2020年10月01日

卵子凍結

昨日のNEWS23を見てくださった皆様
ありがとうございます。

こちらからも見れます。
 →ココをクリック

2022北京五輪を目指すにあたって
この2年半に
たっくさんの出会いや経験、転機があって
競技の世界に戻る事を決めました。

そして
競技の世界に戻るにあたって
一つの支えになったことが

 卵子凍結でした。


この2年半の間に多くかけられた言葉
 ”北京目指すの?”
 ”結婚は?” 
 ”子供は?”

数え切れないほど
この言葉と向き合ってきました。

そしてそんな言葉を
かけられるような年齢になったんですね。
子供の頃からの夢を追いかけ続けていると
自分の年齢の立場がよくわからなくもなります。

36歳である私自身が
これら全てに
しっかりと向き合わなければいけないこと
十分に理解しているつもりです。

でも年齢を重ねるとともに
そんな声は
将来の子供を失って行く確率が高まっていることを
自覚する瞬間でもあり
時にはそれらがストレスとなり
イライラしてしまうことも多かったと思います。

やりたい事、目標、夢
たくさんあることは幸せなことだけど
どれかを諦めることは難しかったです。


少し話は変わりますが
私は2009年の春に卵巣嚢腫の手術をしました。
2008-2009シーズンは
腰痛が酷くてMRIを撮った時に
たまたま卵巣が写り
卵巣嚢腫があることがわかり
すぐに手術をしました。
この手術をしたことで
将来の妊娠率は変わるのかな?
とても興味を持ち調べるよにもなりました。
実際に私は手術をした方の卵巣から取れた卵子は
反対側に比べて少なめでした。

手術をきっかけに
産婦人科で定期検査を受けるようになりました。
そしてヨーロッパでは
比較的にオープンに出産、子供、卵子の老化
それらについて話すことが多く
自然とこれらのテーマが身近にもありました。

なんとなく自分の中で決めていた
選手としてのリミットは34歳なんだと
そう思っていました。

だけども
たくさんのお医者さんたちが研究し
医学や科学が進化したことで
卵子凍結という選択肢に出会える時代に
生きています。
だから
もう少し、私は選手として過ごしたいと思います。
そして
将来の子供の可能性も残したいと思い、
この決断をしました。

私はいつも出会いに恵まれている。
今回も
お医者さんはじめ、看護師さん、受付の方
みんながとても親切に丁寧に
一つ一つ説明をしてくれたので
安心して
そして未来への期待を持って
卵子を凍結することができました。

卵子凍結は
たくさんの事を考えさせられました。
私はこれをきかっけに
一度しかない自分自身の人生について
改めて立ち止まり、丁寧に考え
向き合うことができたのではないかと
思っています。

真剣に人生、競技、子供、命について
考えて決めた選択です。

この卵子凍結が将来の子供を
絶対に保証してくれてるものだとは
思っていません。

そこにはメリットもデメリットもある事を
十分に理解した上で
どうしても2022北京五輪を
もう一度目指したかったから
今の私にとって
最適な選択肢だったと思っています。

どんな事も
夢や目標を達成するって
決して簡単なことではありません。
どんなに努力をしても手に入らないことがある
そんな経験もたくさんしてきました。

もしかしたら
五輪の金メダルも
将来の子供も
両方、叶わないかもしれないし
両方、叶うかもしれない。

だけども。
私は両方、叶えたいと思っています。
叶えるために
できる努力を
全てしたいと思っています。

そうする事で
将来、どんな結果が待っていても
それを受け入れらると思っています。

北京五輪2022に向けて
できる準備を全て行い競技の世界に戻りました。
たくさんの経験と準備をして
覚悟を持っての競技復帰
全力で納得のいく日々を積み重ねて
最高な人生にできたらいいな。

智香

tomoka_t2007 at 08:45│Comments(9)clip!private 

この記事へのコメント

1. Posted by Big -Hiro   2020年10月01日 10:31
思いっきり、北京五輪楽しんで下さい👍
2. Posted by あお   2020年10月01日 13:14
5 初めてコメントします。
37歳独身、仕事が楽しくて今まできました。
今頑張りたい目の前のことと、本当は今頑張らないといけないかもしれない未来のこと。
30を超えてからどんどん迷いが大きくなって、100%楽しんだり集中したりが出来なくなってしまっていました。
卵子凍結って言葉は知っていても、すごくハードルが高くて、そこまではって躊躇する自分もいて、、、
でもわたしも両方手に入れられるように、もしも手に入らなくても精一杯したんだと思えるように、ちゃんと調べたり考えてみようと思います。
本当に人生のおおきなきっかけになりました。
ありがとうございます。
3. Posted by 鈴木浩之   2020年10月01日 13:16
竹内さんに影響を受けて2年前、50歳の節分の日にスノーボードを始めました。
その翌年は訳あって一度も滑りに行けませんでした。
今年の春は、数回ほどゲレンデに通ったところでコロナの為、営業終了となりました。

人生いろんなコトがありますね。

二人の娘の親としても、竹内さんの決断を応援しています❗🌠
4. Posted by Susumu   2020年10月01日 14:23
智香さんへ

SNSでスイス遠征についてのご報告、ありがとうございます。水際対策で難しい中、自宅待機の生活も前向きにお伝えされていて、智香さんらしさをいつも感じています。

今回のことも、オープンにシェアしてくださり、ありがとうございます。2014年と2018年大会で感動をもらった方々は多いですし、きっともっとファンが増えたはずです。

私もファンとして智香さんがお選びになる道は全て尊重してきたし、これからも続けて応援します。
5. Posted by なずなず   2020年10月01日 14:57
5 振り返ってみても自分はこれまでの人生で叶ったことはほんのわずかですが、あきらめず行動していこうと改めて思いました。
大きな勇気をもらいました。
ありがとうございました。
6. Posted by いっち   2020年10月01日 19:25
色んな事が言われると思うけどおいらは応援してます
悩んで苦しんでいる誹謗中傷もあるかもしれないけど応援してる人も居るから悩んでる事があるのなら応援してる人達にそうだんしてください
絶対1人では考えないで
応援してる人達はあなたが好きだから
7. Posted by RS   2020年10月01日 23:00
たけ智さん、こんばんは!
あれ〜残念、昨日の番組気が付きませんでした。
今年もいつの間にか10月に入ってしまいましたネ。
中秋を迎え、健康に留意されて下さい。
8. Posted by noel   2020年10月02日 13:13
竹内さん
オリンピックに出場されたときからずっとファンでした。
私は33歳独身で、ハンドメイドで色々なものを製作して販売しています。夢は自分のブランドを持つことです。
今年チョコレート嚢腫と子宮内膜症があると診断され、ステイホームのさなか結婚のこと、子供のこと、自分の将来のことを真剣に考えた時でした。
卵巣に病巣があるので卵子凍結をした方が良いかもしれないと思っていた時に、竹内さんの卵子凍結の報道を拝見して、とても勇気をもらいました。私も全部叶えたいと思います。

遠くから、いつも応援しています。
身体に気をつけて下さいね。
9. Posted by ゆきねー   2020年10月06日 20:40
5 智香さん、体調はいかがですか?
大変なのは、私もわかります。
智香さんの勇気に本当に感動しています。

私も頑張らなくちゃ!!

勇気をありがとうございます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔