2012年03月22日

スイスチームを卒業して

おはようございます。
ブログのアップ。。。
また遅くなってごめんなさい。

イタリアのレース。
予選2位。1回戦敗退。最終結果9位。
予選を上位で通過しても
なかなか勝ち上がれない苦しいシーズンとなりました。


だけど学んだもの たくさんあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


フェリックスから言われた言葉

「オリンピックのメダルは
 10000%の思いと準備がそこにあって
 初めて手に入るものなんだ」



スイスに活動拠点を置いてから5シーズン
振り返ってみると
多くのことを
   学び 経験し 出会い 成長しました。


スイスというナショナルチームに
飛び込んだとき
全てが新たな世界

言葉を学び
そこの国の文化とルールを学び

そしてこの世界で生き残って行く術を学び

とにかく前を向くこと
それだけが大切だった



ーーーーーーーーーーー

一つの節目なのかな。

5年間いて思ったこと
私は私であるということ。
ヨーロッパに拠点を置いたからといって
竹内智香がTAKEUCHI TOMOKAになることはなかった。

そして心から思う。
日本人として生まれて誇りに思います。


目標を達成するために
どうするべきなのか
毎日毎日、フェリックスと
話し合いました。


そして
勇気を持って
5年間、活動させてもらった
スイスチームを離れることを決めました。


慣れた場所にいることは楽です。
5年前を思い返せば
それは今でも感じる。

A B C (アー、ベェー、ツェー)から学ぶドイツ語。
電車のチケットの買いかた。
友達の作りかた。
生活ベースを作る難しさ。

今はこちらで不自由なく
活動することができる。


ここから離れること。
今はもちろん不安です。

だけど
私はやっぱり
目標の為に道を選び
それに向かって
進むことが好きです。


先日のミーティングで
スイスチームの皆に
感謝の言葉とまた新たな道を歩む事、
そしてその理由を伝えました。

泣いている選手もいた。。。
そして私も涙がながれた。。。




この5年間
10兎のものを追ってきた。

追うものが増えれば増えるほど
大変になることは誰よりも理解していた。

だけど10兎追ったことで
とても大きな土台ができたと思う。

これからは1兎のものを追っていこうと思う。

1兎のものを追う、それだけに集中できる
その「準備」がよううやくできて

やっとそれに向かう
スタートラインに立つことができました。


必ず勝ちたい。
ただそれだけです。


日本人は勝てないと思っていた
日本人にはハンディがあると思っていた


だけど今は思う。

何一つそんなものはなかった。

この5年間でそれを知れた今
私は私らしく
自分の道を歩んで行ける準備ができました。

また新たな挑戦です。
今は5年前の時のように
不安と期待でいっぱいの毎日です。

でも5年前に比べれば
たくさんの経験を積ませてもらい
随分とタフになれたと思う。

どこに行っても
生きて行ける自信もついたかな。

今は
自分に期待できる。
その為に決めた道だから。

これからが楽しみです^^

智香




tomoka_t2007 at 04:57│Comments(10)clip!kokoro 

この記事へのコメント

1. Posted by mitsu   2012年03月22日 06:14
5 日本人には、魂があります。こんな小さな国が世界から一目置かれるようになったのも…。

今後の活躍期待してます。頑張って下さい
2. Posted by 麻生祥代   2012年03月22日 10:22
5 5年間お疲れ様でした。

5年間いて思ったこと
私は私であるということ。
ヨーロッパに拠点を置いたからといって
竹内智香がTAKEUCHI TOMOKAになることはなかった。


とても素晴らしい一文ですね!

日本へ再びお帰りなさい!

そしてそれは・・・単純に日本に帰って来るってことじゃなくて、5年分の経験を詰め込んだ智香さん自身の新たな出発ってことですよね。

スイスでの経験とたくさんの想い。
ソチでの勝利を見据えた、智香さんの再出発を、心から祝福します!

ではまずは長野で(笑)

あそう
3. Posted by SATON PRESS   2012年03月22日 11:49
竹内さんシーズンお疲れさまでした。英断おめでとう。
今では立派なワールドカッパーになりました。しかし世界から
本当に認められるトップ選手の条件は優勝を重ね、シーズンタイトルを
取る必要があります。世界選手権、オリンピックではどの選手も全身全霊
で勝負に挑んできます。心に隙があったら大舞台で勝つことは困難です。
やるべきことはシンプル。勝つことが第1優先、スイスチームでは土台は
築きあげました。フェリックスコーチとともに、優勝に向けてもう1段階
頑張って下さい。道は必ず開けます。
4. Posted by hasetea   2012年03月23日 18:32
 4月になると桜が咲く、ピンク色の季節になります。
広島で、しまなみ海道のサイクリングなんかいかがですか。

海とシーフードとスイーツで、リフレッシュできますよ。
夏イベントもあったら、うれしいです。

5. Posted by たまぞ〜   2012年03月23日 23:01
5 頑張ってください。僕には、ただただ応援することしかできないけど、いつも応援してます!必ず、智香さんなら夢を叶えられると思います。智香さんの最高の笑顔、楽しみに待っています。
6. Posted by しんちゃん   2012年03月24日 20:45
5 正に「道」ですね日本人同士の戦いでは意地とプライドで日本人ナンバーワンになるのに


ワールドカップ、オリンピック等は竹内智香の本心が見え隠れしている感じがしていた気がします

本来の持っているものをスイスチームから離れもっと貪欲に次世代がすぐそばまで来ている事を考えオリンピックへの挑戦を期待してます
7. Posted by yahho   2012年03月27日 15:55
5 頑張れ、、、!!ただただ頑張れ!!!
応援&期待してます!
8. Posted by chris   2012年03月29日 01:29
智香さん、良く努力されましたね。
脱帽です。
今後のご活躍を、願っています。
息子が、アルペンとクロスをしてます。
また、ブラックパールにゾッコンで、また相談に乗ってください。
スイスでの生活、今冬にご苦労様でした。
心から、尊敬と度胸に脱帽です。
9. Posted by shuです。   2012年03月31日 01:54
新たなる高みをめざして↑
2008.2.14初めて会った時から変わっていない
Made in Japan!!
霧が晴れた向こうの峰を目指しまた歩ん行きますね。
そんな智香さんを誇りに感じます。

PS:明日もまた応援します。^^
10. Posted by chris   2012年04月01日 17:37

竹内さん
スイスを離れるのですか。驚き!!
ず〜っと応援してました。

本当におつかれさまでした。

これからの、智香さんの人生が実り多く、楽しく、逞しいものに成ることを、これからも応援しています。

僕の息子(高)も、今シーズンからアルペンスノーボードとクロスを真剣に始めました。
小5から、フリースタイルにしか興味が無かったみたいでしたが、数年前の、智香さんが出演されたNHKの情熱大陸の録画を見て、僕のアルペンボードにのって、アルペンの世界の素晴らしさと奥深さに心動かされたみたいです。

先日、16歳で、初めて鹿島槍のクロス大会に出場しました。
息子は、今後もアルペンを練習していく気持ちを強くしています。
来年は、貯金してブラックパールのボードを買って頑張ると言っています。

智香さんの素晴らしさが、息子の心に強く刻み込まれたみたいです。

智香さん、今後も、親子で応援していますね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔