2007年12月14日

1年という時を経て思うこと。

こんばんは^^
今日は第一セッション、朝の8時からトレーニングでした。
昨季とは違って雪が多く…アイスバーンというイメージがあったけど今季は柔らかいコンディションになりそう。
私としてはアイスバーンの方が得意だからこれから冷え込んでカリカリになってくれることを期待します^^

nendaz。
すごく思い出深い山の一つ。

なぜかと言うと・・・
2007年の1月。
本当に色んな意味で行き詰っていた時期だったから・・・
そしてこの時、独立してやっていくことを心の中で決めいていた。
昨季の1月、SIONのお城にも登ってみた。
「どちらに進みますか?」
というタイトルでブログにもアップしていた。
このお城に登ったときの景色は最高に綺麗だった。
険しい道を登った後に見えた景色は最高だった。
そしてその時・・・
スノーボード人生においても険しい道を歩いてみたいと思った瞬間だったと思う。
それが新たな一歩だったと思う。

昨季のnendazのワールドカップ前には
「レースへの挑み方」
「ココロ・一歩前進」
というタイトルでブログにアップしている。
それを改めて読み返してみて思ったこと。
「背伸びしてるなぁ」なんでこんなに無理してるんだろう?っていうのが今の印象です。
「自分を信じたい」
という言葉。
この言葉がある以上自分を信じれていないと今は思う。
自分に勝ちたい。信じたいって思っている以上それはもうすでに負けていることではないかな??って。
信じれていないから、何か不安な事があるから「自分を信じよう」って必死で言い聞かせている一言なんだろうなって今は思います。
意識的に内面的なものを変えることはできないと思う。
それはそれまでの取り組みが自然と結果や自信として現れるものだから。
意識的に変えたものは上辺だけのメンタルにすぎないと思う。

昨季のnendazのワールドカップは私にとってとても意味のある1戦だった。
不安な部分がある中でも独立しようとココロに決めて挑んだ1戦はやはり意味のあるものだったと思う。
そう考えるとスイスという国に親しみというか縁を感じるな。

1年という時を経て本当に多くの事を学び成長できていると思う。
全てが順調にいくものだとは思っていない。
私は今、多くの人の支えと協力、そして素晴らしい仲間とコーチに出会えて順調に歩くことができている。
だからこそ、今、気持ちを引き締めてこれから始まるワールドカップ中盤戦から後半戦を頑張ります☆

tomoka


tomoka_t2007 at 19:34│Comments(0)clip!snowboard 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔