2022年01月

2022年01月19日

6度目の五輪。

FullSizeRender 

本日全日本スキー連盟が定める

選考基準をクリアし

正式に

北京五輪出場への内定を頂きましたことを

ご報告させていただきます。


2018年の平昌五輪から

2年半の休養期間、

そして復帰してからの1年半

いつでも、どんな時でも

変わらずはサポートしてくださった皆様に

心から感謝です。

.

.

114Simonhoheのレースが

オリンピック選考最終レースでした。


選手層の厚い国は国内での枠を争い

日本選手はSAJが定める独自の基準を目指し

それぞれの国や選手によって

五輪への道も様々です。



五輪とは?

 5つの輪は世界の五大陸を意味し

 つの大陸がスポーツを通じて友情の輪を広げる

いろんな意味があるなかの一つです。



そんな五輪の原点をもって

五輪に向かう関係者は

どのくらいいるのだろう?

と考えるこの頃です。



私は五輪の世界が大好きです。

なんとも言えない五輪の空間、

緊張感や勝ち上がっていく喜び

時には

目標を達成できなくても

学ぶことが山のようにあるスポーツの世界が

大好きだから

今も

子供の頃に見た夢を追いかけています。



スポーツ/五輪を通じて得られるものは

とても偉大で無限なモノです。

.

.

そして今回はコロナ禍という中で

その大切な選考レースに

陽性となりレースに出られなかった選手。

.

ワクチン未接種により中国で3週間の隔離を受ける選手。

.

またIOCや中国の定めるコロナルールは満たしていても

それ以上に母国のコロナルールが厳しく出場できない選手。

.

そして

これから内定した私たち選手も

PCR検査で陽性がでれば出場が不可能になる。

.

.

いろんな状況下で

それぞれの五輪シーズンがあります。

だからこそ

一緒に戦い合う仲間に感謝しリスペクトしたいです。


スポーツは

戦ってくれる仲間がいるから

勝敗がありメダリストが生まれます。


競技の世界を離れた2年半に

様々な世界を見て学んだからこそ

今は過去の5大会とは違う価値観/視点で

五輪と向き合うことができています。


国を代表してメダルを争う事だけが

五輪ではないということ。

そして

それ以上に大切なモノがあるということを。


スポーツ/五輪は

国を超えて、

"同じ志を持つ"という

たった一つの共通点だけで

素晴らしい時間を共有し合える。

そこには

五輪精神、スポーツマンシップがあるからです。



五輪を通じて

友情を深め、平和の和を広げる

そんな思いが大切だと思っています。


メダル数や国別ランキングの目標は

一つの目標として持つべきものではあるけども

こんな時代だからこそ

それ以上に大切と思う

五輪の原点に戻って

スタートに向かいたいと思います。


それらの原点を大切にしてこそある

その先のあるメダルや勝敗の世界に向けて

全力を尽くし

勝負の世界を最大限に楽しみたいです。

.

2022119

竹内智香





tomoka_t2007 at 19:06|PermalinkComments(0)clip!snowboard 

2022年01月11日

Road to Beijing 2022”CHAPTER 4.PASSION”

あけましておめでとうございます

2022年
皆様にとって素晴らしい1年となりますよに

Road to Beijing 2022の続きを
YouTubeにアップしました。

Road to Beijing 2022
 “CHAPTER 4. PASSION”


第二の競技人生。
そんな気持ちで競技の世界に戻りました。

子供の頃

雪の季節が大好きで

スキー/スノーボードに出会い

その時の気持ちと出会いが

今の競技人生に繋がっています。


大好きで始めたスノーボードから

五輪という夢を持ち

ひたすら

その目標を追いかけていたら

いつの日か

たくさんの人たち/スポンサーに支えられ

雪山が職場となり、スノーボードが仕事へと

変化していきました。


好きなことを仕事にできるという事が

どれだけ幸せで有り難い事なのかを

感じる毎日です。


雪山が私にとって最高の職場であり
滑ることが最高の職業であるということを
改めて知れたからこそ
今るある時間を大切に過ごしたいです。

ーーーーー

CHAPTER 1. “COMEBACK”



CHAPTER 2. “JOY”



CHAPTER 3. “BE AN ATHLETE”


RomReel
ーーーーー
そしてここ最近の写真をアップ

2022年最初のレースはスイス
第二の母国
そして今回は日本企業、
エイブル、東川町、広島ガスが
スイスワールドカップスポンサーについてくださいました
IMG_8622 IMG_8633


今回は有観客ということで
スイスでの友達やお世話になった家族が
応援に来てくれて

IMG_8709 IMG_8661


ホームでのレース
そして沢山の応援、
日本企業が協賛
ということを考えるだけで
どうしても結果を残した1戦だっただけに
予選1本目での取り返しのつかない失敗は
本当に悔しく残念な1日となりました

だけども
チームメートが2位、3位となり
普段から切磋琢磨する仲間の活躍は
自分もこの場所に行ける
というパワーをもらうことができる
そんな仲間がいることに感謝です

IMG_8657

ワールドカップ期間中以外は全日本としての合宿ががなく
私もスイスでの練習がなかったので
&tomokaとしての練習会
バブルが違うのでソーシャルディスタンス
久々に日本チームメンバーとの練習も充実でした

IMG_8257

こちらはコロナの感染者数がとても多く
オフの日にできることは
アウトドアを楽しむこと。
FullSizeRender

どんなに軽症でも
陽性は陽性。
陽性になった時点でワールドカップには出場不可。
そして1月20日以降に陽性になれば
北京五輪の出場も不可能になるから
できる感染対策は完璧にしたい

IMG_8293

本当は12月末に
コロナが落ち着いていたら帰国できるかな?
と少し期待していましたが
渡航制限もチームのルールも厳しいため
スイスに残ることになり
日本への寂しさはあるけども
年末に日本からたくさんの贈り物が
届きました
新しいウェアやグローブに包まれて
2022をスタートしました。


まだまだ
制限のある生活が続く世の中ですが
その中でも
喜びや楽しさを見つけ出し
素晴らしい2022になりますように

智香




tomoka_t2007 at 16:37|PermalinkComments(0)clip!