CATEGORY : kokoro

2013年08月15日

練習=自信=結果????

こんにちは^^

只今、羽田空港

東京での生活も一区切りで
これから北海道

6月のヨーロッパ遠征を終えてから
約8週間のフィジカル期間

BlogPaint


キツかったー
 あたりまえか

5人のスタッフにお世話になり。。。
この8週間
いろんなメリハリがあって
頑張ることができました


キツい練習は
トレーナーとの信頼関係がないと
やっていけないですね

そんな事をつくづく感じた8週間。


成長を実感できないと
私は頑張れない

だけど
素晴らしすぎるスタッフの皆さんのお陰で
この2年間、
伸び悩むことがなく
毎日成長を感じられる

その成長が
何よりもの信頼に繋がる


いろんな世界を見てきたから
いろんな経験がある。

その経験は
練習では得られなくて
 大きな自信になって
  自分の居場所を見つけられたと思う


そして今、
その経験にプラスして
他のトップアスリートがやるように
選手として100%集中して過ごす時間は
今までとは違った種類の自信を得られると思う

練習の積み重ねが
ここまでの自信になると思わなかった


だけどフィジカルを
『頑張った、努力した』 からと言って
それがそのまま
スノーボードの技術向上と成績に
繋がるとは思わない

フィジカルって
全てが数値として見られるし
成長をどんどんと感じられる。

それに
フィジカルの世界には
プロフェッショナルな人たちがたくさんいて
その人たちのメニューをこなすと
どんどん伸びる。

だけど
スノーボードは自然とマテリアルが相手。
その時のコース、セット、天気によって
レース結果も内容も様々。

でも
私はその雪上が何よりもの得意分野。
苦手なフィジカルを頑張った分
雪上では本数をこなせるようになっていると思う。
ただ、滑走量を増やせばいいってものじゃないけど
目標に向けて
引き出しを増やす準備を着々と積めています

さて有意義な雪上になるように
まずは北海道滞在を充実させよう

智香



tomoka_t2007 at 16:43|PermalinkComments(2)clip!

2013年08月06日

原爆の日

おはようございます。



8月6日
「原爆の日」

2011年2月の
ワールドスノーボードフェスティバルで   
外国人選手と一緒に広島に訪れた時
被爆者の方のお話を聞きました。

『生きていられる』

ってどれだけ幸せなことなのか。。。
一人一人
生きられる
その1日1日、1秒1秒に感謝できたら
その先には
自然と平和な世界があるのかな。

私は好きなことの為に過ごせる人生が
本当に幸せだと思う。
そんな日々に感謝したいです。

そしてその好きなスポーツを通じて
平和に繋げたいな。

五輪は参加する
一人一人、一国一国が
スポーツを通じて
国境を越え、多くの事を学べる世界。
その先に
勝敗を楽しめる世界があるのかな。



核兵器が1日も早くなくなりますように。

そして原子爆弾の犠牲となられた方々への
ご冥福をお祈り申し上げます。

また今も後遺症にくるしんでおられる方々に
少しでも援護がいきとどきますように。


智香

tomoka_t2007 at 07:00|PermalinkComments(0)clip!

2013年01月01日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます

2013年。
新しい1年の始まりですね

私にとってはシーズン真っ只中。

まだまだ始まったばかりのシーズン。
振り返るのはシーズンオフの4月かな。

私は明日の飛行機で
ヨーロッパに戻ります

束の間の日本滞在
充分すぎるくらいに
3ヶ月分充電できました
可愛い甥っ子にも会うことができたし

Felixからのメールにあった一文
 『ありのままの智香で居続けよう。
  そうすると人生は智香に答えを与えるでしょう』

直訳するとすごく難しいけど
自分らしく過ごす事で
『人生』の答えが自然と見えてくるってことかな

どんな時も
正直に素直に生きていきたいな
『変わらない』ことってすごく難しいと思う。

どこに行っても、どんな環境でも
『ありのまま』でいられることが
レースでの自然体に繋がると思う。




2013年はどんな1年にしたいですか?

私は

『1日1日に満足したい。
 毎日朝起きて、納得のいく日々を過ごしたい
 それが365日続けば最高です』

帰国してから
たくさんのお祝い。
たくさんの方達が喜んで頂けたこと、
心から嬉しく思っています。

だけど目指す目標はまだまだ先にあります。
2013年
みなさんと一緒に
次に向かって前を向いて歩くことができたら
嬉しいです

皆様にとって
良い1年になりますように☆

智香

tomoka_t2007 at 21:32|PermalinkComments(2)clip!

2012年12月16日

経験

こんにちは

いかがお過ごしですか??

足を痛めてから
滑れない期間が15日間。
半月かぁ。

長いようであっという間だったかな

12日(水)に久々に雪上に行ってきました
怪我をした27日から11日まで
見事に毎日、雪

あれだけ天気が悪いと
『怪我で滑れないのも
 天気が悪くて滑れないのも一緒だな』
と思えてしまうから
ある意味、天気にも助けられたかな

だからとことんトレーニングとケア

IMG_9866


だいぶ痛みが引いて
そろそろ滑ろうかなぁと思ったら
今度は晴れ晴れ晴れ

天気の神様はいつも見方してくれる

IMG_9865


フリーランでは足が気になりすぎて
そして痛くて全く滑ることができず
先が思いやられたけど

スタートゲートに立って
スタートバーを切れば集中できる



それがわかっただけで
今回のトレーニングは目標達成
一つ一つの小さな目標達成が
最終目標達成に繋がると思う。

そしてつくづく思う。
自然の力ってすごいな。
こういう景色を見れるだけで
本当に幸せと思う

IMG_9865




今回の滑れない期間
色んな事を考えたかな

レース間近で滑れなくなって
とても貴重な時間を過ごすことができました

今までにない経験をしたことで
また違った自分を知ることができ
それが何よりもの収穫です

さて、明日にはイタリアへ出発
久々にみんなに会えること
そしてレースのスタートに立てること
新たな環境で迎えるシーズン

書ききれないくらい
楽しみなことがたくさんです

行っています

智香








tomoka_t2007 at 19:37|PermalinkComments(7)clip!

2012年07月24日

日本スタッフとの信頼関係 4/4

おはようございます

今日から北海道へ
久々の実家、友達との再会、遠征準備
とても楽しみです

毎日こんな風に
幸せを感じて過ごせるって
本当に素晴らしいことですね

さて今日もブログの続き


ーーーーーーーーーーーーーーーー

上島コーチと
4月から今日までに
3度のミーティングをしたのかな。

今までは
会うことはあっても
そのシーズンの計画や戦い方に
連携はなかった。

全てからサポートされている今
頼れる場所が増えて
気持ちが楽になりました。

「プライベートだから
 結果を残さないといけない」

この5年間、
そのプレッシャーを経験したことは
本当に良かったと思う。

だけど今は
支えてくれている人たちがたくさん。

頼れる場所があるって
こんなにも「楽」なんですね。

今までもそんな場所はたくさんあったけど
今は
もっともっと
大きな場所に支えられている。

あとは
のびのびと
目標に向かって進むのみです。



オリンピック
世界選手権
ワールドカップ
ワールドカップ総合優勝

どれも私がほしいタイトルです。
今はまだこれらの目標を
簡単に口にはできないけど。


そんな日がくるように
しっかり頑張りたいと思います☆

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月からずーっと東京生活だったので
北海道に行って
自然や家族から
しっかりパワーもらって
充電してきます☆

智香







tomoka_t2007 at 09:04|PermalinkComments(0)clip!

2012年07月23日

プライベートだから出来たこと 3/4

おはようございます

また新たな一週間の始まり

昨日はbodysignでケアして頂いて
そのあとは
友達と楽しい時間を過ごしました
だから今日からまたON生活




そして今日のブログも前回の続き

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今だから正直に書いてみよう
 今だから書けてしまうのかな

スイスに行く事
環境を作るための交渉
語学勉強
コーチの獲得
ヨーロッパで生活ベースを作ること
何もかもが大変な5年間でした。

なぜその環境作りを
組織で行わないのか。。。


そして今はこう思う
組織として、、、
この経済不況の中、、、
一気にヨーロッパに追いつき追い越すことは
不可能だったのだと。。。

日本は成績が落ちると
そのチームの予算はカットされる。
だけどヨーロッパのある国では
国技で成績が落ちると
予算がもっと増える
何が何でも
その国技を国技として守る
プライドなのかな。


プライベートとして動いた私は
スポンサー、後援会、
応援して下さる皆様に恵まれたから
こうして追いつく事ができ
そして今は追い越せる環境を
手に入れることができたと思う。

そして今、
少し大人になってみて。。。

私が築いてきた環境は
プライベートだからできたこと。

そのプライベートの活動を
認めてくれた事に
感謝しないといけなかった。

私の中では
「何もしてくれない」
そんな思いばかりだった。


そして今は
スイスチームを離れ
日本の組織に支えられながら
これからの2年間を過ごします。

『どうして?どうして?』
という不満を抱えている時間もあったけど
今はその時間が必然だったと思える。

今、こうして
その時間が必然だったと
思えることが
何よりもの収穫だったのかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

さて今週も
良い1週間にしましょー

智香




tomoka_t2007 at 07:55|PermalinkComments(0)clip!

2012年07月22日

日本とヨーロッパ 2/4

こんにちは

日曜日いかがお過ごしですか??
東京は意外にも
涼しくて過ごしやすい

今日はバイクだけ乗って
あとはゆっくりOFF

久々にゆっくりしよ
もう少しで北海道
大好きな家族と友達に会える
楽しみだなぁ



さてさて
昨日書いたブログの続き
スイスに行った事で
ヨーロッパにあるもの、足りないもの
日本にあるもの、足りないもの

この5年間は
その両方を見て学ぶ時間


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

16歳の時から
海外で転戦するようになって
よく感じたこと。

なぜ日本の環境で生まれ育ったのか??
どうしてヨーロッパの選手と
こんなにも差のある環境でやらなければいけないのか。。。

国技としてやっていると国と
マイナースポーツとしてやっている国とでは
あまりにもハンデがあり過ぎるように感じ

ヨーロッパのチームに追いつく
ペースの遅さに
苛立ちを感じたのも事実。



フェリックスに言われた言葉

「智香は日本人。
 全日本スキー連盟とも日本のコーチとも
 しっかりと連携をとってソチを目指そう
 みんなが一つにならないとメダルは手に入らない
 今の智香は
 日本の組織に対する反骨精神で戦ってる
 歩み寄ってみよう。
 智香が歩み寄れないのであれば
 私がその立場になるから」

この言葉を言われた時
世界で通用する選手になれたとしても
世界選手権やオリンピックでは
メダルを狙える選手ではなかったと
改めて感じた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨シーズンは
勝つために過ごしたシーズンではなく
これから勝っていくために
どうしたら良いのか
一つ一つを
整理整頓し学ぶ時間だったのかな

日本で生まれ育ったから
アルペン文化のある
ヨーロッパで新たなものを
学んでみたいと思った。

そして今はそれを学び
ヨーロッパにはない日本の良さを
たくさん見つけることができた。

東洋と西洋の良さを持ち合わせた
選手ってそんなにいないと思う。

これから
またさらにどんな事を学んでいけるのか
楽しみで仕方ない毎日です

智香









tomoka_t2007 at 12:17|PermalinkComments(0)clip!

2012年07月21日

felixに出会って 1/4

おはようございます

週末はいかがお過ごしですか??

だいぶ暑くなってきましたね
夏ばてには気をつけましょー


私は次の遠征が決まり
雪上が楽しみで仕方ない毎日

8月16日から9月8日まで
スイスに行ってきます

雪上予定日数は10日間前後。

環境が変わった今
いろんな事を考える毎日です。

4回にわけて
どう自分が変化したのか
ブログに書いてみようと思う


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

スイスチームを離れた時
今後どんな
環境になるのか。。。
不安なこともたくさんあったけど

今は頼れる場所がたくさんあるから

5年前の時とは全く違う。

5年前は何か新しい決断をしたとき
その周りの反応のほとんどは
「本当に大丈夫なの??」

そんなイメージが強かったけど
今はこの5年間に積み上げてきたものが
信用となり
どんな決断をしても
その周りの反応は
「精一杯応援しますよ、支えますよ」
そんな人たちに支えられ恵まれています。


この5年間で築き上げてきたものは
少しずつ、少しずつ
たくさんの人たちが認めてくれて
応援してくれていることを感じる。

いつからだろう??

フェリックスの存在によって
今まで以上に
日本人として出場できることへの
誇りと喜びが強くなった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

スイスに行って
クリスチャンをはじめ
たくさんの人たちに出会い
支えられ応援されたことに
心から感謝しています。

そしてフェリックスとの出会いは
竹内智香という一人の人が
背伸びせずに頑張れるように
何もかも完璧なサポートをしてくれる。

日々の出会いと学びに
つくづく感謝の毎日です☆

さて今日のトレーニングも
ガンバロ☆

智香


tomoka_t2007 at 08:58|PermalinkComments(0)clip!

2012年04月15日

これから

こんにちは

全日本選手権のあとは
北海道選手権に出場して
こちらも優勝することができました

IMG_1214


男子はBPライダーの正樹が優勝☆

IMG_1209




ここ数日は
寝るか食べるか
犬と遊ぶか
甥っ子と遊ぶか
雪割りするか

そんな毎日も
大切な時間です



「スイス卒業」って書いてから。。。
具体的なことは書いていなかったから
よく聞かれます。

   「どうするの?」


5年前に比べたら
今は恵まれていて
練習環境を作ることは
それほど難しくないです。

スイスチームは離れるけど
拠点は変わらずスイス。

4月から8月は
日本でフィジカル
9月から3月はスイスを拠点にして活動


スイスチームに行った時は
語学を覚えたり
新しい環境作り
生活する家食事

語学を勉強したシーズンは
語学学校に通う毎日で

 この時はフィジカルよりも
 ドイツ語が最優先だったから

そして語学に慣れた後は
ブラックパールのマテリアル開発
一からマテリアルの勉強をすること。

そしてスイスの工場から日本の工場への移動。

そしてヨーロッパで得たものを
日本に還元したいという思いで始めた
WSFのイベント企画。

この5年間
得たものは本当に多かったけど
選手として100%集中した時間は
そんなになかったと思う。

だけど。。。
不思議なことに
成績はまずまずで
表彰台に上がれるようになって
世界のトップにいけることを
確信できた。


スイスに行ってからは
過程と結果がいつも矛盾していた。

だからここ数年は
いろんな事を経験した方が
結果がでるのかなって
考えるようになったのも事実。

「努力」=「結果」

正しい方程式だと思うけど
その「努力」は様々。

今までの私の努力は
雪の上から離れていて
それが結果につながっていました。

それは様々な世界を見る事で
得られる経験や感謝から生まれるものだったと思う。



だけど。。。
フェリックスと出会い
本当に世界のトップに行きたいのであれば
「一つのものに集中する」
これを教えてもらいました。


その一つの決断が
スイスチーム卒業。

もちろん、スイスチームも素晴らしいし
また一緒に練習する事もあると思う。


全ての面において、
私が最も信頼のおける人たちと
あと2年、私の目標に向かって
支えてくれる環境が出来上がりました。

だからその期待に応えられるように
私も頑張りたい。


秋からの生活環境は変わらずスイス。
スイスの家では
日本食も作れるし
近所には友達もたくさんいて
トレーニング環境も充実してる。
3時間、車で走れば素晴らしい氷河がある。

トレーニングパートナーは
シモンとフィリップ
BPのメンバー
他国チーム。

その時々において
フェリックスが考えるベストな状態を
しっかりと理解して
活動したいと思います。

フェリックスに
「本当に勝ちたいなら
 智香を応援してくれる周りの人たちに
 今の状況と目標を理解しもらい
 協力してもらおう」

「コーチ、スタッフ、SAJ、 
 スポンサー、家族、友達
 みんなが智香を支えて初めて勝てるもの。
 何一つ欠けてはならない」

そんなフェリックスの言葉が
私を成長させてくれたと思うし
また思い切って次の道を歩もうと
決めることができました。


今こうして
スタート地点に立って思うこと。

もう4位から10位の中途半端な成績は充分です。

5年前にスイスに行った時
「失うものはない」
って思って行きました。

4年間ランキング16位が続いて、、、
同じ場所に4年間いるなら
新しいことに挑戦して
落ちるか上がるかがいいと思った。

スイスに行ってから、、、
11位、3位、15位、8位、10位。

またもう一つ上に行きたいから
これからが「本番」。

今までの5年間。
環境作りとして作った土台が
やっと
選手としてだけ集中できる環境になりました。

今までは
アルペン文化のある
ヨーロッパのチームを羨ましいと思うことが多かった。
最初から土台があって
FISチーム、ヨーロッパカップチーム、ワールドカップチームという
ピラミッドができてるアルペン文化が羨ましかった。

だけど。。。
私は日本で育った事によって
色々な世界を見ることができたと思うし
日本とヨーロッパの良さを
この5年間で充分に見る事ができました。

そして今、世界一素晴らしい環境を
手に入れられたと思います。

あと2年、
スノーボードを頑張るだけです。

智香







tomoka_t2007 at 10:31|PermalinkComments(3)clip!

2012年03月22日

スイスチームを卒業して

おはようございます。
ブログのアップ。。。
また遅くなってごめんなさい。

イタリアのレース。
予選2位。1回戦敗退。最終結果9位。
予選を上位で通過しても
なかなか勝ち上がれない苦しいシーズンとなりました。


だけど学んだもの たくさんあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


フェリックスから言われた言葉

「オリンピックのメダルは
 10000%の思いと準備がそこにあって
 初めて手に入るものなんだ」



スイスに活動拠点を置いてから5シーズン
振り返ってみると
多くのことを
   学び 経験し 出会い 成長しました。


スイスというナショナルチームに
飛び込んだとき
全てが新たな世界

言葉を学び
そこの国の文化とルールを学び

そしてこの世界で生き残って行く術を学び

とにかく前を向くこと
それだけが大切だった



ーーーーーーーーーーー

一つの節目なのかな。

5年間いて思ったこと
私は私であるということ。
ヨーロッパに拠点を置いたからといって
竹内智香がTAKEUCHI TOMOKAになることはなかった。

そして心から思う。
日本人として生まれて誇りに思います。


目標を達成するために
どうするべきなのか
毎日毎日、フェリックスと
話し合いました。


そして
勇気を持って
5年間、活動させてもらった
スイスチームを離れることを決めました。


慣れた場所にいることは楽です。
5年前を思い返せば
それは今でも感じる。

A B C (アー、ベェー、ツェー)から学ぶドイツ語。
電車のチケットの買いかた。
友達の作りかた。
生活ベースを作る難しさ。

今はこちらで不自由なく
活動することができる。


ここから離れること。
今はもちろん不安です。

だけど
私はやっぱり
目標の為に道を選び
それに向かって
進むことが好きです。


先日のミーティングで
スイスチームの皆に
感謝の言葉とまた新たな道を歩む事、
そしてその理由を伝えました。

泣いている選手もいた。。。
そして私も涙がながれた。。。




この5年間
10兎のものを追ってきた。

追うものが増えれば増えるほど
大変になることは誰よりも理解していた。

だけど10兎追ったことで
とても大きな土台ができたと思う。

これからは1兎のものを追っていこうと思う。

1兎のものを追う、それだけに集中できる
その「準備」がよううやくできて

やっとそれに向かう
スタートラインに立つことができました。


必ず勝ちたい。
ただそれだけです。


日本人は勝てないと思っていた
日本人にはハンディがあると思っていた


だけど今は思う。

何一つそんなものはなかった。

この5年間でそれを知れた今
私は私らしく
自分の道を歩んで行ける準備ができました。

また新たな挑戦です。
今は5年前の時のように
不安と期待でいっぱいの毎日です。

でも5年前に比べれば
たくさんの経験を積ませてもらい
随分とタフになれたと思う。

どこに行っても
生きて行ける自信もついたかな。

今は
自分に期待できる。
その為に決めた道だから。

これからが楽しみです^^

智香




tomoka_t2007 at 04:57|PermalinkComments(10)clip!