2012年12月07日

ご報告

こんにちは

いかがお過ごしですか??
私はイタリアから戻ってきました


さてさて。。。
11月27日の雪上トレーニングで転倒し
スネと脹脛を打撲しました

転倒してる間
「骨ってこうやって折れるんだ」
って思っている時に
板が先に折れました。

板が折れてくれて本当に良かった

板が折れていなかったら
足が折れていたんじゃないかな


そのまま病院に行ってレントゲン
骨も問題なしと言われたので
痛みが引くのを待ち。。。
私生活やフィジカルトレーニングでは痛みが引いたから
イタリアに行って雪上を再開

だけど
ブーツの中で圧迫されて痛みが一気に強まり
1ターンもすることができずに1本で終えて
インスブルックの病院に直行してMRI

「血腫も水腫もなく、骨も問題なし」

そう言われて安心。

あとは治療を続けてフィジカルトレーニング生活

こちらに来てGSトレーニングは2日間。
イメージも調子も充分に良い状態にあるので
休む時は思い切って休んで
できることをやろう


本当は怪我したこと。。。
すぐに治ると思ったから
報告するつもりなかったけど

あまりにも雪上の写真や報告ブログを全く書けないし
これから治療とフィジカル中心の生活になるから

ありのままの状態を書きました


今回のは怪我というほどの怪我でもないけど
滑れない状況なのは事実。

幸いにも今回の遠征には
SAJでフィジオを派遣してくださったので
ケアもしっかりできるし
スイスの友人の治療院で
超音波や電気治療などもしてもらっています。

インスブルックの病院でも
フェリックスのお陰で
すぐにMRIの予約を入れてもらえたり。。。

どこに行っても素晴らしい環境です。

滑れない状況なのに
今でも変わらず12月21日のレースが
本当に楽しみです。

これだけ積み上げてきたのだから
この数週間滑れなくても
身体や脳は全てを記憶してる。

レースまでにまずは痛みがなくなれば問題なしです。

打撲ばかりは。。。
誰に聞いてもいつ痛みが引くか検討がつかないという答え。
気をながーくして待ちます☆

さてこちらは20時半。
そろそろ寝よ

おやすみなさい☆
智香


tomoka_t2007 at 04:33│Comments(2)clip!怪我 

この記事へのコメント

1. Posted by sato   2012年12月07日 10:56
板が折れてくれ、骨折でなく良かった。
今、アルペン女子も2名負傷し、復帰を目指しています。
何度も怪我を経験したアルペンの佐々木明は清沢選手に
選手に怪我はつきもの。怪我は直す為にあるとアドバイス。
同じく、怪我から這い上がった32歳皆川賢太郎は今季、同じく
ナショナルチームを落ちた佐々木明と別々の場所で、W杯出場
権利を賭け、若手の選手と戦ってます。

 世界選手権代表資格の基準もありますので頑張って復帰を
目指してください。世界選手権で悲願のメダルを取れる様に。
2. Posted by masa   2012年12月07日 22:14
本当に、大きな怪我でなくてよかったですね。
焦る気持ちも消しきれないかもしれませんが、今できることにベストをつくしてくださいな。

日本は今日の夕方も大きな地震がありドッキリでした。宮城では津波警報も出て気温2℃程の中、数千人が避難したようです。まだまだ落ち着きません。

応援しています。しっかりねー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔