある財産になるんだと。
そして日々の積み重ねは
スノーボードの神様が
ちゃんと見てくれているんだと
改めて感じる毎日です


さて!
明後日には世界選手権会場のスペインへ移動!

トルコが終わってから
雪上トレーニングすることも考えましたが
雪上では非常に良い感覚を得られているので
こんな時は勇気を持って雪から離れることも大切。
毎日ジムに通って
次のレースに向けて
フレッシュは体でスタートに立てるよに
準備の毎日です

ここのジムは
いつも無料で使わせてもらっていて
とてもありがたい環境です
この私が着ている
アンダーアーマーの白のウェアも
春夏新商品です。
柔らかくて肌触りが良くて
とっても気持ちよい
2017-03-08-17-29-30


ずっとバスタブに入れてなかったから
久々のバスタブが嬉しい
2017-03-07-03-34-54


智香

tomoka_t2007 at 14:19|PermalinkComments(8)clip!race 

2017年03月02日

ブラックパールの試乗会情報

BPの試乗ができる会場のご案内です。
ショップ様のご協力で今年は各地で
BPを乗ることができます。
ご興味のある方は
スキー場に足を運んでいただけると嬉しいです。

<ヴィクトリア>
開催日:3月4日
開催地:群馬県尾瀬戸倉

試乗可能なボード
・PROTO 155
・BP4-01 183
・FS SMOOTH 156
・FS GRIP 150
・FS CARVE 150

<スノーワークショップ>
開催日;3月4日-5日
開催地:小海リエックス

試乗可能なボード
・BP2-07 171
・PROTO 183
・BP4-01 155
・FS CARVE 156
・FS SMOOTH 162
・FS GRIP 156


<GUSTY>
開催日;3月4日-5日
開催地:ハンターマウンテン塩原

試乗可能なボード
・BP2-07 180
・PROTO 173
・BP2-01 164
・FS CARVE 162

<BREAKOUT>
開催日;3月4日-5日
開催地:芸北国際スキー場

試乗可能なボード
・PROTO 164
・BP3-03 173
・FS GRIP 162
・FS SMOOTH 150
計5本

<宮武祥子 試乗会イベント>
開催日:3月5日
開催地:北海道登別市

試乗可能なボード
・KIDS 90/120/130/140
・SPES 148/165
・BP2-07 152/162
・BP4-01 173




tomoka_t2007 at 19:44|PermalinkComments(3)clip!

2017年02月26日

ヨーロッパに到着して

こんにちは

ヨーロッパに到着して
早速トレーニング

昨日、2月25日に予定されていた
ロシアのワールドカップは
開催地側の都合でキャンセル
よって次のレースは3月4日のトルコです。

ワールドカップが1戦減ったことは残念
だけども。。。
今季は膝の手術もあり
リスクの高いコンディションでの
レースや練習は回避すること。
膝への負担、そして再怪我を防ぐ為にも
必ずフィジカルを維持することを
最優先に考えているので

キャンセルになったことで
22日までのフィジカルトレーニングの質を
グンと上げられれて
この後のトルコGSと世界選手権に向けて
良い調整ができ、
私にとっては、このキャンセルが
とても良い流れになりました

こちらに着いてからは
オーストリアチームと
一緒に練習させてもらう予定だったけど
雪のコンディションが悪いとのことで
急遽Kaunertalへ移動
こちらは異常な暖かさで標高2000mまで雨
2月にも関わらず氷河で滑るという気候
2017-02-23-23-51-08


だけど、氷河で
雪のコンディションはとっても良く
良い練習ができました
2017-02-23-18-43-58


新しいpicturegiro
2017-02-24-17-00-00


そして2日間のオフを経て
明日からは大好きなスイスの山
hoch-ybrigでトレーニング
ここのコースは斜面変化、ウネリが激しくて
難易度が高いコース
こういう山で練習することで
上手くなるし、
何よりもレースコースが簡単に感じられる


そして、ここの山は以前
スイスで住んでいた場所のすぐ近く
ここの家の鍵、
いつでも帰ってこられるよにと
スイスの家族が私の分も作ってくれたので
今はスイスの家族の家にお世話になっています

ここ数年は環境が変わってしまい
運転することができなくなったので
ここの家に帰ってくることがなかなかできず
ホテルを転々とする生活

だけど、
こうして家に戻ってくると
つくづくヨーロッパスポーツであるということを感じ
帰れる場所があり、
競技から離れられる時間が大切だと感じる。

友達に会いに行けたり
家庭の食事が食べられたり
走り慣れた道に、行き慣れたジム
そして洗濯ができたりと

私がこの種目で強くなれたのは
”帰れる場所”
があったからだとつくづく思う。

チームや競技から離れられる環境は
しっかりと充電できて
レース会場に向かう時は
新たな気持ちで向かうことができる。

2007年から2014年まで
そんな環境があったからこそ
ここまで上がってくることができたのだと
改めて、
ここに戻ってきてそんなことを感じました


さて、また明日からの雪上がんばろ!

P.S.
アンダーアーマー
新作春夏商品。
このスポブラ付きタンクトップに
腰の部分を折り曲げるとUAのロゴがあるスパッツ。
お気に入りです
2017-02-25-18-58-22


智香

tomoka_t2007 at 09:17|PermalinkComments(6)clip!snowboard | private