CATEGORY : snowboard

2017年08月27日

ニュージーランド遠征を終えて⭐︎

おはようございます

8月1日から始まったニュージーランド遠征。
予定していた以上の雪上日数と内容で
充実した3週間を終えて
無事に帰国しました
2017-08-24-13-27-28


2017-08-25-08-20-15


2017-08-22-13-51-03


2017-08-22-18-06-16


初めて来た海外がニュージーランド。
そして去年久々に
怪我の復帰雪上として選んだのもニュージーランド。

今まで過ごして来た競技人生の中で
たくさんの転機、原点があるけれども
この街methven、Mt.Huttも
そんな地の一つです。
2017-08-24-09-41-17


もう選手としての後半にいる今、
そんな土地で感じる思いを
一つ一つ刻んでいるような気持ちで
毎日を過ごしていました

時には歓喜深い思いになり
ちょっと寂しさを感じながら
そんな思いで過ごした夏の遠征。
ここでのフィールドトレーニングは
最高に気持ち良かった
2017-08-24-12-30-44


2017-08-22-12-54-41


この1年間を共に戦うチーム
全員の目標が同じ
私は最後にそれをしっかりと
結果として表現できるように
頑張りたい
2017-08-23-07-58-19


2017-08-24-12-30-42


Mt.Huttのボス、チージーことjames。
“平昌で金メダルとったら
 ここでトレーニングしていたんだぞ!
 とみんなに自慢するから!”
と。
こちらのワガママに
いつも対応してくださっていました
2017-08-23-08-29-36


素晴らしい環境でのトレーニング
2017-08-24-12-47-09


SG japan代表の杉本こうじさん
Mt.Huttの主とも思える存在感。
Mt.Huttの方達を紹介してくださったり
交渉のお手伝いを全力でサポートしてくださいました
(残念ながら杉本さんと写真を撮るの忘れてました。。。

そしてKESSLER JAPANの佐々木耕司さん。
同様に写真を撮っておらず
レッスンの合間にも
コンディションが悪めの日には
みんなでコース整備に入ってくれたり

週末は非常に混むため
スクールスタッフのリキさんが
出動してくれていました。
リキさんがいることで
優先レーンを使うことができ
サクサクとトレーニング
2017-08-23-07-56-15


ニュージーランでの”食”を支えてくれている
マットさん智子さん家族
”お醤油、みりん、日本酒、お米くださーい”
といつもお裾分けしてくださったり
良いランニングコースを教えてくれたり
image


杉本さん、リキさん、耕司さん、智子さんキッズとの
交流会もしたり
噂によると私は”怖い”と思われているようで
みんなと少しは仲良くなれたかな?
去年、メダルを見せるね!と
約束したので、今回はメダルを持ってきました
みんなと写真
2017-08-27-05-31-33


そして、偶然にも
チューンナップショップD.D.Sの玉村さんと再会
私のボードを初めて
チューンナップに出したのはココ
15歳の時からずっとお世話になっていて
そしてなかなか会えなくなってしまった今も
変わらず接してくれて
応援してくれる玉村さん
2017-08-23-08-00-34


どこの街に行っても
応援してくださる人たちがたくさんいる

私は表舞台でスタートに立ち
自ら滑られる立場。
だけど、、、
そのスタートに立つまでに
どれだけの人たちの
サポートとと思いを受けて
そこに居られるのか。

改めて、
日々、たくさんの力を頂き
目標に向かって歩めているのだと
そう感じるニュージーランド遠征でした。

そして改めて
人と人との繋がりで
快適な空の旅ができました
到着してすぐに始動が出来てしまいます
image


この先には
どんな景色が見えているのかな?
2017-08-24-11-25-09


2017-08-24-12-30-46


きっと最高な景色なはず

智香

tomoka_t2007 at 06:37|PermalinkComments(4)clip!

2017年08月21日

ニュージーランド遠征

こんにちは

ニュージランド遠征もあと5日。
あっという間に時間が過ぎ去っていく充実感
起きる全ての出来事が必然と思うからこそ
その1秒1秒を大切に過ごし
それらの出来事に
五感をそして第六感をもしっかりと働かして
多くのことを吸収しようと思うこの頃です。

前回のブログアップから天候が崩れ
1Mの雪が降り
コースコンディションが悪くなりかけたので
積雪の少ない南のスキー場に移動しようと考え
あちこちリサーチしましたが
幸運にも雨が降り
あっという間に良いコンディションに逆戻り

パワーがついたのか
しっかりと板のコントロールができ
自由自在な感覚です
2017-08-19-11-40-26


天候が崩れた日には
自然からパワーを充電
ふとした時に
こんな景色を見て
感動しボーっとできる時間が
大好きです
2017-08-20-08-12-41


基本的に毎日
雪上とジムの往復
日本で作り上げた体を
可能な限り維持できるように。
2017-08-20-08-14-03


食事は自炊
コーチのフェリックスと
交代交代で作ってます。
この日はキムチ鍋。
2017-08-21-05-58-16


カフェに入って
オーダーしてその受け取り番号が
ゴンドラに乗った時の番号も
それだけで
幸せな気分
image


そして
お休みの日に
滞在している町にある小学校へ訪問。
地元の子たちと接し、
次から次へとしてくれる質問に
下手な英語で一生懸命答えて
とても貴重な経験と
子供達から
たくさんのエネルギーをいただきました
image


さてラストの雪上セッションも
充実した時間にしよう
2017-08-21-05-58-10


智香

tomoka_t2007 at 19:43|PermalinkComments(2)clip!

2017年08月13日

ニュージランド遠征

こんにちは

変わらず良いトレーニングができています
今週は雪がとても硬く、
久々に滑りごたえのある練習ができました
転ぶと滑落して止まらない
ゴマカシの効かない練習はやっぱりいい
2017-08-10-13-06-07


朝はこんな景色からスタート
山に向かうとき
後方には朝日前方には月
これだけで自然からパワーをもらえる。
2017-08-10-04-39-30


2017-08-10-04-39-31


先日は
Mt.Huttのサポートで
モービルを使ってトレーニング
2017-08-11-12-09-29


雪上後はジムへ直行
お気に入りの秋冬新作商品着ることで
より頑張れる
2017-08-10-17-11-41


image


そしてジャグジーに入って
リカバリー。
2017-08-11-12-20-03


食事は変わらず自炊
フェリックスが作ってくれた日。
レストランのコースのようで
美味しかった
2017-08-12-09-50-29


私が作った日。
まずは冷蔵庫の残り物整理の日。
ピーマンの肉詰めを作りたくて
グルテンフリーのパンでパン粉作りから
豆腐ステーキに玉ねぎとトマトでバルサミコソース
五目ご飯の焼きおにぎり
野菜たっぷりのスープ。
2017-08-09-15-43-29


とある日のランチ
シャケのホイル焼きに
ご飯に納豆にお味噌汁。
2017-08-12-09-50-16


こんな食生活をしています。


そして
こちらでお世話になっている人たちが
たくさんいるのですが
リキさんファミリーがやっている
ラーメン&餃子屋さんにも行ってきました
こっちに来ても
日本の味を楽しめる
最高に美味しかった
2017-08-13-09-27-01


雪上、ジム、ジャグジー、ケア、食事作りに追われる
充実した毎日です

5度目の五輪を目指している今
やっぱり何度経験しても
200日を切ったあたりくらいから感じる
このなんとも言えない時間の流れ方が
大好きです。

五輪開幕まで193日。

五輪まで雪上に上がるのは大会を含めて
どんなに多くても60日。
1日10本滑ったとしてあと600本。

そう考えると
1本1本の重みを感じる。
その1本、1本が10本となり
1日1日が消化されていく。

だから日々を妥協することなく
全力で過ごすのみです。

満点以上を取る準備をして
初めて満点がとれるから。


(この動画はゲート初日)

さ!
来週も充実した1週間にしましょ

智香

tomoka_t2007 at 15:22|PermalinkComments(3)clip!

2017年08月08日

ニュージーランド遠征

こんにちは

ニュージーランドに無事に到着
2017-08-02-10-11-24


今回はスカイカウチという席を
初めて利用
ベッドみたいに寝て
快適な空の旅ができました
2017-08-02-07-23-55


そして天気もコンディションも最高
2017-08-03-07-07-51


2017-08-03-07-07-44


2017-08-07-08-44-02


朝は早くに起床
この目覚ましのおかげで
目覚めもスッキリ
起きる時間をセットしたら
その時間に向けて
徐々にライトがついて明るくなる
2017-08-05-01-05-37


そして起きたら
まずは山に持っていく紅茶作り
フルーツティーに
レモンやオレンジを絞って
はちみつも入れています
2017-08-05-01-43-06


食事は自炊
オフの時に作りだめ餃子。
2017-08-06-11-48-57


ひじき煮。
2017-08-06-06-15-03


そしてこないだの夕食は
石狩鍋。
2017-08-06-14-40-23


2017-08-06-14-52-34


雪上の後はいつもジムへ
秋冬の新作商品を着てます
デザインや形、色が大好きです
スパッツの履き心地も
クオリティがさらに上がってる
image


そして
今はカフェで
このブログをアップしています
アンティークな雰囲気に癒されて
近くで老父婦が仲良くお茶している姿にも
なんだか心和む
2017-08-08-09-58-57


2017-08-08-09-59-15


なんだかホッとする時間
歳をとったのかなー
こんな時間がとっても幸せに感じる

今日、明日は雪上オフで
また明後日から雪上。

引き続き、
充実した遠征にしたいと思います

智香





tomoka_t2007 at 13:42|PermalinkComments(2)clip!

2017年05月24日

SNOW AWARD

おはようございます

5月もあともう少し。
時間の経過はあっという間
その時間を大切に過ごさなきゃと
つくづく思うこの頃です

さて!
少し前の出来事になってしまいますが
先日、
全日本スキー連盟主催のSNOW AWARDの
表彰式がありました。

優秀選手として表彰していただきました。
表彰していただけるのも
たくさんの人たちの応援、
スポンサーのサポート、
数え切れない人たちが
いつもドンと支えてくれているから
評価してもらえる”結果”があるんだなと。

2017-05-22-15-20-18


2017-05-22-15-20-14


2017-05-18-18-34-55


表彰してもらえたこととも一つの喜びですが
それ以上に
支えてくれてきた人たちの
存在の大きさを改めて感じました。

結果を表彰していただけることも
もちろん大切だけど
その表彰してもらえる過程までの環境が
もっと良くなり
多くの選手たちが
世界の表彰台に
どんどんと上がる日が来ると嬉しいですね

さて、今週も週の真ん中。
充実した日々を過ごしましょ

智香

tomoka_t2007 at 07:50|PermalinkComments(3)clip!

2017年04月06日

マテリアルテスト 富良野

おはようございます

東川のイベントの後は富良野へ移動

来季に使うためのマテリアルテスト。
image


富良野スキー場新富良野プリンスホテル
筑波大学、国立スポーツ科学センター
荒さん、川島さん
そしてチームスタッフ。

たくさんの人たちの協力のおかげで
素晴らしいテストができました。
2017-03-31-22-07-20


この時期は雪の緩みが早いため
5:30からモービル3台、圧雪車3台を出してくれて
非常に良い雪質で
効率的なテストをさせていただきました。
2017-04-01-08-28-53


2017-04-01-08-28-53


3日間、毎日15本を超えるテスト
モービルなので
インターバルがほとんどなく
乳酸の数値は上がる一方。
2017-03-31-05-48-01


非常に良いテストができ
そろそろ革命的なマテリアルを
登場させることができそう
そんな質の高いテストができました
2017-04-02-05-27-12


そして
マテリアルテストとは別に
マスクとGPSをつけての
雪上でのコンディショニングテスト。
乳酸を図りながら、測定することで
疲労回復までにどのくらいの時間がかかり
PGSという競技にどんな競技特性があり
そのために夏にはどんなトレーニングが必要なのか??
そんなテスト
2017-04-01-08-28-53


これからのフィジカルトレーニングが
より効率的に質の高いものにできそうです

ここにいるメンバーは全員が
心底、
五輪での勝利を目指し
そのために1000000%以上の思いで
サポートしてくださるメンバーです。
2017-04-02-05-27-15


こんなメンバーだからこそ
結果で恩返ししたいと
こんなメンバーに支えられていることに
心から感謝です。

五輪までのカウントダウン。
1日1日、1秒1秒を大切にしたいと
改めて感じる富良野キャンプでした

智香

tomoka_t2007 at 08:26|PermalinkComments(1)clip!

2017年02月26日

ヨーロッパに到着して

こんにちは

ヨーロッパに到着して
早速トレーニング

昨日、2月25日に予定されていた
ロシアのワールドカップは
開催地側の都合でキャンセル
よって次のレースは3月4日のトルコです。

ワールドカップが1戦減ったことは残念
だけども。。。
今季は膝の手術もあり
リスクの高いコンディションでの
レースや練習は回避すること。
膝への負担、そして再怪我を防ぐ為にも
必ずフィジカルを維持することを
最優先に考えているので

キャンセルになったことで
22日までのフィジカルトレーニングの質を
グンと上げられれて
この後のトルコGSと世界選手権に向けて
良い調整ができ、
私にとっては、このキャンセルが
とても良い流れになりました

こちらに着いてからは
オーストリアチームと
一緒に練習させてもらう予定だったけど
雪のコンディションが悪いとのことで
急遽Kaunertalへ移動
こちらは異常な暖かさで標高2000mまで雨
2月にも関わらず氷河で滑るという気候
2017-02-23-23-51-08


だけど、氷河で
雪のコンディションはとっても良く
良い練習ができました
2017-02-23-18-43-58


新しいpicturegiro
2017-02-24-17-00-00


そして2日間のオフを経て
明日からは大好きなスイスの山
hoch-ybrigでトレーニング
ここのコースは斜面変化、ウネリが激しくて
難易度が高いコース
こういう山で練習することで
上手くなるし、
何よりもレースコースが簡単に感じられる


そして、ここの山は以前
スイスで住んでいた場所のすぐ近く
ここの家の鍵、
いつでも帰ってこられるよにと
スイスの家族が私の分も作ってくれたので
今はスイスの家族の家にお世話になっています

ここ数年は環境が変わってしまい
運転することができなくなったので
ここの家に帰ってくることがなかなかできず
ホテルを転々とする生活

だけど、
こうして家に戻ってくると
つくづくヨーロッパスポーツであるということを感じ
帰れる場所があり、
競技から離れられる時間が大切だと感じる。

友達に会いに行けたり
家庭の食事が食べられたり
走り慣れた道に、行き慣れたジム
そして洗濯ができたりと

私がこの種目で強くなれたのは
”帰れる場所”
があったからだとつくづく思う。

チームや競技から離れられる環境は
しっかりと充電できて
レース会場に向かう時は
新たな気持ちで向かうことができる。

2007年から2014年まで
そんな環境があったからこそ
ここまで上がってくることができたのだと
改めて、
ここに戻ってきてそんなことを感じました


さて、また明日からの雪上がんばろ!

P.S.
アンダーアーマー
新作春夏商品。
このスポブラ付きタンクトップに
腰の部分を折り曲げるとUAのロゴがあるスパッツ。
お気に入りです
2017-02-25-18-58-22


智香

tomoka_t2007 at 09:17|PermalinkComments(6)clip!

2017年01月20日

戦えるスタートライン。

こんにちは

3日間の雪上を終えて
今日から3日間のオフ

天気、雪、体、膝
環境も調子も何もかも良く
ついつい、連日10本以上滑ってしまい
クッタクタです

 気づけば1月18日は
 術後から10ヶ月。

ずっと言われ続けて来た
一つの目安、術後10ヶ月。
こんなにもぴったり
この日を記念して
お祝いしてくれるかのように
1月18日は
やっと戦えるスタートに立てたよな
そんな感触の素晴らしい1日でした

4年というスパンの中で
前半に新たな挑戦をたくさん盛り込み
そして怪我という副産物まで頂いて
後半にその一つ一つの挑戦と経験が
一つの線になって行く。

ソチ五輪後からようやく
本調子の入り口まで
辿り着いたような感覚です

もちろん、ソチ五輪後
新しいことにも挑戦せず
コツコツと同じことを積み重ねるのもありだけど
私はやっぱり挑戦続けること
新しい経験が好きみたいです。

もちろん、挑戦しているときは
うまく行かないこともたくさんあれば
途方に暮れそうになり
迷いに繋がる時もあるけど
最高のスタッフにマテリアル、
応援してくださる皆様に囲まれ
常に100%私の背中を
押して支えてくれる人たちがいるから
私はそのみんなの力を借りて
好きなことを存分に没頭できる

新たなに取り組み始めたことが
形になりつつある今
とても充実していて楽しいです

さて、ここ数日は
天気がよく日差しが強いので
毎日保湿に日焼け止め
FTCが大活躍しています
2017-01-10-22-46-25


今いるところは
claudiaのヘッドスポンサーのリゾート地
claudiaの人脈で
ここの環境をフルに使わせてもらっています
claudiaの叔父さんが
所有するトレーニングコースで滑り
claudia行きつけの
治療院やジムを使わせてもらい
どこに行っても
サポートしてもらえるこの環境。
とにかく幸せですね
2017-01-15-02-02-40



雪のコンディションも最高で
大雪が降ったにも関わらず
素晴らしい硬さ
2017-01-20-14-09-38


2017-01-20-14-10-17


2017-01-20-00-01-08


image


そして動画。
1月18日。
この日はインターバルが狭く
振り幅がきつめのセット。


1月19日。
この日は18日と同じインターバルだけど
フラッグ1つ分くらい振り幅が減っているセット。


完治と言ってもらえるこの日。
いよいよ
目標に向かって
しっかりと歩き出せそうです

まずは
疲れた体、3日間
しっかり休めよう⭐︎

良い週末を

智香



tomoka_t2007 at 08:19|PermalinkComments(4)clip!

2016年12月11日

Carezzaに向けて。

おはようございます

Finlandでのトレーニングが終わり
これから
ヘルシンキ→ミュンヘン→
いよいよcarezzaへ

12月1日から始まったフィンランド遠征。
とても良い環境で
北米遠征からまた一歩
ステップアップすることができました。
フィンランドは
色々なパターンのコースがあって
毎日違うコースで充実したトレーニング。
2016-12-08-01-25-38


2016-12-07-18-20-02


2016-12-04-20-06-03



街は小さくて
なんだかホッとする
温かい雰囲気が好きでした
2016-12-04-20-06-59



日照時間は数時間で
ほとんど太陽を見ることができないけど
一瞬上がってくれる太陽
自然の恵みに感謝できる瞬間
2016-12-04-20-06-31


2016-12-08-01-12-51


ーーーーーーーーー

さて
先日のSAJの報道を受けて。。。
『スノーボード部の活動一時休止』
私はただ
12月15日の開幕戦に
出場できるということを信じて
最高のパフォーマンスができるように
変わらず日々を過ごし
12月15日に備えています。

『なぜ?』という思い。
もちろん、あります。
ここ数日はしっかり眠れていないし
100%トレーニングに集中しているものの
脳裏には無意識のうちに
色々なことを考えている。

だけど
『起きる出来事は必然』

一生懸命に過ごした時間は
必ず自分の元へ価値ある時間として
返ってくると信じているから。

価値ある経験と思えば
 それは素晴らしい財産になると。

ここ数日は
SNS,LINE,メール,SMS
様々なツールで
たくさんのメッセージをいただきました。
温かいたくさんの言葉に
いつも変わらない応援に
 ”変わらずに目標に向かって頑張ろう"
と思わせてもらえるコトに感謝です。

いつでも、どんな時も
変わらず応援してくださる皆様に
良いご報告ができるように
引き続き
しっかりと積み重ねていきたいと思います。

スノーボードのフィーリングはとても良く
膝の調子も完璧です


ーーーーーーーーー

飛行機に乗る前に
ロバミエ二空港近くにある
サンタクロース ハウスへ行ってきました。
2016-12-08-05-38-01


サンタさん発祥の地。
短い時間だったけど
夢のような世界
2016-12-08-05-18-50


ここにいるだけで
なんだか
サンタさんが最高なプレゼントを
届けてくれそうです
2016-12-08-05-21-20


智香

tomoka_t2007 at 06:10|PermalinkComments(3)clip!

2016年11月11日

北米遠征

こんにちは

最後の雪上セッションを終えて
デンバー空港に移動してきました

いつも海外遠征は
3週間くらいの期間で行き
雪上と雪上オフが半々くらいの割合で組むけど
今年はとにかく過去最高に滑りました。
過去最高の滑走日数に本数。
毎日ゲートを10本前後
練習が好きになったようです


何よりも嬉しいことは
“滑りたい”と思える気持ち
こんな風にスノーボードを楽しめることが
本当に幸せですね


そして
いつも大満足な練習環境なのですが
今年はその中でも
SkiAmericaさんCopperのマーティンの
サポートのお陰で
術後の雪上本格復帰を
完璧な環境で行うことができました

つくづく
出会う人たちに
恵まれいると思う毎日です。

怪我をしてから
初診してもらうお医者さん、
手術をしてくれた先生、
そして復帰に向けてのトレーナーの皆さん。

どれを取っても
最高だったから
例年通りに
この時期に何も変わらず
copperでゲートトレーニングを始動できたのだと。

言葉では表すことができないほどに
Copperでの合宿は
実り多いものになりました。



ーーーーーーーーー
では写真

お見事に毎日快晴
崩れたのはオフにした2日間のとき。
2016-11-08-15-09-19


毎日6:30amから
雪質は最高でした
昨季と同様に
いやもしかしたらそれ以上のフィーリングで
ゲートに戻ることができました
2016-11-08-15-11-30


2016-11-07-16-08-50


いつもいつも、
必ず来てくれるジミーさん
ジミーさんがいるからこその
copperの環境。
2016-11-08-16-03-35


そしてコースオーガナイズをしてくれる
copperのマーティン
毎年毎年、会うたびに仲良くなれて
今年はたくさんお話しすることができました
彼はUSスキーチームのオーガナイズもしていて
来年の2月には
韓国の五輪コースの下見に行くようです。
そしてアメリカでの雪作りの参考にするそうです。
なぜUSチームが強いのか??
なぜヨーロッパが強いのか??
そんなに深く考えなくても
見えてくること、真似できることは
たくさんありそうですね
2016-11-10-04-23-46


最終日にFelixと安井さんと
Felixが作り出してくれる練習環境。
そして安井さんが仕上げてくれる
最高のマテリアル。
だから私は何も考えずに
スタートに立つことだけに集中できる
2016-11-08-16-19-31



オフショット
こうして外でのんびりと過ごし
陽を浴びる瞬間
幸せな人生だなぁと感じられる
2016-11-09-07-21-58


2016-11-10-06-31-44


2016-11-06-08-14-09



借りた家、借りた車
いつもピカピカにして返すのがFelix。
Felixのこういった人柄、性格が
どこに行っても好かれるのかな。
だから私の競技環境があるのだと思う瞬間です
2016-11-12-02-08-38


今回の遠征でも
たくさんお世話になった
グローバルWiFi
image


さて!
デンバーに移動してくる景色も最高で
澄んだ空気、空
太陽の日差し浴びて
シーズンに向けてしっかりと
力を蓄えることができました
2016-11-12-03-29-41


また次に向けてしっかりと頑張ろ

智香



tomoka_t2007 at 13:31|PermalinkComments(2)clip!