2021年03月12日

スロベニア


こんにちは

スロベニア/ログラで開催された
世界選手権とワールドカップを終えて
スイスの家に戻りました

世界選手権
PGS 7位。
PSL 13位。
PGS 予選1本目で転倒。

中国で開催される予定だった世界選手権が
コロナの影響でキャンセルとなり
スロベニアでの代替開催となりました。

ログラは一番と言って良いほど
PGSとして簡単なコース。
タイム差がつかなく、
求められるものは技術もですが、それ以上に勢い、
そんなイメージのレースです。
IMG_8877

五輪や世界選手権は
比較的長いコース、難易度が高いレースばかりなので
私にとっては
このログラでの世界選手権は
自分の長所を発揮しにくいコース
そんなイメージです。

IMG_9147
そんな中でも
調子が良かっただけに
メダルも狙っていたので
ベスト8というリザルトは
非常に悔しいレースではありますが
久々の世界選手権は
来季に向けて、そして五輪に向けて
とても良いステップになったと思います

ゴールのベストポジションには
BPのバナーもあって
たくさんテレビにも映りました
IMG_8895

ここからは
ここ最近撮った写真

ワックスルーム。
ボードのメンテナンスは
スイスのサービスマンに
サポートしてもらっています。
スイスチームのサービス空間は
ボードも綺麗に整理整頓できるように
全てがセットアップされています。
こういうプロフェッショナルな仕事スタイル
さすがスイス!と思ってしまう瞬間です

IMG_8926

部屋の壁に飾ってあって鹿のオフジェで
遊んでみました

FullSizeRender

今回は片道9時間のロングドライブ。
Julieと一緒に移動
Julieが3位になったことで
コロナ禍で厳しい国境通過も
お花を見せれば書類チェックなしで
簡単に通過
さすがウィンタースポーツの国

IMG_9016


そしてココからは
世界選手権前の練習場所での写真たち
最高な景色最高なコンディション
世界選手権前に2回の雪上セッションがあり
1回目はスイスのGrindelwaldsにて。
IMG_8502
Grindelwaldsという観光名所。
景色もコースも環境も最高でした。
IMG_8521
パラレルスタートゲートを使っての練習
IMG_8494
スタートではレースのように
サービスマンがサポートしてくれる
IMG_8490
モービルでの練習は
効率が最高です
IMG_9149

レストランは全てクローズなので
お昼ご飯はテイクアウトで
外でピクニック気分
FullSizeRender

IMG_8514

ゴンドラ降り場にあった牛
滑り台になっていて
口が出口
こんな遊び心も最高
IMG_8549

スイスチームスタッフの
粋な計らいでホテルは五つ星ホテル。
ホテルの皆さまのサポートに感謝です
IMG_8428
FullSizeRender

2014年に
当時の皇太子さまも宿泊したホテル。
この時、スイスと日本の国交100周年ということで
皇太子さまがスイスへ
この時皇太子さまはスイスの皆さんに

“竹内智香がメダルを取れたのは
 スイスの皆さんの
 サポートがあったから“

と感謝の言葉を伝えてくださったこと
一生忘れません。

IMG_8427

チームに集合するたびに
コロナテスト
もはや日課になりつつあります
IMG_8436

そしてスロベニアに入る直前の
2回目の雪上セッションは
オーストリアで3日間合宿。
コロナ対策でホテル全て貸切という
スイスチームらしい行動力

お部屋から見える景色も最高です

IMG_8696
貸切なので、ホテルの方が
“全部を家のように使っていいよ“
と。
伸び伸びと快適生活でした
IMG_8768

最後に集合写真
お食事もお部屋もホスピタリティも
全てが最高で
快適な調整合宿になりました

スイススタッフは
選手に最高な環境を提供しようと
1000000%の努力をしてくれる。

だから選手も最高な滑りで恩返しをしようと思う。

そんな最高な素晴らしいチームです
IMG_8746

たまにある、チームのフィジカルトレーニング
IMG_8822

オフの日のお散歩での一枚
スロベニアはコロナバブルルールで
ホテルエリアから出ることが禁止。
近くに塔ができていて、
ここがお散歩コースになっていました。
行くところがないから
選手たちみんながココに集合
IMG_8958

クラウディアと遠近法写真
IMG_8955

シーズンももう少し

最終戦のPSLは出場しないで
帰国するつもりでしたが
SLも成長中なので
エアチケット変更して出場することにしました

そして
こちらに来て半年。
日本に帰国したい
って気持ちが強くなると思っていたけど
そうでもないことにビックリ

帰国しても
隔離ルールがまだ厳しいので
こちらにもう少し滞在して
来季に向けて
マテリアルテストをしっかりしよう。

そして
スイスチームのコロナルールが厳しく
スイス家族やこちらにいる友達とも
全く会えてないから
全レースを終えて
みんなに会いに行けることも
今は楽しみの一つにもなっています

来季に向けてのミーティングや
ビザの手配、全ての準備をして
2021-2022、スムーズに始動できるように
しっかりと準備をして
帰国しようと思うこの頃です

智香


tomoka_t2007 at 18:54│Comments(0)clip!race 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔