2017年03月

2017年03月18日

世界選手権とドイツ最終戦の欠場。

こんにちは

世界選手権を終えて
次のワールドカップ会場のドイツへ
移動してきました。


3月14日。
PGSが開催される予定でしたが
強風と視界不良のため16日へ延期。

3月15日。
予定通りSLが開催。
予選1本目3位。全体11位で決勝へ。
最終順位11位。

3月16日。
延期されたGSが開催。
予選1本目2位。全体8位で決勝へ。
最終順位10位。
2017-03-18-15-18-18


ーーーーーーーーー
2016年3月18日に
左膝前十時靭帯の再建手術を受けた時に
立てた目標は
この世界選手権までに戦えるレベルまで
必ず間に合わせて復帰すること。
そのためにには
時には勇気を持って
リスクのある大会や練習は回避し
膝を最優先に考え
休むことが大切であると。。。
ーーーーーーーー

私の周りには
全ての分野においての
スペシャリストがいてくれて

手術、リハビリ、トレーニング、食、
マテリアル管理、雪上プラン、、、、
そしてそれを支えてくれるたくさんの人たち。

そんな人たちが
いつも正しい判断をしてくれて
最高の技術を提供してくれたことで
目標としていた世界選手権まで
世界のトップで戦えるところまで
しっかりと戻してくれて
世界選手権会場に入ることができました。

これからいよいよ!
というところで
スペインの異常の暖かさで
通常なら5月6月ころからなる
花粉症や咳喘息、、、、
そしてそれに加えて苦手な高地。

体力が落ちに落ちたところで
何かにあたったのか
下痢に嘔吐。。。

スイスチームのドクターにも診てもらい
できることはしましたが、、、

最後の最後で
体調を崩して挑むことになってしまった
世界選手権。

とにかく悔しくて
ただただ残念です。


だけども。。。
体調管理も含めて
全てがアスリートとして大切なことであり
全てをひっくるめて
この結果は
自分自身が引き寄せたもの。

悔しいけども
どんな状況においても
その時できる100%以上の準備をして挑むスタート。
だからどんな結果でも受けれいて
また前へ進むことができる。

世界選手権はほろ苦い思い出となりました。

ーーーーーーーー
そして今日はドイツワールドカップ。
今季の最終戦です。
ここは去年、プレジャンがあり
怪我をしたところ。
”またプレジャンがあれば出ない”
と決めていました。

しかし
そのプレジャンは今季はありませんが。。。
今の自分のコンディションを冷静に考えて受け止めて
欠場することを昨日、決めました。

もちろん、
会場に来て
目の前にスタートがあると思うと
やはり
どうしてもスタートしたくなってしまう。

世界選手権も決して戦えるレベルではなかったけど
目の前にスタートがあると
スイッチが入ってしまい
戦える最低限のレベルまで引き上げあれる。


今回のドイツもそうできた思う。
だけども。。。
丁度一年前の3月18日に手術をしてから
通常であればシーズン終了後1ヶ月半くらい
体を休めてから始動するけど
昨季は
休むことのなく次に向けてリハビリがスタート。


365日、頑張り続けてくれた身体の声に
しっかりと耳を傾けて
欠場することを決めました。

不思議なもので
365日経った今、
丁度一年前の同じホテルの同じ部屋にいます。

トレーナーの岳さんに
”前十字靭帯切れてるかも”と言われ

ーどこでMRIを取ろうか?
ーどこで手術をしようか?
ーリハビリはどうしようか?
ーいつ雪上復帰できるのか?
ー来季には間に合うのか?

そんな話をしてたなー。
 “大丈夫。間に合う”
という思いがあると同時に
一瞬でも自分の弱い部分に耳を傾けると
崩れ落ちそうな自分もいて
前十時靭帯が切れていないことを願い
早く治ることを考えていたかな

今、同じ部屋にいて思うことは
全ての分野において
その時々に素晴らしい人たちに出会い
最高な環境で
今季、戦えることまで戻れたこと。

世界選手権の結果と内容には
悔しさが残りますが
2016-2017シーズン。
満足はしていないけど
納得しています。

素晴らし経験をさせてもらえた1年に
そしていつも変わらず信じて
応援し続けてくれた皆さん
周りにいつもいてくれる
スペシャルなスタッフ。

ただただ感謝の思いです。

どんなことも
必然で
どんな経験もすばらしい財産となる。

そう学んだ1年です。


たくさんの応援、ありがとうございました。

智香


tomoka_t2007 at 07:28|PermalinkComments(3)clip!

2017年03月08日

Kayseri 久々の2位。

こんばんは

トルコでのW杯を終えて
オーストリアに移動してきました
ソチ五輪以来の2位。
やっと戦えるところまで戻れたことが
何よりです。
2017-03-05-18-14-40


大会レポートはこちらから
動画はこちらから見られます

ソチ五輪以来の2位。
最後の決勝は0.03秒及ばず。。。
悔しい結果となりましたが

ソチ五輪を終えてから
環境/マテリアル/トレーニング、様々なことを
積み上げてきたものを一度崩す覚悟で
大きな伸び代の可能性に期待して、信じて
新しいことに挑戦し続けてきたことが
ようやく形になりつつあります
まだまだその挑戦の過程の道を
歩いている途中だけど
ようやく、ここにきて
戦える手応えをつかみ始めることができました

ブルガリアでの表彰台とは違って
今回は
しっかりとコントロールしながら
勝ち上がることができ
そして勝ちにいける手応えをつかめたことが
前回の表彰台以上の収穫。

前十字靭帯の再建手術をしてから
もう少しで1年。

つくづく
この怪我から学んだことが多く
そしてこんなにも順調に
復帰でき、今こうして戦えるレベルに戻れたことは
ドクターを始め、トレーナー、
そして変わらず、焦らず、信じて
支え応援してくれた沢山の人たちの力のおかげ。

次から次へと起こった難題に対して
”どうして?”と
時には喜怒哀楽の調和が
乱れそうになったこともあったけど
どんなことも必然で
それらは考え方や向き合いかたによって
素晴らしい経験となり、
価値ある財産になるんだと。
そして日々の積み重ねは
スノーボードの神様が
ちゃんと見てくれているんだと
改めて感じる毎日です


さて!
明後日には世界選手権会場のスペインへ移動!

トルコが終わってから
雪上トレーニングすることも考えましたが
雪上では非常に良い感覚を得られているので
こんな時は勇気を持って雪から離れることも大切。
毎日ジムに通って
次のレースに向けて
フレッシュは体でスタートに立てるよに
準備の毎日です

ここのジムは
いつも無料で使わせてもらっていて
とてもありがたい環境です
この私が着ている
アンダーアーマーの白のウェアも
春夏新商品です。
柔らかくて肌触りが良くて
とっても気持ちよい
2017-03-08-17-29-30


ずっとバスタブに入れてなかったから
久々のバスタブが嬉しい
2017-03-07-03-34-54


智香

tomoka_t2007 at 14:19|PermalinkComments(7)clip!race 

2017年03月02日

ブラックパールの試乗会情報

BPの試乗ができる会場のご案内です。
ショップ様のご協力で今年は各地で
BPを乗ることができます。
ご興味のある方は
スキー場に足を運んでいただけると嬉しいです。

<ヴィクトリア>
開催日:3月4日
開催地:群馬県尾瀬戸倉

試乗可能なボード
・PROTO 155
・BP4-01 183
・FS SMOOTH 156
・FS GRIP 150
・FS CARVE 150

<スノーワークショップ>
開催日;3月4日-5日
開催地:小海リエックス

試乗可能なボード
・BP2-07 171
・PROTO 183
・BP4-01 155
・FS CARVE 156
・FS SMOOTH 162
・FS GRIP 156


<GUSTY>
開催日;3月4日-5日
開催地:ハンターマウンテン塩原

試乗可能なボード
・BP2-07 180
・PROTO 173
・BP2-01 164
・FS CARVE 162

<BREAKOUT>
開催日;3月4日-5日
開催地:芸北国際スキー場

試乗可能なボード
・PROTO 164
・BP3-03 173
・FS GRIP 162
・FS SMOOTH 150
計5本

<宮武祥子 試乗会イベント>
開催日:3月5日
開催地:北海道登別市

試乗可能なボード
・KIDS 90/120/130/140
・SPES 148/165
・BP2-07 152/162
・BP4-01 173




tomoka_t2007 at 19:44|PermalinkComments(3)clip!