2018年12月05日

北米遠征copper

おはようございます

北米遠征から帰国しました
帰国して3日目。
何とも言えない疲労感で
毎日20時前後に寝て
10時頃に起きるという
グッタリと深い睡眠にはまっています

しばらく
”スノーボード”から頭が離れていて
久々に雪上に立ち
しかも、
そのチームはオーストリアチーム。
いろんな意味でとっても刺激されて
毎日クタクタだったけど
とっても充実

初めてスイスチームに行った時も
ものすごい充実していたと同時に
疲労感もすごくて
暇あれば寝ていた事を
思い出し、それと重ね合わせてました

ーーーーーーーーーー

あっという間に12月。
2018年もあともう少しですね

日々の経過はあっという間で
最近は
その月日の積み重ねを
とても重く、そして有難く感じる。

ふとしたその時の思いで
アメリカに行くことを決めて
あっという間に終わった
2週間の北米遠征。

今回は
オーストリアチームと一緒に
練習させてもらい
カッパーマウンテンのマーティンに
コース手配からコンドミニアム
レンタカー
色々な面でお世話になりました
アメリカ、コロラド、カッパーと言えば
絶対のSkiAmericaさんに
初めての一人カッパー遠征を
サポートして頂いて
最高に充実した遠征となりました。

去年までは
チームスタッフがいて
アスリートとして
最高な形で過ごしたアメリカ。

今年はアスリートとしては
ちょっと距離を置いて過ごしたアメリカ。

面白いもので
その"ちょっと"した意識の違いが
メンタルにどんな影響を及ぼし
それらが日々の
身体の
コンディションニング/技術/時差/標高など
全ての面において
今までと違う変化があること。

ココには書ききれないけど
いかに"メンタル"がもたらす影響が
大きいのか
改めて感じさせられました。

こんな経験ができるのも
競技から一歩引いた中で
滑られるから。

わかってはいることなのに
メンタルの使い分けをする事の
難しさと面白さを
自分の身体で実験したような感覚で
学ぶ事の多い遠征でした。

これらの経験、
もともと豊富な方ではあると思うけど
もう少し早い段階で経験できていたら
競技生活に違った形で生かし
違った世界が見えていたかも
とも感じました。


それらの新しい経験は
今後の選手生活としてなのか
人生としてなのか
または
次世代へ繋いでいく為なのか
どんな形であっても
今後に生きる経験ができたこと
今回の遠征の大きな財産です!

と。。。
そんな充実した遠征でした

今回のブログは長くなってしまったから
次回に写真をたくさんアップします

智香

tomoka_t2007 at 06:34│Comments(1)clip!snowboard 

この記事へのコメント

1. Posted by RS   2018年12月05日 22:00
たけ智さん、こんばんは!
北米遠征トレーニング大変御苦労様でした。
山手線新駅の駅名が「高輪ゲートウェイ」に
そして今日、東京メトロ日比谷線の新駅が
「虎の門ヒルズ」に決定したそうです。
東京が少しずつ変化していますネ。。。
このところ記録的な暖冬が続いていますが、
明日の朝は平年並みの気温に戻るそうです。
どうぞ健康に留意されて下さい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔