2006年03月21日

感謝

今回の富良野のワールドカップについては何から書こうか迷ってしまいます。
まず、
素晴らしい大会にしてくださった、富良野市、プリンスホテル、スキー場、スキー連盟、ダイドードリンコさん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございまいした。
数え切れない方達が本当に一生懸命、大会運営してくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、悪天候の中何十分もかけて見に来てくださって本当に嬉しかったです。

アルペンでは考えられないくらいの人が来てくださって、そして地元という事、オリンピック後という事、いろいろなことが重なり合って
私はとても緊張していました。
予選1本目は久々に自分を見失いそうになるくらい緊張してしまい動きが硬くなり本来の滑りをする事ができず情けなかったですね・・・
しかし1本1本滑ることにリラックスすることができていました。
2回戦では0.04秒差での敗退。結局8位という結果に終わり悔しいですがこれが今の私の実力だと思います。
2年前に3位に入りましたがあれは若さと勢いと運があったからです。
これからは実力で確実にトップ4に入れる様になりいつかは優勝できるように精一杯頑張ります。

今回の大会で私は取材を受けた時に
「たくさんの応援の方達に申し訳なく、表彰台に上がって支えてくれた方達に恩返しがしたかったです・・・・・・・」
というコメントをしたときに多くの方に
「十分に応援に応えてくださいました・もっと気楽にやってください」
など多くの言葉を頂きました。
もちろん私はレースを楽しんでいますし、ワールドカップ会場に行く事がとても楽しみで外国人選手達との交流や一つ一つの出会い出来事全てのことを楽しんでいます。
しかし、勝負の世界に入ったらそこからはスポンサーの方達であったり応援に来てくださった方、小嶋アカデミーのスタッフの方達に少しでも良い滑りを見てもらいたいという思いがあります。
私はこういったたくさんの方達の応援を力に変えられるような選手になりたいと思っています。
おそらく4年後のバンクバーオリンピックを迎える時、メダルを確実のポジションで狙うためにはもっと多くのプレッシャーや緊張感の中で戦っていく事になると思います。
だから、ある程度普段のトレーニングから自分にどんどんとプレッシャーをかけていきたいと思います。

今回のワールドカップで小さな子達から写真やサインを求められてとても嬉しかったです。
もっと一人一人としっかりお話がしたかったです。
この様な今の嬉しさをいつまでも忘れず大切にしていきたいと思います。

本当にたくさんの応援ありがとうございました!!
本当に嬉しかったです。

tomoka_t2007 at 07:27│Comments(0)clip!race 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔