2009年11月

2009年11月30日

北米遠征を終えて☆

おはようございます

昨日の真冬の挑戦者は
いかがでしたか??

一人でも多くの人に
この競技の楽しさを知ってもらえたら
嬉しいな

カッパーでの練習を終えてからは
スイスでフィジカルトレーニングに
明け暮れていました

やっぱりここは
落ち着いて練習ができるし
トレーニング環境が100%整っていますね

そして北米遠征に出発する前よりも
フィジカルが上がっていることが
何よりも嬉しい


今回の北米遠征
本当に充実していました

強い自分とも
弱い自分とも
向き合うことができたんじゃないかなぁ。


短期間で
こんなに
多くのことを考えられて
いろんな技術習得に
集中できた遠征は
始めてかもしれない。

今は
自分でしっかりと考えて
ソレに向かって
頑張ることができる。

これが今回の遠征での
何よりもの成長かな。


今回の遠征期間には
個別ミーティングもあって。

クリスチャンと
今季のゴールについて、
そしてその後のゴールについて
長い長い先の
人生設計について
どう歩んで行くか、

チームのこと。

コーチングのこと。

マテリアルのJux

いろんな事について
話し合いました。




今回の遠征で嬉しかったこと。

後からシモンに聞いた話だけど
フレンツィがシモンに
『智香がチームにいてくれて良かった』
って言っていたことが
一番嬉しかった。

始めて
このチームに
必要な存在として
見てもらえたような気がする。

今、
フレンツィは
良きライバルであり
切磋琢磨し合える
仲間だと思う。

きっとフレンツィも
そう思ってくれているはず。


私とフレンツィは対照的な性格。
持っている技術も対照的。

だからこそ
お互いに得られるものが
本当に多くあると思う。

今回の遠征は
本当に切磋琢磨できました。


今回の前半は
より技術と限界スピードを上げて行く練習。
後半はファイナル用の滑りを練習しました。

この練習は少し辛かった
前半でせっかく得た調子の良さを
また壊して
新たなことへ取り組む事。

それを充分に理解して
新たなテクニック習得に
踏み切ったけど。。。

やり始めた最初は
本当にできなかった。

まともなタイムすら出なくて。。。

元の自分のスタイルの滑りをしてみると
タイムが伸びる。

新たなことへ取り組む事によって
リスクはいつもつきもの。
だけど、、、
今回は
『せっかくあんなに調子が良かったのに。。。』
『やっぱり、この練習は辞めようかな』
って思う日が強くありました。

それでも
前だけを向いて
また新たな感覚を得られたのは
チームのお陰だと思う。


そんな充実した北米遠征は
オフの時間も充実していました

写真をアップしますね。
まず最初にBMZの高橋さん
シモンのブーツをチューンしているところ。
最終調整として
また今日からスイスへ来てくださります
IMG_0553


そしてレース。
今回のノルアムは。。。
計測機の調子が悪くて
PGSからGSになり。。。
あげくのあて。。。
スタートの位置が
ずらせないということで
1ゲート目からバナナ
IMG_0580


そしてオフで一番楽しかった事は
釣り
ジミーさんに釣り道具を
オーガナイズしてもらって
最終日は一緒にいきました☆
IMG_0571


そしてBBQ☆
ここのお肉は最高に美味しいです^^
IMG_0586


最後にスイスの景色
この写真を撮った日
スイスの新聞社の取材を受けました。
こんな経験も本当に貴重ですね
IMG_0590


さて今から移動して
明後日から練習です☆

智香

tomoka_t2007 at 09:04|PermalinkComments(1)clip!snowboard 

2009年11月25日

お知らせ。


11月28日(土)
BS−TBS
「真冬の挑戦者〜バンクーバーへの道〜」
23時00分〜23時30分放送
にて特集されます。

ぜひご覧ください☆


tomoka_t2007 at 05:17|PermalinkComments(5)clip!media 

2009年11月18日

Das Tempo meiner Schritte

Guten Tag.
Ich fliege morgen nach Nordamerika zum Training und zu einem Rennen.

Eine andere Mitteilung habe ich auch noch.
Ich habe den Blog, den ich vom Oktober 2005 bis Dezember 2007 geschrieben habe, wiederhergestellt.

Angefangen habe ich den Blog im Oktober 2005, an dem Tag, an dem das Foto gemacht worden ist. Neben der Skipiste stand das Schweizer Nationalteam.

Ich erinnere mich noch ganz klar, als waere es gestern gewesen.
Am World Cup von Soelden standen ausschliesslich Schweizer auf dem Podest und ich hatte so grosse Ehrfurcht, dass ich nicht einmal gruessen konnte.

Ich habe mir immer gewuenscht, irgendwann in einem europaeischen Team zu trainieren. Dieser Wunsch ist in Erfuellung gegangen und ich lebe heute in der Schweiz. Diese Tatsache kommt mir manchmal etwas wundersam vor.

Ich bin mir aber eines sicher: Wenn du dir ein bestimmtes ?Selbst“ vorstellen kannst, kannst du gewiss dieses ?Selbst“ werden.

Waehrend der Wiederherstellungsarbeit des Blogs habe ich vieles wieder einmal durchgelesen. Beim World Cup von Nedaz schrieb ich einen Aufsatz mit dem Titel ?Auf welchem Weg gehst du?“Damals entschied ich, nach Europa zu gehen. Dass ich diese Entscheidung zufaelligerweise in der Schweiz traf, kommt mir auch wundersam vor.

Ich werde bald 26. Vielleicht kann ich dann ein bisschen reifer werden?

Zwischen 16 und 23 trainierte ich hauptsaechlich in Japan. Mit 17 durfte ich an World Cup teilnehmen und erlebte die Olympiade mit 18 und mit 22 Jahren.
Bisher laeuft meine Karriere als Snowboarderin wirklich sehr gut.

Ich war immer angestrengt in meinem Leben. Ich versuchte schon immer, eine erwachsene, reife Person zu sein. Ich glaubte, ich muss so sein.

Und jetzt bin ich seit drei Jahren in der Schweiz. In diesem Team werden meine Freuden aber auch bitteren Momente immer mit verschiedenen Kollegen geteilt, sie nehmen Anteil und unterstuetzen mich dabei.

In einer schwierigen Situation, in der ich fast rueckwaerts gehe, fragen sie mich nicht etwa: “Warum kannst du das nicht!?“, sondern sie geben mir Ratschlaege, wie ich weiterkommen kann.

Dass ich heute da stehe wo ich heute bin, verdanke ich den vielen Menschen, die mich unterstuetzen. Es gibt keine Dankesworte, die gut genug sind, um meine Dankbarkeit auszudruecken.

Frueher konnte ich mich nie auf jemanden stuetzen oder die Freundlichkeit anderer freimuetig annehmen.

Aber heute kann ich wie ein Kind unbefangen mit Menschen umgehen und um mich herum sind auch viele, die mich mit offenen Armen aufnehmen.

Die Tage in der Schweiz sind das Gegenteil von meiner Junior-Zeit, in der ich mich wie eine Erwachsene verhalten wollte. In Japan bestand mein Alltag nur aus Snowboard-Fahren. Deshalb fehlten mir die Erfahrungen, die alle Jungen in der Schule oder Uni erleben wuerden, im grossen Masse.

Ich war sehr kindisch, wie ein Kind, das noch nicht viel erlebt hat. Vielleicht hole ich alle diese Dinge hier in der Schweiz schrittweise nach.

Ich glaube, jeder hat seine eigene Art und Weise, wie man vorwaerts kommt und wie man sich sportlich entwickelt. Bei mir ist die Reihenfolge des Verlaufes ein wenig anders und die Geschwindigkeit ist sehr sehr langsam.

Heute denke ich, dass jedes Ereignis mich weiterbringt. Darum kann ich immer laecheln, was mir auch passieren wird.

Jeder Tag ist wunderbar und die Menschen, denen ich bis heute begegnet bin, sind mir sehr kostbar. Sie sind so wertvoll, dass ich mir w���nsche, diese Tage sollen ewig so bleiben.

Nach der Begegnung kommt der Abschied. Diese Saison wird fuer mich ein Wendepunkt werden. Auf die Olympia-Saison habe ich mich sehr gefreut. Aber in diesem Sommer musste ich immer wieder an etwas denken; ?Im Herbst komme ich an ein Ziel, aber gleichzeitig kann es vielleicht auch der Abschied bedeuten.“

Die Tage, an denen ich mich auf ein Ziel hinarbeite, sind wie der Count-down zur Freude, aber auch zum Abschied. Dieser Gedanke erschreckt mich an manchen Tagen.

Ich bin keine Schweizerin. Wie lange kann ich noch mit meinen Kollegen zusammen trainieren?

"Warum unterst���tzen Sie Tomoka, obwohl sie Japanerin ist?"
"Wie lange kann sie noch hier trainieren?"
Solche Fragen werden meinen Schweizer Kollegen und Trainer immer wieder von den japanischen Medien gestellt.

Diese Frage habe ich auch mir gestellt. In den letzten Monaten suchte ich Tag fuer Tag nach einer Antwort und fuehlte mich verlassen. Nun habe ich nach meiner Art eine Antwort gefunden: Es gibt kein ?ewig“. Was zaehlt und wertvoll ist, ist das ?Jetzt“.

Natuerlich denke ich ueber meine Zukunft nach und jeden Tag schaue ich nach vorne. Aber…
Wenn du dich allzu sehr darauf konzentrierst, nach vorne zu schauen, wirst du es aus den Augen verlieren, was wirklich wertvoll fuer dich ist, was fuer wertvolle Dinge du jetzt, im Moment, besitzt.

Du darfst diese wertvollen Dinge nicht verzweifelt zu schuetzen versuchen, sondern du brauchst auch den Mut, von dort, wo du jetzt stehst, eine Distanz zu schaffen.

Ich habe nun diese Distanz errungen und sehe ein, dass die wertvollen Dinge, die ich nur in einer sehr engen Sichtweise betrachtet habe, durch viele Menschen, Sachen und Ereignisse gestuetzt werden.

Ich m���chte deshalb ?jetzt“ leben.

Wenn du dir ein bestimmtes ?Selbst“ vorstellen kannst, kannst du gewiss dieses ”Selbst“ werden.

Ich moechte mein Leben mit meinem eigenen Tempo bestimmen.

Heute bin ich sehr nachdenklich geworden…
Ich habe vorher mein Blog von frueher nochmals gelesen. Ich habe gelesen, wie mein bisheriges Leben gelaufen ist. Ich habe ueber vieles nachgedacht, ueberlegt, und eine L���sung gefunden. Und ich habe das Gef���hl, dass der Aufenthalt in den USA sehr gut wird, weil ich mich frisch fuehle.

Man kann einen weiteren Schritt nach vorne machen, wenn die Dankbarkeit da ist.

Die Zeit des Gruens geht in die Herbstfaerbung ueber und jetzt lassen sich die Blaetter auf den Boden fallen. Es ist ein bisschen traurig zu sehen, dass die strahlend roten und gelben Blaetter abfallen, aber das ist auch ein neuer Anfang. Nach dem Winter blueht es wieder und wird Gruen.

Winter ist fuer mich vielleicht die Saison des Anfangs.
Ich reise morgen nach Nordamerika ab, mit der Hoffnung im Herzen, dass ein erf���llter Winter ein Fruehling mit vollem Gr���n bringt.

Tomoka
※このブログは『私の歩むソクド』と同じ内容です。


tomoka_t2007 at 02:52|PermalinkComments(29)clip!snowboard | kokoro

2009年11月14日

動画満載です☆

こんにちは^^
昨日、今日と2日間のノルアムカップを終えました。
結果は3位と4位。
失敗が多かったかな。。。

だけど
今は本当に1ターン1ターンが楽しい。
より速く、男子のような滑りを目指しています。

今までは10%圏内につけることが精一杯だったけど
ここ最近は10%を切ることができています。
男子とのタイム差を縮められることは
私にとって何よりもの喜びかな。

動画をアップしたのでもし良かったら見てください☆
こっちは斜面変化とうねりが多い。
そしてセットの振り幅もかなりきつめです。



こっちは中斜面から緩斜面。
こちらは少しストレート気味のセットかな。



そして先日
SWISS INFOというサイトの
取材を受けました。
アップされているので
もし良かったら見てください☆
スイスでの活動を少し
見て頂けることができると思います^^
こちらをクリック↓

☆動画

☆記事

tomoka_t2007 at 13:50|PermalinkComments(5)clip!snowboard | media

2009年11月10日

充実した練習とオフ☆

おはようございます

3日間の雪上を終えて
今日はオフです

昨日は日本から
BMZの高橋さんが
カッパーまで来てくださいました
現場でブーツの微調整を
受けられることは
本当に助かります。

そしてスイス、
スウェーデンチーム全員が
BMZのインソールを
テストすることになりました

本当にここまで
サポートして頂けることに
感謝です。


さて今日の写真☆
IMG_0541


最近のチームブームです^^
1000ピースのパズルを
2つ終えました
これから買い出しに行くので
新しいパズルを買ってきます☆

IMG_0539


そしてチームブームの二つ目。
wiiです。
マークがスイスから
持ってきていて
みんなハマってます^^

IMG_0551


そしてこれはマークが
スーパーで買ったもの。
帰りの車で
マークは私の後ろに座っていて
マークがいきなり
『ガァッッッッッッッー!?
と言ってきて
振り向いたらこの顔。

あまりにもビックリして
前に座っていたシモンの席まで
逃げてました

シモンとマークとローランドと
買い物に行って
この事を知らなかったのは
私だけで。。。
ものすごく悔しくて。。。
宿に戻って
丁度クリスチャンが
部屋に来たから
ドアを開けたと同時
私がクリスチャンを
驚かしたら
ものすごい驚いて。。。
その勢いで
殴られて突き飛ばされました(苦笑)

と毎日、
トレーニングもリラックスタイムも
充実して過ごしています☆

ではまた^^

智香



tomoka_t2007 at 01:03|PermalinkComments(2)clip!snowboard 

2009年11月08日

北米遠征☆

おはようございます

無事にアメリカに到着して
トレーニング開始しています☆

前回のブログをアップしてから
スイスを出発したけど
本当に心技体全てが整って
ここに来られた今
非常に良い練習ができています

調子もとても良いです

スイスでも調子は良かったけど
今は心から
1ターン1ターンを
楽しめている。

昨季の良い感覚
プラス
また新たなテクニックを
身につけられる遠征になりそうです

たぶん、
ここではほとんど
インターネットはしないと思うから。。。
また気まぐれに
ちょくちょく
アップしますね

今日の写真はビベからもらいました。

IMG_2898


やっぱり
スノーボードが上手になるには
心が一番大切ですね☆

つくづく
そう感じる1日でした

智香

tomoka_t2007 at 02:49|Permalinkclip!snowboard 

2009年11月04日

私の歩むソクド。

おはようございます
明日から北米遠征です

さて一つお知らせです☆
2005年10月から2007年12月の
過去のブログを復元しました

ブログは2005年10月から始めていて
この写真を撮った日。
このコースの横にはスイスチームがいました。

この写真を撮った数日前の
セルデンのワールドカップでは表彰台を
スイス勢で独占していたこと、

そんなチームに恐れ多くて
挨拶もできなかったことを

昨日のように覚えています。

いつかヨーロッパのチームで
活動したいと思っていたものの
こうして今、現実となっていることが

今は少し不思議かも。


でも思う。

思い描いた自分が
そこにあるのなら
その自分に
必ずなれる。


過去のブログを復元しながら
多くを読み返しました。

nedazのワールドカップで書いた
どちらに進みますか?

これを書いたときは
ヨーロッパへ行こうと
心に決めたトキでした。

偶然にもそう決断したのが
スイスという国だった事も
不思議な感覚です。


もう少しで
26歳になろうとしている今。

ほんの少し
大人になれそうかな。

日本を拠点にしていた
16歳から23歳。
17歳からワールドカップを転戦させてもらい
18歳と22歳でオリンピックを経験しました。

私は本当に恵まれた
スノーボード人生を
歩んで来ていると思う。


いつも必死で。
いつもいつも
大人であろうとしていて。。。
そうあるべきだと思っていた。


そしてスイスに来てからの3年間。

今のこのチームは
喜びも辛さも
いつも両方を
共有してくれて
支えてくれる。

苦しくなって
後退しそうになるときに

『なぜできないんだ!?』

ではなくて

いつも必ず
どうしたら
そこを乗り越えて行けるか
アドバイスしてくれる。

本当に感謝では表せないほどに、

今の自分が存在するのは
支えてくれる多くの人たちのお陰です。


私は誰かに頼ったり甘えたりできる
性格ではなかったと思う。

だけど今は
子供の様に伸び伸びと過ごすことができて
そして甘えさせてくれる人がたくさんいる。

大人びて過ごしてきた
ジュニア時代とは
対照的な今。

日本にいた頃。
スノーボード漬けの毎日だったから
私は皆が高校や大学で経験するような
一人の人としての経験は
ものすごく欠けていたと思う。

ものすごく幼稚で
何も知らない
子供だった。

その空間を
今はここで、スイスという場で
少しずつ経験しているのかな。


人にはそれぞれの
歩み方と歩む速度があると思う。

私はその歩む順番がほんの少し、人と違う。
そしてその速度はものすごくゆっくり。

どんな出来ごとも
全てが糧になると思える。

だから今はどんなことがあっても
いつも笑っていられる。



そんな毎日が
本当に素晴らしくて
今日という日まで
出会ってきた人たちが
本当に大切。

大切すぎて。。。
あまりにも大切すぎて
『永遠』でありたいと考えてしまう。
出会いがあれば別れがある。

一つの節目を迎える
このシーズン。

とても楽しみにしていた
オリンピックシーズンだけど
この夏、秋は
一つのゴールに近づくと同時に
『別れ』を意味してしまうんじゃないかと
考える日が多くありました。

ゴールまでの日は
喜びへのカウントダウンであると同時に
別れへのカウントダウンでもあるのかなって。
怖くなってしまう日がある。

私はスイス人じゃないし
いつまで
今のスタッフ、仲間と
頑張って行けるのだろうか。

取材を受ける度に
スイス人へこんな質問が飛ぶ

『なぜ日本人の彼女にそこまで捧げられるのですか?』
『彼女はいつまでここで活動できますか?』

私も自分自身にそんな
質問を問いかけていたような気がする。

答えを求めたここ数ヶ月は
毎日が寂しかった。

だけど私なりに見つけた答えは
『永遠』なんてないと思う。
大切なのは『今』だと思う。

もちろん、
将来のことも考えるし
日々、前を見て過ごしている。

だけど。。。
あまりにも前を見すぎたり
計算高く過ごしてしまうと
本当に大切なもの。
今、目の前にある大切なものが
なんなのかわからなくなってしまう。

大切なものを
必死に守ろうとするのではなくて
一歩そこから下がる勇気も必要だと思う。

一歩下がることができた今、
ものすごく狭い世界で見ていた
『大切なもの』が
どれだけ多くのヒト、モノ、コトに
その『大切なモノ』が
支えられていたのか
今は感じられる。


だから
『今』を生きようと思う。


思い描いた自分が
そこにあるのなら
その自分に
必ずなれる。

私なりの歩み方でゆっくり生きて行きたい。


なんだかものすごぉく
重たい内容になってしまったけど。。。

今まで歩んで来た
過去のブログを読んで
いろんな事を考えて考えて

そして解決して
また新鮮な気持ちで
アメリカに行ける今、
とっても良い遠征になりそうな気がします☆

感謝できたとき
また一歩前へ歩めると思う。

緑から紅葉の季節になり
そして今は
散り始めています。

鮮やかな紅葉が
散ってしまうことは
少し寂しいけど
また新たなスタートなんですよね。

冬を越すと
また緑が咲く。

私にとって冬は
始まりの季節なのかな?
充実した冬が
春に緑になっていることを願って
明日から北米へ行ってきます☆

智香

tomoka_t2007 at 03:32|PermalinkComments(6)clip!kokoro 

2009年11月03日

充実☆

おはようございます

10日間のフィジカル期間、
のんびりとマイペースに
過ごすことができています

午前、午後は練習して
夕食後は映画に行ったり
本を読んだり
DVDを見たり
散歩したり
そんな毎日でした^^

やっぱり
こちらを拠点にするからこそできる
のんびりとした生活です

つくづく
移動と時差ぼけが少ないことは
素晴らしいと感じる

今日はDie Paepstin
見てきました。
いろんな事を
考えさせられる映画でした。
こちらを→クリック

明日の夜は『this is it』を
見に行く予定です^^

昨日の産経新聞に記載されましたので
もし良かったら見てください☆

良い1日を☆

智香

tomoka_t2007 at 06:38|PermalinkComments(0)clip!private