2020年01月12日

和寒スキー場の50周年記念事業トークショー

おはようございます

2020年も充実した日々を
過ごすことができています

年明け一つ目のお仕事は
和寒スキー場の50周年記念事業トークショー
IMG_5942


10歳の時に
東川町のキャンモアでスノーボードを初めて
15歳〜18歳は和寒スキー場に
たくさんお世話になっていました。

中学生の時は
学校が終わってからバスで旭川駅まで、
旭川駅からワンマン電車に40分くらい乗って和寒駅へ。
和寒駅からスキー場まで20分くらいを徒歩。
そんな日々を過ごしていたことが
とても懐かしい。

初めて五輪に行ったときは
ここのスキー場から出発

町の皆さんがジンギスカンをして
五輪へ送り出してくれたことが懐かしい

トークショーでは和寒出身の
加藤大平選手と一緒に。

当時、加藤選手がジャンプを練習している横で
私はスノーボードの練習

小さなスキー場だけど
雪質がとっても良くて
そして、レストランに入れば
”おじちゃん、おばちゃん”がいて
ストーブを囲みながら世間話。

そんな日があったから
今の私がいるのだと思います。

一つ一つの出会い、原点を大切に
これからも日々の積み重ね、出会いを
大切にしていきたいと思います。

智香




tomoka_t2007 at 08:41│Comments(2)clip!news & event 

この記事へのコメント

1. Posted by RS   2020年01月12日 23:00
たけ智さん、こんばんは!
トークショーの登壇ご苦労様です。
世界はビックニュースが飛び回っています。
中でも米イ衝突には驚かされましたが、
なんとか回避されそうで一先ず安心しました。
寒波襲来の予感、健康に留意されて下さい。

2. Posted by Flachau   2020年01月15日 03:40
お仕事お疲れさまです。道北も雪不足に悩まされているようですね。キャンモアは年明けにやっとオープンしたとか。年内は比布もあてにできず、日向まで行く内地のチームもあったと聞きます。11日にBrixentalに入りました。こちらでも雪不足です。13日、14日とKitzbuehelへ行きました。Hahnnenkammをボードで滑り降りる竹内選手の姿を想像しました。向こう数年,AmadeではなくKitzにハマってみます。+今シーズン、比布のシーズン券を購入しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔