2007年10月22日

レースを振り返って・・・

こんにちは^^
やっと荷造りを終えて・・・ひと段落しました。
今からチューリッヒへ向かいます。

昨日は日本が深夜になる前にと思い成績だけを急いでアップしました。
今日は写真を少しだけ・・・そして今の思いをアップしますね。
またまたちょっと長くなるので時間のある時に見て頂けたら嬉しいです☆

本当の本当にオランダ・オーストリーのワールドカップ2戦を終えてホッとしたというのが今の気持ち。
オランダのレース後にも書いたように・・・
独立してからは色んな葛藤と過ごしてきた。
楽しむ事やオンとオフのの使い方など色んな事に挑戦してきた。
それは・・・環境を大きく変えた今年、多くの事を試すと自分自身の中で決めていたから。

だけどそのほとんどは日本人としての感覚をはるかに越えるものが多かった。


あまりにも多いオフ。
あまりにも多い娯楽の時間。

この2つに適応する事は私にとって一番難しかった。

だけどこの2つを過ごしたあと、何ともいえない集中力が発揮される。
トレーニングやレースを迎えるときにスーッとそこに集中力を高められるようになった。

これは何とも言えない感覚。すごく不思議な感覚。
だけどこれが外国人とここぞという時に出す力の発揮の仕方なのかな??と最近は感じています。

そして・・・
皆さんもこのオフの多さや娯楽の多さに不安を感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか??

ブログという場ではできるだけ楽しい事をアップする事を考えてきました。
それは努力や苦労は表に出すものではなく、それらは自然と結果として現れるものだと思うからです。

だけど一つだけ、、、皆さんにご理解して頂きたい事があります。
ここ数ヶ月、例えば

「パーティーに行った」
「ポーカーをした」
「レースの合間にDVDを見た」
「スケートボードを買った」

こんな言葉に「そんな事やってて大丈夫なの?」と感じた方は多くいらっしゃったと思います。
両親でさえも最初は戸惑いを感じていたから、きっとこのブログを見てくださっている皆さんもそう感じた方もいらっしゃると思います。


だけど。
私はスノーボード選手であり、プロとして毎日を過ごしています。
常に、何をするにも必ずスノーボード中心に考えるスタイルは変わっていません。
何をするにも次の日のトレーニングスケジュール、今の体調、そういった事を常に考えながら行動をしています。
どんなに楽しむ事をしていてもトレーニングをおろそかにすることは絶対にありません。


ただ。。。
少なくてもここ数ヶ月アップし続けてきた中で不安を与えてしまう事があったのなら・・・
申し訳ありませんでした。


私はここ最近、スイスチームとトレーニングをするようになって
「日本人ならこうだな。外国人ならこうだな。」
って考える事がとても多いです。
スイスチームの中では強気な発言ができる。
それはこちらの文化では「天狗」という言葉もあるけど、強気な発言は「天狗」として受け止めない、前向きな言葉として受け止める。
以前にも「hope」と「must」のことを書いたけど・・・



日本人の中にいる時は
「絶対に勝ちます」
と私は発言できない。
これは日本人の謙虚なよい文化だと思う。

だけどスイスチームにいる時は逆に
「勝てると思う」
と私は発言できない。

そしてこれはスイス人は曖昧な発言を嫌い、ストレートに気持ちを表に出す文化だと思う。


「発言」は本当に難しい。
だけどここ数ヶ月で学んだことは「発言」はとても大切ということ。
今は自分を信頼し信用した発言をする事ができる。

これがこの半年間の中での一番の成長ではないかな、と思っています。

そしてつくづく思うこと。
考え方も育った環境も全く違うスイスチームと行動を共にする事は良い経験。
大変なことも多いけどそれ以上に皆が仲間として受け入れてくれているから頑張れる。

そんな仲間に出会えたことに感謝したい。


そして今回のレースで感じたこと。
それは小嶋コーチと歩んできた9年間があるから今の自分が存在するということ。
スノーボード人生の全てを小嶋コーチと歩むだろうと私は思っていた。
だからこそ、小嶋コーチの元を離れしかも一人で活動すると決めるには覚悟が必要だった。

小嶋コーチから学んだことは計り知れず、だから今こうしてヨーロッパで活動する心の強さがあるのだと思う。

上川高校、クラーク高校、小嶋アカデミーで過ごしてきた9年間は決して楽なものではなかった。
だけどその9年間があったから今、どんな事があっても前向きにそして全てを乗り越えられる事ができる。


そして今、独立してみて感じること。
日本のチームの中で活動する事の方が「楽」であるということ。
少なくてもスイスチームは全ての責任は個人にある。
全てを自分自身で判断し決断していかなければいけない。

そんな中でも戦っていけるように育ててくれた小嶋コーチに改めて
「ありがとうございます」という気持ちでいます。


ここ数ヶ月、私自身が戸惑ったり、感じたことを素直に書いてみました。
いつも強気で生意気なことばかり言っているけど・・・その裏には不安に思うこと、適応する事の難しさを感じているのも事実です。
だけどそれを乗り越えていくことが心から楽しいって思えるから幸せ☆

8月中旬にチューリッヒに到着してスイスチームの皆に会うときは本当にドキドキだった。
最初の1週間くらいは雪上に行っても全く皆とコミュニケーションすらとる事ができなかった。
それが今はちょっかいを出し合ったり冗談を言い合ったり・・・
そして時にはライバルとなり、お互いを応援し合える。
そんな仲間に出会えて本当に嬉しい☆

housyousiki


また今回も表彰式に出ることはできず見る側になってしまった。だけど私も必ずここに上がる。だから今は心からここに上がる選手を讃えることができる。

teamjapan


全力で私のサポート、応援をしてくれて本当にありがとう。寒い中、最後まで応援してくださって本当にありがとうございました。日本チームとしてこれからも皆で頑張っていきたい。

christianwithtomoka


初めてクリスチャンと一緒に写真を撮った。5位6位決定戦が終わった後にクリスチャンはゴールまですぐにきてくれた。
そして抱きしめてくれ「おめでとう!よくやった!もっともっと速くなろう!また11月のトレーニング頑張ろう。」
短い言葉だったけど本当に嬉しかった。
クリスチャンはずっと「tomokaはセルデンでトップ5は固いよ」って言ってくれていた。


それに一歩およばなかったけど・・・
私はクリスチャンの笑顔が大好き。
スタートを送り出してくれるときもどんな時も笑顔で迎えてくれる。
本当にありがとう。。。

また次のレースへ向けてトレーニングが始まります。
今日から28日まではオフです。
ほんの少しだけど日本へ帰ります。
あまりにも短い日本での滞在はあっという間に終わってしまうのかな??
甥っ子の100日のお祝いもある。皆に会えることがとても楽しみ。
また長い長い本格的な戦いはこれから始まる^^

そして・・・スイス・スウェーデンチームからは色んなオツカイを頼まれている(笑)

ipod、貼るカイロ、ブーツ、靴、キネシオテープ・・・・
ちゃんとこのオツカイ果たせるかな(笑)

日本に帰ったらまずお茶漬けが食べたい!
あとはラーメン!
あと髪も切りに行きたいな。
到着してすぐには飯島さんとも久々にトレーニングができる。
5日間しか日本には滞在できないけど充実させた5日間にしよう!!!

今度は日本に帰ることを考えたらワクワクしてきました^^

ではまた^^

tomoka



tomoka_t2007 at 15:07│Comments(0)clip!race 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔