2007年12月09日

真の勝者へ

おはようございます。
今やっとレースを終えてひと段落しました。
いつもより・・レース報告が遅くなってごめんなさい。
今回のレースを振り返る前に…今日はとてもショックな出来事がありました。
シモンが準々決勝でフラッグに手がかかり肩を怪我しました。
おそらく、来週のレースには戻ってこれない。

今日、シモンは2位に2秒以上も離しダントツラップ。
確実に優勝すると思った。
フラッグに手がかかるまでも隣の選手を3ゲート以上も引き離してしまうほど…

自分のレースを振り返る前に…今はシモンの怪我がどんな状態なのかがとても気になっています。
レース報告と思い…パソコンに向き合うけどなかなか言葉が出てこない。

スイスチームに来てからチームというものの大切さ、素晴らしさを感じる毎日だった。
だからそんなスイスチームの活躍が心から嬉しいし、一緒に勝ちたいって思う。
国籍の違う私を仲間として受け入れ、応援してくれたスイスチームが本当に好きだから。。。
そしてそんな風に私がチームに馴染む事ができたのは・・・シモンの存在が大きかった。
やはり、彼はチームの中でも中心になる存在。

私の今の考え方や心の強さはシモンから教わったものばかり。
彼は本当にメンタルが強くてスマートという言葉がぴったり。

そんなシモンが1日も早く雪上に戻ってくれることを願ってます。

そして、ここからは今日の私のレース報告をしますね。
前日のブログで書こうか・・・迷ったこと。

今日はオランダやオーストリーのワールドカップとは違い・・・少し違う戦い方をしてみました。
それは80%でどこまで通用するかということ。

オーストリーでは予選を3位で通過し結果6位。
その時の私にとってはまずまずの成績だったと思う。
だけど、この成績は全力で行って得たもの。
100%で滑った分、失敗も多かった。
1本目に大きくリードしても2本目で転倒・・・そんなレースパターンが多くあった。

そして今回レース前にはクリスチャンとある事を話し合った。
「今回のレースは80%で行こう。80%でどこまで通用するか確認するんだ。オーストリーのワールドカップのように戦う方法もある。だけど、100%はそれだけリスクも背負う。勝つことはかなり厳しいし、たとえ勝ったとしてもそれはラッキーにすぎない。80%で戦って勝つ力つけよう。どんなにサイドバイサイドになっても焦ってはいけない。最後まで自分の滑りをするんだ!」
と言う内容だった。
私はこれにはすぐにイエスとは言えなかった。
80%。
最初からそんな数字を立てて戦って後悔しないのだろうか?
そんな思いがあったから・・・
だけど、長い目で見てワールドカップで確実に勝つにはそれなりの経験と技術が必要。
パラレルは10本滑らなければいけないから。
そして1シーズンを戦う上でワールドカップポイントランキングもとても大切。
80%で通用しなければ100%のラインを上げればいいだけ。

そして予選1本目、片側4位。
決して良い内容ではなかった。
確かにセーフティーで絶対にミスをするような滑りではない。
それがちょっと悔しくて・・・2本目のスタート前にはクリスチャンに
「ハイリスクで行ってもいい?100%で滑って予選順位を上げたい」
って伝えたけどクリスチャンは
「ノー!80%で滑るんだ。ハイリスクで行って転倒したらそれこそ、それ以上順位を上げることはできないんだぞ?予選は重要じゃないんだ。80%で行ってもそこそこの順位で決勝に残れるから・・・」
そう言われて2本目を滑り10位で決勝へ進出。

1回戦はオーストリーのドリシアとの対戦。
今までに一度も勝ったことがない相手。
1本目は冷静にコースを見ながらゆったりと滑ることができた。
そして0.32秒勝ち。
そして2本目。
2本目もゴール直前までは冷静にそして確実に勝てる滑りだった。
だけど・・・ゴール3ゲート前であふれ出そうになりギリギリコースに戻り0.1秒差で勝利。

そして2回戦は地元、カルメンとの対戦。
1本目、ゴール前に同じミスを犯し0.5秒の差をつけられた。
だけどこのコースでの0.5秒は充分に追いつける。
だけど・・・ここでもまたクリスチャンに同じことを聞いた。
「ハイリスクで行きたい。」と。。。
もちろん、答えは
「ノー。少しずつ少しずつ、追いついていくんだ。すぐに追いつこうとしてもリスクが高すぎる。ただ、ゴール前はもう少しダイレクトにいっていい!」
というアドバイス。
アドバイスどおり・・・少しずつ追いつくことができた。
そして最後の急斜面に入るときはほぼ、サイドバイサイド。
そしてアドバイスされた通りにダイレクトに入った。
その瞬間、あふれ出て慌ててしまい転倒。

結果8位。

この結果はとても悔しい。
今はスタートするとき、優勝しか考えていない。
きっと、優勝以外は悔しいと思う。
だけど後悔はない。

今回のレースでは試したいことがしっかりとできたし、改めて自分の欠点と良さを見つけることができた。

ただただ、100%で滑っていたのでは・・・「おしかった」の一言で終わっていたかもしれない。
80%という課題ができて、初めて、滑りをコントロールする事を学んだ。
そしてそれは100%で行くことよりもずっと難しいと・・・
実際、今日は80%と思ってスタートしたけど、セーフティーになりすぎたり、攻めすぎたり・・・まだまだレースでは自分の滑りをコントロールしきれていないという事を知ることができた。

ただ、自分自身の滑りをコントロールする技術を身につけられた時、必ず優勝は手に入るということを確信する1戦でした。

と、なんだかいつものレース後とは違ってすごく冷静です。

ではここからは写真を!
まずは観客の多さにびっくりです^^
とっても盛り上がった1戦でした☆
観客







そしてスタート前!
スタート前







そしてスタートゲートへ!
スタートエリア







そしてゴールをしたらホッとワイン(笑)
さすがにイタリアですよね^^
私は紅茶だと思い・・・飲んだ瞬間吐き出してしまいました。
だけど普通にゴールして飲んでしまう外国人選手はすごいですね^^
ゴール







と今回もとても充実した1戦でした。
確実に1歩1歩進むことができています。

これからも応援宜しくお願いします☆

tomoka

tomoka_t2007 at 05:52│Comments(0)clip!snowboard 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔