2018年12月

2018年12月06日

北米遠征 copper

おはようございます

今日も20時に寝て5時起床
夜はいつも睡魔との戦いのこの頃です

さて、今日は写真
今回は
オーストリアチームと一緒ではあったものの
一人遠征だったから
写真や動画、なかなか撮れず
滑りもオーストリアチームスタッフが
撮ってくれたけど
ネット上で見れるシステムで
ダウンロードの仕方わからず
なので、撮れた範囲でアップします

この動画が
スキーアメリカのジミーさんが
後追い撮影してくれたもの!
Iphoneでこの安定の映像にビックリです


朝、コンドミニアムを出るとこの景色
IMG_5495


IMG_5494


朝、6:15リフト乗車
IMG_5489


今回は例年より1ヶ月遅く
copperでトレーニング
寒波が入ることもなく
毎日快晴、積雪ゼロ!
最高なタイミングで
最高なコンディション
オーストリアチームと
パラレルトレーニング
雪の神様、ありがとう
IMG_5429


FullSizeRender


部屋はクラウディアと二人部屋
クラウディアが作ってくれたタイカレー
美味しかった
IMG_5443


その他の日には
アレックスが作ってくれた
カルボナーラに
IMG_5476


これまたクラウディアが作ってくれた
チョコケーキ
中にはトロっとしたチョコが入っていて
どれも最高に美味しかった
IMG_5477


今回は
雪上4日間→
雪上オフ3日間→
雪上4日間
というのがオーストリアスケジュール。

3日間のオフには
サンディエゴに行ってきました
オーストリアやスイスチーム過ごしてきた中で
学んだことの一つが
オフの過ごし方

copperは標高が高いから
ずっとココで生活していると
体力も体重も落ちるし
何よりも疲労がたまり
トレーンングの質が落ちる

だから、オフの時に
可能な限り標高の低いところに降りて
そこでしっかりと
フィジカルトレーニングしてリセット。
睡眠の質が上がり
疲労回復に繋がる

これは
3週間というスパンで
遠征に行くことが多い私たちにとって
途中で雪のない地域に行くことは
勇気のいる決断でもある
”せっかくアメリカに来たのから滑りたい”
という気持ちを抑えて
勇気を持って降りて休むことの大切さを
今回もつくづく感じました。

朝はホテルのジムでトレーニング
IMG_5297


FullSizeRender


午後はビーチでゆっくりと。
この写真が大好きです
IMG_5348


たくさんのスポンサーの皆様に
支えられて
この活動ができていること
本当に感謝です。
FullSizeRender


FullSizeRender


IMG_5488


最終日はスキーアメリカ
良子さんとジミーさんのお家へ
新しい出会いに、美味しいお食事に
楽しい会話
どこに行っても
迎え入れてくれる家族があること
本当にありがたいです
IMG_5592

IMG_5593


最終日には
Copperを送り出してくれるような
雪がたくさん!
やっぱり雪が好きです
IMG_5519


今年も最高なトレーニング
ありがとう
IMG_5507


そして今回トレーニングに呼んでくれた
オーストリアチームのみんな
ありがとう!
IMG_5055


智香





tomoka_t2007 at 05:36|PermalinkComments(2)clip!snowboard | training

2018年12月05日

北米遠征copper

おはようございます

北米遠征から帰国しました
帰国して3日目。
何とも言えない疲労感で
毎日20時前後に寝て
10時頃に起きるという
グッタリと深い睡眠にはまっています

しばらく
”スノーボード”から頭が離れていて
久々に雪上に立ち
しかも、
そのチームはオーストリアチーム。
いろんな意味でとっても刺激されて
毎日クタクタだったけど
とっても充実

初めてスイスチームに行った時も
ものすごい充実していたと同時に
疲労感もすごくて
暇あれば寝ていた事を
思い出し、それと重ね合わせてました

ーーーーーーーーーー

あっという間に12月。
2018年もあともう少しですね

日々の経過はあっという間で
最近は
その月日の積み重ねを
とても重く、そして有難く感じる。

ふとしたその時の思いで
アメリカに行くことを決めて
あっという間に終わった
2週間の北米遠征。

今回は
オーストリアチームと一緒に
練習させてもらい
カッパーマウンテンのマーティンに
コース手配からコンドミニアム
レンタカー
色々な面でお世話になりました
アメリカ、コロラド、カッパーと言えば
絶対のSkiAmericaさんに
初めての一人カッパー遠征を
サポートして頂いて
最高に充実した遠征となりました。

去年までは
チームスタッフがいて
アスリートとして
最高な形で過ごしたアメリカ。

今年はアスリートとしては
ちょっと距離を置いて過ごしたアメリカ。

面白いもので
その"ちょっと"した意識の違いが
メンタルにどんな影響を及ぼし
それらが日々の
身体の
コンディションニング/技術/時差/標高など
全ての面において
今までと違う変化があること。

ココには書ききれないけど
いかに"メンタル"がもたらす影響が
大きいのか
改めて感じさせられました。

こんな経験ができるのも
競技から一歩引いた中で
滑られるから。

わかってはいることなのに
メンタルの使い分けをする事の
難しさと面白さを
自分の身体で実験したような感覚で
学ぶ事の多い遠征でした。

これらの経験、
もともと豊富な方ではあると思うけど
もう少し早い段階で経験できていたら
競技生活に違った形で生かし
違った世界が見えていたかも
とも感じました。


それらの新しい経験は
今後の選手生活としてなのか
人生としてなのか
または
次世代へ繋いでいく為なのか
どんな形であっても
今後に生きる経験ができたこと
今回の遠征の大きな財産です!

と。。。
そんな充実した遠征でした

今回のブログは長くなってしまったから
次回に写真をたくさんアップします

智香

tomoka_t2007 at 06:34|PermalinkComments(1)clip!snowboard